花嫁アンテナ

結婚式で車椅子を使うとき”クッション編”

2015.10.22
クッション イメージ

前回の記事で、車椅子は滑り落ちないことを第一に作られていることが多く、
座り心地が決して良いものではないという話でした。

こちらの記事にあるように、車椅子にクッションを用意するだけでも座り心地が大きく違ってきます。

結婚式では長時間座ることになることが多いですが、

そのためにはどのような部分を気を付ければよいのでしょうか?

車椅子でクッションを選ぶ時、いくつかポイントがあるのでご紹介いたします。

 

通気性 イメージ
”通気性”

お式では長時間座るため、クッションの通気性が悪いと皮膚状態が悪くなり、痛みやかゆみを併発しやすくなります。

特に座る座面に関しては、通気性が良いものを選ぶとご本人様も座り心地が快適になるかもしれません。

摩擦性 イメージ
”摩擦性”

クッションの座る部分に滑り止めなどがついていてずり落ち無いようになっているものがあります。

自分の力で座っていることもままならない場合は効果的なのですが、ある程度座れる方は摩擦が強すぎて、皮膚が引っ張られて痛みがでるかもしれません。

クッションの固さ イメージ
”クッションの固さ”

クッションが固すぎるとお尻が痛くなる原因になり、柔らかすぎると車椅子の足つきが悪くなって座っている姿勢も不安定になりがちです。

上記にあげたものは一例で、他にも様々なポイントがあります。
私たちは小さなことから気配りを行って、思い出に残る結婚式を一緒に作ります。

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation