花嫁アンテナ

ご高齢のゲストの服装を迷っている方へ

2017.05.01

みなさんこんにちは、

今日は結婚式の服装の中でもお祖父様、お祖母様の服装についてご説明したいと思います。

新郎新婦やお父様、お母様の服装は色々な情報があります。

 

しかしお祖父様、お祖母様のお話は少なく、

ましてや、ご高齢になってくると、ご本人の負担も考えて、何を選べば良いのか迷ってしまいます。

そのため、マナーを踏まえたうえで、いくつか注意点をご説明できればと思います。

 

ベースとなる装いは準礼装

結婚式では、親族となるため

お祖父様はダークスーツやブラックスーツ

白のワイシャツネクタイは白か黒のストライプが一般的です。

 

お祖母様は、和装では黒留袖か色留袖

洋装では、肌の露出が少ないドレスを着用しますが、黒である必要はありません。

ただし、親族という立場上、目立ちすぎるものは厳禁となります。

 

 

しかし、これらはあくまでもベース。

お祖父様お祖母様が、ご高齢で、体力に不安があるというケースもございます。

その際は、アクセサリーや、洋装の衣装を工夫するといった配慮をするのが良いのではないかと思います。

 

服は前開きであれば着るとき楽です

ご高齢になると、関節の動きが悪くなり、肩が上がらない、背中が丸くなってしまうという事も少なくなく、

かしこまった服を着るのが大変だったりします。

そのため、すぐ着れる負担の少ない前開きの服をお勧めします。

_mg_4665-5

 

スカートやスラックスはゆったり気味に

スカートの場合は、立ち上がりの際に裾を踏んでしまったりすることがあるので、

裾が広がらないものをお勧めします。

またウェスト周りに余裕があり、ウェストがゴムタイプの

黒のスラックスなどもオススメです

%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9

 

アクセサリーはできるだけ軽いものを

ご高齢の方は座っているだけで疲れる時もあります。

そんな時、パール系のイヤリングや二連パールなどは、重量があり、高齢者には負担が強く

無意識に外してしまうことも考えられます。

0ac6193524af9be7cc4b28effc103f29_s

このため、アクセサリーは材質が軽いものをオススメします。

 

高齢者は座っているだけでも大変

高齢者の加齢による筋力の衰えは著しく、以下のグラフのように年齢で大きく低下します。

スクリーンショット 2017-04-27 20.14.36

引用:タニタのダイエット・健康コラム

筋肉が衰えてくると、どうしても疲れやすくなり、動く機会が少なくなります。

動く機会が減って、筋肉が衰える。この悪循環が続くと衰えは早くなります。

特に姿勢を維持するための筋肉が衰えると、常に立ち続けたり、座り続けたりするだけでとても疲れます。

そのため、結婚式で長時間座るだけでも高齢者からすると大変なのです。

 

最近の結婚式では、ゲストに楽しんでもらおうと、カジュアルな雰囲気が増えてきました。

 

ご高齢の方を考えたコーディネートは、コットンパールやツーピースなど、多少カジュアルな趣になります。

次回は、そんなコットンパールやツーピースがなぜNGなのか、由来も踏まえながら解説できたらと思います。

 

それではまた!!

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation