ご利用実績(結婚式)

イル・ブッテロ(渋谷・広尾)

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3-1

イル・ブッテロにて ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、バルーンカテーテル使用、物忘れ程度の認知症
久々の長時間の外出がご不安、車椅子でのお手洗いの心配

当日の内容

10:00 ご入居先へ訪問、準備
10:30 ご出発
11:40 会場へ到着
12:10 ご親族紹介
12;30 ご披露宴
15:00 お開き
16:30 ご入居先へ

スタッフ後記

ご訪問時、お部屋のベッドに横になって、スタッフさまのケアを受けられていました。
「今日はお孫様のご披露宴ですね!おめでとうございます。」とご挨拶すると、
「あら、今日はそんなおめでたい日なの!?じゃあ、起きなきゃね!」
と身体を起こそうとして下さるので私たちも肩を引き上げるようにお手伝い。

ベッドに座って頂き、新郎様のお母様がご用意下さったお洋服にお着替え。
「素敵なお洋服ね~」ととても嬉しそうに、ご自分で腕を通したりボタンをはめてくださいました。

お着替え後、介助にて車椅子に座って頂き洗面台の鏡の前へ。
髪を整え、ご本人の好きな赤い口紅をお塗りしました。
「お化粧はしないけれど赤い口紅だけは必ず塗るの」と、素敵な笑顔を見せてくださいました。
白い肌に赤い色がとてもお似合いで、ご本人も「いいわあ~」とご満足。

バルーンカテーテルの管が目立たないようにスカーフでくるみ、お部屋を出発。
事務所でお薬をお預かりしてから介護タクシーにてご出発。
雨が降っていたこともあり渋滞で車が思うように進まず、お祖母様も少し気にされていたので、
ご家族の話や昔仕事をされていた時のお話などお伺いし、楽しい時間づくりを心がけました。

レストラン入り口には段差、レストラン内に通じる通路は傾斜があり
車椅子がやっと通れるくらいの幅なので、もう1名のスタッフに周囲を確認してもらいながら、
置いてある椅子を少し移動させながら、ゆっくり車椅子を進めて行きます。

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e6%a8%aa%e3%80%80%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9-1

レストラン内は長テーブルが数卓配置されていて、お祖母様は奥のテーブルへ。
新郎様のご家族様があたたかく迎えて下さり、お祖母様もホッとされたご様子。

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e5%86%85%e5%85%a8%e4%bd%93-1

赤い口紅を塗り直し、ご親族紹介のため、同じフロアにある室内テラスへご移動。
テラスに出るには3段の段差を降りなくてはならないので、私たちはいったん入り口を出て、
段差のない外側からテラスへ移動しました。
新郎様のお母様の横へ車椅子をお停めし、私たちは後ろの方で待機。
ご親族紹介ののち、再び同じ経路を通りレストランのお席へご案内しました。

 

テーブルとテーブルの間にほとんどスペースがないため、私たちはお邪魔にならないように少し下がって、
ご移動、お手洗いなど、お手伝いが必要な時は合図を送って頂き、常にお祖母様のご様子を確認していました。

お食事は、新郎様のお母様やご親戚の方にお手伝いして貰いながらご自分で召し上がってるご様子。
お食事中しながら、ずっとお話され、よく笑ってらっしゃいました。

ご披露宴の中盤、プランナー様が手を挙げて合図をされました。
「新郎新婦様とご家族で写真を撮るので、メインテーブルまで移動してください」との事です。
「お料理どうですか?」「ご体調大丈夫ですか?」などお声かけしながらメインテーブルへご移動。
優しく声をかけられた新郎様に、お祖母様もとても嬉しそうでした。

メインのお料理が終わると、デザートビュッフェがあるとの事で、再び室内テラスへのご移動。

ゲストの方々にお願いして、少し椅子を動かして通路をあけて頂きながら車椅子を押して行きます。
テラスで待っていると、イメージチェンジした新郎新婦様がご登場しケーキカットのシーン。

お祖母様の車椅子を見やすいように動かすと、車椅子から少し伸び上がるようにしてご覧になっていました。
ケーキの好みをお聞きし、3種類くらいのケーキをビュッフェ台からお取りし、お水と一緒にお祖母様へ。
ご家族様と楽しそうにお話しながら召し上がりました。
お開きの時間が近づき、新婦様が涙ながらにご両親へのお手紙を読まれると、
お祖母様もハンカチで目を抑えながら聞いてらっしゃいました。

お開きになり、そっとお声をかけると「素敵な披露宴だったわね」とまだ涙のあとが残りながらの笑顔。
新郎新婦様やご家族さまとご挨拶し、介護タクシーでご入居先へお送りします。
お帰りの車の中でも色々お話をしながら、
ふとした瞬間に何度も何度も「今日は楽しかった~、良かった~」としみじみおっしゃていました。

そのやさしく、お幸せそうな笑顔を拝見しながら、
お祖母様にとって、ずっと素敵な想い出として残ってくれたらいいなと願いました。

ご利用実績(結婚式)一覧
ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation