ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

大國魂神社(東京 府中)

img_5686-1

大國魂神社にてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

お祖父様:酸素ボンベにて酸素の吸引が必要、当日は車椅子使用、お耳が聞こえづらい
お祖母様:歩行に不安があり、当日は車椅子使用

当日の内容

9:00   ご宿泊先のホテルへお迎え・ご準備、お部屋の片づけ 
10:00 ご出発
10:30 式場到着
10:45 ご親族紹介
11:05 参進スタート
11:10 挙式
11:40 写真撮影
12:10 ご披露宴
14:10 お開き
15:00 お式場でお見送り

スタッフ後記

ご宿泊先のお部屋へお伺いすると、
お祖父様、お祖母様が並んでベッドに腰かけていらっしゃいました。

ご挨拶し、ご体調などお伺いしながら、
私はお祖父様、もう1名はお祖母様のお着替えのお手伝い。
立ち上がる時お身体を支えたり、小さいボタンをお留めしたり、
ネクタイを結んだりなどお手伝い。

お祖父様は酸素吸引していても、
急いで動いたりすると、苦しくなってしまわれるので、
「ゆっくり、ゆっくり」とお声掛けしながら。

荷物をまとめ、お部屋の整理をして、フロントへ。
ご出発前に、もう一度お手洗いのお声掛けをし、ご案内しました。

%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc-1

お式場に着き、お持ちした車椅子にお乗り頂き、お控室へ向かいます。
お待ちだったご家族様はホッとされたご様子。

お控室では、お茶をお勧めしたり、
ご家族様とお話しやすいように、車椅子の向きを変えたりしました。

%e6%9d%89%e3%81%ae%e9%96%93%ef%bc%88%e6%8e%a7%e5%ae%a4%ef%bc%89-1

お待ちの間は緊張され、硬い表情のお2人でしたが、
新郎新婦様が入室され、白無垢姿の新婦様を見るや否や、
一気にお2人のお顔がほころんだ瞬間を、
私たちはずっと忘れないでしょう。

ご親族紹介後のタイミングを逃すとしばらくお手洗いに行くことができないので、
お2人にご説明し、お手洗いにご案内。

スタッフそれぞれがお祖父様、お祖母様の車椅子を押しながら
参進の列をなし境内を拝殿へと進んでいきます。

前の方との距離を取りながら、
石畳なのでガタガタさせないようゆっくり進みます。
拝殿前に到着。

%e6%8b%9d%e6%ae%bf%e9%9a%8e%e6%ae%b5-1

拝殿に入るには、1段30センチ程ある階段を5段上がらなければなりません。
(神社の決まりで、拝殿へは車椅子のまま入ることができません)

木造りで少し滑りやすくもあるので、
お祖父母様それぞれお1人ずつ、2人のスタッフでサポート。
横で1名が腕を組み、後ろで1名が腰の辺りを支え、
お声掛けしながら階段を上って頂きました。

お祖父様は携帯用の酸素も使われているので、
酸素の管が足元に絡まないようにも注意。
お1人ずつ拝殿の中のお椅子にお座り頂いてから、私達も案内された席へ。

とても厳かで暖かみのある神前式、親族杯の儀では
私達もご両家の皆さまと一緒に御神酒を頂きました。

挙式後も同じように、階段を降りるお手伝い。
上りより、降りる時の方が怖さもあるので、より慎重に。
再び、車椅子にお乗りいただき、また列をなしてのご移動。

ご披露宴会場は、晩餐スタイルで長テーブルでのお食事。

%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4%e4%bc%9a%e5%a0%b4%ef%bc%88%e9%b6%b4%e3%81%ae%e9%96%93%ef%bc%89-1

新婦様が大好きな赤色でコーディネートされた空間は
華やかで温かみがありました。

お食事前にお手洗いへご案内し、
車椅子から会場のお椅子へお移り頂く。
新婦様のお隣のお席にお祖母様、そのお隣がお祖父様、スタッフ2名と続きます。
お隣に新婦様が座られてお祖母様はとても嬉しそう。

お2人ともお食事はご自分で召し上がれるので、
お料理がとりやすい様にお皿を移動させたり、
式場スタッフ様にお飲み物をお願いしたりなどのお手伝い。

お二人とも、好きなものを好きなように召しあがると、ご家族から伺っていたので、
あまり出すぎないように、さりげなく。

お祖父様はお耳があまり聞こえないので、筆談も交えてお話。
1日を通してお2人とは色々なお話をしたけれど、
新婦様との想い出話をされる時が一番楽しそうで、
嬉しそうで、幸せそうでした。

ご披露宴の後半、「かわいい孫のために歌います」と民謡を歌われたお祖母様。

そのお隣でお祖母様を優しく見つめ、手拍子しながら、
新婦様は聞いてらっしゃいます。
新婦様への愛情がたくさん込められたお祖母様の歌声に、
涙されている方もいらっしゃいました。

お開きが近づき、新婦様が涙ながらによまれたご両親へのお手紙。

お祖父様もお祖母様も、下を向いて涙を拭かれているのが見えました。
ずっと堪えていた私たちも、涙がとまりませんでした。

ご披露宴のお開き後、お手洗いへご案内してからお帰りのタクシーへお乗り頂く。
「今日は本当にお世話になったね~」と笑顔のお祖父様。

ご体調が不安定で、もしかしたらご出席できないかもと
最初新婦様が心配されていたけれど、
お祖父様、お祖母様がそろってご出席できて本当に良かったと、心から思いました。

出発する車に手を振りながら、フワフワした幸せの余韻と、
ご家族皆様の幸せな日にお手伝いさせて頂ける喜びで、
また涙が出そうになりました。

 

ホテル ニューグランド(横浜)

img_1507-1

ホテル ニューグランドにてお式のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

足が悪く車椅子をご利用。また、不安になりやすいので心配。

当日の内容

13:00 お花をお持ちし、ご入居先へご訪問、ご準備
13:30 ご出発
14:30 式場到着
15:00 ご親族紹介、写真撮影
16:00 挙式 フラワーシャワー 
18:00 ご入居先へ

スタッフ後記

昨年の新婦様のご結婚式の際にもお手伝いさせて頂き、
今回が二度目のケアエスコートでした。

「当日、おばあちゃんから新郎へ、お花のプレゼントをさせてあげたい」との
ご家族のご依頼があったので、ブーケをご用意し、ご入居先へ向かいました。

車椅子に座ってらっしゃるお祖母様にご挨拶すると、
「いらっしゃい。今日はどうしたの?」
と私たちの顔を不思議そうに見てらっしゃいます。

ブーケをお見せしながら、
「今日お孫様がご結婚されるので、このお花を一緒に届けに行きましょう」とお話しすると、
「あら、そうなの?これから?」と少し驚かれたご様子。

お孫様やご家族も式場で待っていること、
私たちがお帰りまで一緒にいることをお伝えすると、
お祖母様にも笑顔が見られました。

お部屋へ戻り、お着替えとメイクのお手伝い。
ご準備の間も「私、何もわからなくて・・・」と仰るので、
お部屋にあるご家族写真をお見せしながら
「こちらのお孫さんのご結婚式ですよ、皆様お待ちですよ」と
ご安心頂けるようにお話しします。

ご入居先のスタッフの方々に「いってらっしゃい」と見送られると
お祖母様も「行ってきます!」と嬉しそうに答えてらっしゃいました。

お式場へ向かう介護タクシーのでは、
ご不安にならないよう、できるだけお祖母様に
お話しかけるように心がけました。

車の窓から見える景色や故郷の事、
子供のころのお話しなどお聞きしているうちに、
お祖母様のお気持ちもほぐれてきたのか
「なんだかワクワクするわね、楽しみね」とにっこり。

お式場に到着。
車椅子用お手洗いは1階にしかないため、お手洗いへご案内してからお控室へ。
ご家族様に迎えられ、お祖母もホッとされたご様子。

img_1495-1

1年ぶりにお会いするご家族の皆様は、とてもあたたかくて、
私までなんだかホッとしました。
小さな赤ちゃんがいらしていて、
お祖母様は赤ちゃんの手を握ったり、
顔をのぞき込んだりと可愛くて仕方ないご様子。

img_1498-1

ご家族様の和やかなお時間を邪魔しないように、
私たちは少し離れたところで待機。
ご親族紹介のため、新郎新婦さまもご入室。
ご家族の合図でお祖母様にブーケをお渡しし、車椅子を押し新郎様のもとへ。

「新郎様にこのお花差し上げて下さいね」と小声でお祖母様にお伝えし、
私もお祖母様と一緒にブーケを持ち、新郎様へお渡ししました。

新郎様がお祖母様の手を握って、笑ってらっしゃいました。

「お祖母様からのプレゼント、新郎様、喜んでくださってる!」
私たちスタッフ二人、顔を見合わせ、おもわず喜んでしまいました。
もちろんこっそりと。

チャペルでは、車椅子のまま通路の一番前へご案内。
挙式が始まるまで、私たちはお祖母様のそばに付き、ご様子を伺っていました。
挙式が始まるタイミングで、私たちは二つ後ろのお席に座り、お祖母様をお見守り。

img_1507-1

ご様子を伺いながら、時々静かに前へ行き、
見えやすい用に車椅子の向きを変えたりなど。
お式のみのご出席でしたので、ご家族の皆様にご挨拶し、1階へもどります。

「皆は一緒じゃないの?一人で帰るの?」と急にご不安そうなお祖母様。

「皆様は後からいらっしゃるのでご安心下さいね。それまで私たちが一緒にいますからね」
と、お伝えすると、ご安心されたご様子。

お手洗いへご案内し、介護タクシーでご入居先へ。

「帰りの車の中でおばあちゃんと食べてね」と
ご家族が下さった、お菓子とジュースの入った袋を開けると、
新郎新婦様からお祖母様にあてた、1通の手紙が入っていました。

お祖母様にお渡しすると、早速封筒から出し、声に出して読んでらっしゃいます。

本当に嬉しそうに何度も何度も読まれては、
「優しい子なんだよ、この子は」と、やさしいやさしいおばあちゃんのお顔。

ご入居先に到着するまで、お手紙はずっとお祖母様の手の中にありました。

ご入居先へ到着後、お部屋でお着替えのお手伝い。

久しぶりの長時間の外出でしたが、
お疲れのご様子もなくとても穏やかな表情でした。
新郎新婦様からの大切なお手紙は、いつでもご覧いただけるようにお部屋のタンスの上に。

既に夕食のお時間でしたのでお祖母様を食堂へお連れし、ご入居先を後にしました。

今日のこの幸せな日の想い出が、いつまでもお祖母様の心の中に残りますように。

美味しそうにお食事を召し上がっているお祖母様のお姿を遠目に見ながら、
去年の帰り道と同じ事を願っていました。

ディズニー・アンバサダーホテル(千葉・舞浜)

%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%90%e3%82%b5%e3%83%80%e3%83%bc-1

アンバサダーホテル(ディズニー)にてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

足がご不自由で様々な介護が必要なお祖母様と、ご高齢のお祖父様のお手伝い

当日の内容

8:00  ご宿泊先のホテルへご訪問、ご準備 
9:00  ホテルのお控室へ
9:10  ご親族紹介、写真撮影
10:00 挙式、ウェルカムドリンク
10:40 ホテルの部屋へ戻り、おむつ交換
11:30 ご披露宴
14:00 お開き
15:00 ホテルのお部屋でお着替え、チェックアウトのご準備

スタッフ後記

ホテルのお部屋へお迎えに伺うと、
お祖父母様お二人が、笑顔で迎えて下さいました。

ベッドに横になっているお祖母様を
スタッフ2名でゆっくりお身体を起こし、
滑り落ちないようにしっかり支えながら車椅子へ。

ご高齢のお祖父様のご様子もさりげなく見守りながら、
お祖母様のお着替えとメイクのお手伝いをさせていただきます。

お祖母様のお着物は、洋服の様に着られるもので、
車椅子の上で、一人が支えながら、もう一人が着付けをさせていただきました。

ご自分のお着替えが終わったお祖父様も加わり、
お祖父様の手でお祖母様の髪を素敵に整えて下さいました。

美しくお仕度が整ったお姿を、お祖母様に鏡でご覧いただいてからお部屋を出発。

1f%e3%82%ac%e3%82%bc%e3%83%9c%e3%81%b8%e8%a1%8c%e3%81%8f%e9%9a%9b%e9%80%9a%e3%82%8b%e9%80%9a%e8%b7%af-1

ご移動は、スタッフ2名が、お祖父様、お祖母様のそれぞれの車椅子を押し、
ホテルのバンケットフロアにあるお控室へ。
途中、傾斜があるのでゆっくり進みます。

お控室に入ると、
「おばあちゃん、きれい!」と新婦様のご姉妹が集まってこられ、
お祖母様もとても嬉しそう。

間もなくして新郎新婦様がご入室。

お祖父様は、新婦様のお姿を一目みるなり、
「お人形さんみたいに綺麗だな~」と驚きながら、
まぶしそうに、なぜか恥ずかしそうにされていました。

写真撮影の時は、「カメラ見て下さいね~」と式場のスタッフ様に言われても
どうしても新婦様の方を見つめてしまうお祖母様。

その場の雰囲気は、私たちの心もあたたかさで包まれるものでした。

チャペルでは、お祖父様は車椅子から降りてお席へ、
お祖母様は一番前の通路に車椅子のまま、ご案内しました。

私たちスタッフは後方の席で待機しながら、
見えにくそうな場面では静かに前に行き、お祖母様の車椅子の向きを調整します。

挙式後、ご披露宴までの間にホテルのお部屋に戻り、お祖母様のオムツ交換。
そのまま少しご休憩頂き、お飲み物をお勧めし、お着物を整えてから再びご披露宴会場へ。

新婦様のご両親と同じお席で、お祖父母様それぞれのお隣に私達スタッフも座らせて頂きました。

お食事しやすい様にお皿を動かしたり、取りにくい物はスプーンに乗せて差し上げたり、
お肉は小さくお切りしたりして、お手伝いをしました。

ケーキカットの際は、良く見えるように早々と前の方へご案内。
お祖父母様に気づくと、新婦様は笑顔でこたえて下さいました。

ディズニーホテルならではの楽しくて夢のある演出やお料理、そして何より幸せそうな新婦様のお姿。

「こんな経験ができるなんて、、」と、私に静かに仰ったお祖母様が忘れられません。

ご披露宴のお開き後、新郎新婦様やご家族様にご挨拶し、ホテルのお部屋へもどります。
お着替えのお手伝い後、ご家族がいらっしゃるまでベッドで横になって頂きました。

かなり汗をかいてらしたので、熱いお湯で背中や腕などお拭きすると、
「気持ちがいいわ」と目を閉じてらっしゃいます。
ずっとお座りになったままでしたので足のむくみもあり、少しおさすりしました。

少しお飲み物を召し上がって頂き、
お荷物の整理やお部屋の片づけをしていると、ご家族様が迎えにいらっしゃいました。

ご挨拶して失礼する瞬間は、私たち自身も少し寂しいものです。

でも、「本当に来られてよかった。今日はありがとう!」
とお祖母様からのお言葉と笑顔をいただきました。

それが本当に嬉しくて、
素敵な結婚式の想い出とともに、私の心をいつまでもほくほくとあたたかくしてくれていました。

%e4%b8%ad%e5%ba%ad%e3%82%ac%e3%82%bc%e3%83%9c%e3%80%80%e9%80%9a%e8%b7%af-1

後日、ご家族さまよりいただいたメールで涙がこぼれてしまいました。

「おじいちゃんもおばあちゃんも、孫娘の結婚式は諦めていました。
 『来て良かった。』おばあちゃんに言ってもらえてとても嬉しかったです。
 フォーハートさんに巡り合えて本当に良かった。」

そして、「フォーハートさんを知るまでは、出席を諦めていました」という一文。

お手伝いさせて頂けて本当に良かったと心から思うと同時に、
やむを得ず出席を諦めてしまう方がどれほどいらっしゃるのかなと考えます。

これから、もっともっと頑張っていかなければと改めて思わせていただきました。

ザ・コルトーナシーサイド(東京 台場)

%ef%bc%94-1

ザ・コルトーナシーサイド台場にてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、心臓がお悪く長時間の外出でお疲れにならないか心配

当日の内容

7:15  ご自宅へ訪問、準備
7:50  ご出発
9:30  会場へ到着
9:45  ご親族紹介、写真撮影
10:30 挙式、シャンパンパーティー 
11:30 ご披露宴会場のお席にご案内し退室

スタッフ後記

朝の早い時間でしたが、私たち2名がご自宅にお伺いすると
すでにお着替えは終えられていました。

「本日はおめでとうございます!!」のご挨拶のあとは、
朝の大事なお薬を飲まれたか、補聴器やお薬をお手荷物の中に入れたかのお声掛け。

普段からご自分でお化粧をされているお祖母様ですが、
少し目が見えにくいこともあり、この日はお手伝いさせて頂きました。

「孫の結婚式だから」と前日、娘さまに塗ってもらったというピンクのマニキュア。
指先のピンクが目に入るたび、
お祖母様のうれしさやお孫様への愛情が感じられて
私たちもあたたかい気持ちになっていました。

手すりに捕まって頂きながら、ゆっくり歩いて頂き、
玄関で車椅子へお乗り頂きます。
エレベーターで下り、介護タクシーにてお式場へ。

お式場に到着し、お打ち合わせ通りプランナーさまにご連絡。
車の到着場所までお迎えに来ていただき、
他のゲストの方とは違う車椅子用のルートを通っていきました。

お控室に向かう前に、お手洗いへご案内。
個室には車椅子が入らないので、
入るところまで車椅子を入れ、
お祖母様の手を取り、ゆっくり歩いて頂きながら
お手伝いさせて頂きました。

お控室に入るとすでにご家族・ご親族の方がお揃いで
お祖母様を迎えて下さいました。

%ef%bc%92-1

挙式用の羽織物のお着替えのお手伝いをし、
熱い桜湯をゆっくり召し上がって頂きます。
新郎新婦様のプロフィールを一緒に見ながらお話させていただきました。

ご親族紹介の際は、お母様のお隣りへ車椅子をご移動。
私達は入り口の脇でお見守りしました。

お子様の紹介がされるたび「あら、可愛い~」とお仰るお祖母様の言葉に、
ご両家皆様の笑い声。
その場の緊張がゆるみ、空気が一気に和やかになりました。

写真撮影のため、お祖母様の手を取り、車椅子からお椅子へ移動。
お洋服やお足もと、髪の毛を整え、お写真に備えます。

新郎新婦様が入室。お祖母さまは身を乗り出して新婦様を見つめてらっしゃったので、
お写真後、新郎新婦様のもとへお祖母様をお連れしました。

挙式の時間も迫っていたので、
「おめでとう!」「おばあちゃん、ありがとう」と手と手が触れながら
お2人の幸せそうな表情を拝見しました。

お控室から同じ階にあるチャペルへのご移動。
チャペルのお席の前までは車椅子でご案内、
そこで車椅子を降りて頂きチャペルの椅子へご移動。

一段段差になっているので、腰を両手で支え、段差を上がって頂き、
お席に完全に座られてから手を放しました。

挙式中、私達スタッフは、チャペル外で待機することになっていたので
車椅子を持ってロビーで待機。

1-1

挙式後、車椅子を押して、再びお祖母様のもとへ。

「お式はおいかがでしたか?」

「本当に素敵だったわ~!!!」と最高の笑顔でお答えくださいました。

挙式後はエレベーターでご披露宴会場へ移動。
会場への入り口には階段が2段あるので、
私達スタッフ2名と式場のスタッフ様と3名で車椅子ごと抱えあげました。

ご披露宴までは、テラスでパーティーが開かれましたが、
風も強く寒い日でしたので、お祖母様とご家族様にご希望を伺い、
室内からご覧頂くようにしました。

室内からだとあまり見えないかな、と心配をしていたところ、
式場のスタッフ様が、新郎新婦様のご入場を一番近くで見せて下さったり、
カーテンを開けて外のパーティーを見せて下さったりと
様々な配慮をして下さったので、お祖母様もとてもお喜びでした。

皆様がご披露宴会場へ移動されてこられるタイミングで
お祖母様も車椅子から会場のお椅子へ。

用意していた足置きに足を乗せて頂き、
お食事しやすい様に椅子の位置やお身体の向きを調整します。
お膝かけをおかけし、車椅子を畳んで隅の方へ置きました。

%ef%bc%95-1

退出のご挨拶をし、「本当にありがとう」と皆様のあたたかいお言葉に見送られて、
ご披露宴が始まる前に会場を後にしました。

お祖母様自身そして、ご家族も、ご体調によっては、
ご披露宴の途中でお帰りになる事も考えていらっしゃいましたが、
後ほど、お開きまで楽しくご出席されたと
新婦様のお母様よりご連絡頂きました。

「あんなに楽しみにされてたから、お開きまでいられて本当に良かった!」と
ホッとすると同時に、
「素晴らしい披露宴だったよ~!」とおっしゃるお祖母様の満面の笑顔が
目に浮かぶようで、私たちも本当に幸せな気持ちになりました。

メゾン・プルミエール(東京・恵比寿)

メゾン・プルミエールにて お式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、ご病気のため、手足が痛む。
お手洗いの回数が多いので心配、長時間の外出で体調が悪くならないか心配

当日の内容

13:30  式場でお待ち合わせ 
15:10  ご親族紹介
15:30  挙式(人前式)集合写真 
16:30  ご披露宴
18:30  お開き
19:30  お式場でお見送り

スタッフ後記

新婦様のお父様とお祖母様は、ご自宅から介護タクシーでお式場へ。
お式場の入り口で待っている私たちにお祖母様が車の中から手を振っているのが見えました。

お父様とお祖母様にご挨拶をし、車椅子を押し、お控室へご案内。
お控室の入り口には階段が3段あるので、スタッフ2名で車椅子を前と後ろから持ち上げ、
ゆっくり階段を下りました。

既にご到着されていたご家族様のところへお祖母様をお連れしました。
その後、式場の方にお願いして出して頂いたあたたかいお茶を飲んでいただいたり、
お手洗いにお連れしたりして準備しました。

長時間の車移動でお疲れのご様子もあったので、
ご親族紹介までは休憩室でお休み頂くことにしました。

車椅子からソファーへ移乗し、クッションなどお体を支えながら横になって頂きます。
40分ほどお休み頂き、ご体調を確認してから車椅子で皆様の部屋へお連れしました。

ご親族紹介後は、外のチャペルで挙式でしたが、とても晴れて暑い日でしたので、
お祖母様は室内の窓越しからご覧頂く事になりました。
ご入場の際、お祖母様の前をお通りになる新婦さまは、笑顔で手を振って下さいました。
お祖母様は恥ずかしそうに小さく手を動かしていらっしゃいます。

「ここは特等席ですね」とお声をかけると、「本当だね~」といいながら、
ずっと新婦様から目を離されないお祖母様。
そっと車椅子を見やすい位置に移動し、私達もそのお側でお式を拝見させて頂きました。

車椅子用のお手洗いは2階にあるだけなので、挙式後ご披露宴会場へ行く前にお手洗いへ。
ご到着から水分もあまり摂られていないので、
ゼリータイプのスポーツドリンクも召し上がっていただきました。

ご披露宴会場ではお祖母様のお隣の席に1名、もう1名のスタッフは壁際の椅子で待機。

凝った盛り付けでとてもきれいなお料理に、どう食べたら良いのか迷われていらっしゃったので、
少し説明をさせて頂いたり、お料理を切ったりしてお手伝いしました。
ご自分で召し上がるのをあまり遮らないように、
手が止まってしまった時にお手伝いする様に心がけました。

ご披露宴の中盤に、各テーブルでのお写真撮影が予定されていたので、
その時にお席にいられるように、タイミングを見てお手洗いへ。

会場からお手洗いのある2階まで移動しなくてはならなったので、少し早めに。
お写真後、新婦様とあまりお話が出来ていないお祖母様のために、
新婦様のもとへお連れしました。

お祖母様を真中にして新婦様やご家族と楽しそうにお話されているお姿は、
とても幸せそうで、私も自分のお祖母ちゃんと重ねては幸せな気持ちにさせて頂きました。

ご披露宴の終盤は少しお疲れのご様子でしたので、休憩室へ。
お開きの直前までソファーで横になってお休み頂き、お手洗い後、再び会場へ戻りました。

新郎新婦様やご家族とご挨拶してから、お帰りのご準備ができるまで再びご休憩室へ。
新婦様のお父様とお祖母様が介護タクシーへお乗り頂くのを見守り、
車内から後ろを向いて手を振って下さるお祖母様に、私達も本当に嬉しくてずっと手を振っていました。
ご休憩をとりながらでしたが、最後までご出席することができて本当に良かったです。

新婦様やお父様、ご家族皆様がお祖母様の事を、とてもとても大切にされているのが感じられて、
私達も家族の一員になったような温かさを感じた素敵な一日でした。

2 / 9123...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation