花嫁アンテナ

水引の結び方

2015.09.08
水引1

水引とは、贈り物の包み紙などにかける和紙を糊で固めたひも状のもので、一般的にご祝儀袋などを飾っています。
でも、ご祝儀袋の水引の結び方には意味があります。

結びきり

水引の結びきり

「繰り返さない」「一度で終わる」「ほどけない」といった意味を持ちます。

あわじ結び

水引のあわじ結び

結びきりの一種です。
水引の色を使い分けることで慶事、弔事に用いることもできます。

蝶結び

水引の蝶結び

ほどけても何度でも解いて結びなおすことができることから
「繰り返してもよい」「何度あってもよい」という意味で用います。
出産、合格、新築などに向いており、仏事や結婚には使ってはいけません。

水引の色について

祝い事によって、水引の色の使い分けがあります。

  • 赤白:お祝い事全般に用いられます。
  • 金銀:結婚や結納、一生に一度のお祝い事に使われます。
  • 金赤:神札など特殊な用途で使われます。

最近では、様々な種類や飾りがあって、迷ってしまいます。
でも用途とその意味を知る事で、相手に失礼に当たらない配慮も必要ですね。

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation