花嫁アンテナ

新札と古札の意味

2015.11.04
お札 イメージ

冠婚葬祭では一般的に新札が使われます。
ご祝儀でも新札を使うことが常識です。

しかし冠婚葬祭で新札や古札はどのような意味を持つのでしょうか。

新札は”あらかじめ準備していました”の意味

新札は、銀行に行って交換してもらわないと原則手に入りません。
そのため新札は”あらかじめ用意する猶予があった”という意味でおめでたいことに対して使われ、
不幸があった時に新札を送ることは上記の意味を持つためあまり好ましくありませんでした。

古札は”急なことで準備する暇もありませんでした”の意味

古札は”あまりにも急なことなので、用意する時間がなかった”という意味があります。
そのため、お悔やみや不幸な場面で使われることが昔は多かったのです。
しかし、最近では新札を用意することが簡単になったため、一般的には新札を用意することが多く、
使い古した古札を送ることが逆にマナー違反になることもあります。

ですが、新札では”あらかじめ用意する猶予がありました”という意味で取られることがあるため、
マナーとして新札に半分に折り目をつけることで、新札から位を落とすことがより良いマナーになります。

昔は、お悔やみでは古札が常識でしたが、今や古札がマナー違反になるなど、時代の変化とともにマナーは少しずつ変化します。
方法よりも、その先にある意味を知ることで、変化があったときに対応できる柔軟性が養われるでしょう。

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation