花嫁アンテナ

仲人も余興もない?イマドキの披露宴

2017.03.30
%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4

みなさんこんにちわ!

今日は、イマドキの披露宴とその流れについて軽くお話しできればと思います。

昔と比べて、現在の披露宴は大きく変わりました。

 

仲人がおらず、主賓挨拶も減って、余興も少ない。

いまや、そんな披露宴が一般的になってきているのです。

仲人が減った理由は? 報告から、感謝のウェディングへ

結婚式や披露宴は、昔は「結婚したことを目上の方に伝える」

という側面があり、仲人や媒酌人は、新郎新婦にとっての後見人の役割を持っていました。

しかし、時代とともに結婚式の持つ意味が移り変わり、

近年は「家族や自分たちの大切な人たちへ感謝の気持ちを伝えるThank you ウェディング」へ

変化していったのです。

ゲストの気持ちも変化

現在の結婚式では、招待されたゲストも新郎・新婦と共に幸せを分かち合いたいという気持ちが強く、

そのため、ゲストと一体感を味わえる演出が人気になっています。

キャンドルリレーや、ブーケプルズなどの演出も増えてきました。

 

披露宴の流れはメリハリから

披露宴は、ある流れに沿って作られています。

迎賓から乾杯まで、まずキッチリとして、お色直しから余興までで盛り上がり、

そして両親の記念品贈呈、花嫁の手紙でキッチリとしめる

といったように、メリハリを重視して組まれているのです。

 

このメリハリが大きな感動と、記憶に残る思い出の源なんですね。

時代の流れとともに常識から自由へ?

かつて常識だったものが、時代と共に自由な形となって、どんどん変化していっています。

披露宴には必須の演出というのはほぼ無いため、

これから先も、どんどんプログラムが変わっていくのでしょう。

大切なのは、常識ではなく、感謝の気持ちを忘れないことなのかもしれません。

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation