ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

ボンボンボン ラ フェメゾン

IMG_5229 (4)_R

ご状況・ご心配されていた点

車椅子で出席されるご祖母様の体調が心配。ご自宅にお迎えし、挙式から披露宴までをサポート。趣のある式場ゆえの段差や階段が心配。

当日の内容

8:00  ご自宅訪問 
8:30  ご自宅出発 車内にてサポート
9:50  結婚式場到着 
10:10~ チャペルにて挙式参加
10:30~ プレパーティ 
11:20~ ご披露宴 
13:25  おひらき 

スタッフ後記

この日の朝は、天気予報が見事に的中し、雪が降っていました。タクシーの運転手さんも早めに到着し、玄関の足場が滑らないように、雪をよけてくれていました。

寒い時期なので、ご祖母様の体調が安定しているか・風邪をひいていないか、この日までずっと気になっていました。

訪問すると、ご祖母様は、晴れやかなお顔で出迎えて下さり、ホッとしました。疲れやすい方と伺っていましたので、挙式に出席が一番のご希望で、ご体調次第では、披露宴は途中で抜けることもあると考えていました。

長男様も「披露宴中に、もしかしたら、ウトウト眠っちゃうかもしれませんが、お相手に失礼じゃないですかね?」と心配そうにおっしゃっていました。

「休憩室が準備してあるので、大丈夫ですよ。」と、安心して良い事をお伝えします。

IMG_5633 (2)_R

車で結婚式場に近づくにつれ、都心ではまだ雪が降っていないことに気づきます。

外は寒いですが、車内はぬくぬくしています。ご祖母様の足の浮腫がないか・暑すぎないか調整して、道中を過ごしました。

久しぶりの長距離の外出で緊張もあるのか、ご祖母様はウトウトもせずに、結婚式場に到着しました。

IMG_5156 (3)_R

娘さんと相談し、ぎりぎりの到着で、スケジュールを進めていました。予定通りです。

直ぐにチャペルへ案内されました。

その時分には、都内は雪が舞いはじめ、幻想的なホワイトウェディングです。

プレパーティが室内へ変更になったので、ご祖母様も和気あいあいとしたムードを存分に味わっていました。新郎新婦とも距離が近く、ご祖母様は本当に嬉しそうです。

IMG_5635 (2)_R

披露宴がはじまり、そろそろ休憩したほうが良さそうか、ご祖母様に尋ねます。

「楽しいから、ここにいます!」

ウトウトどころか、披露宴パーティでも最後まで席をはずさず出席されたのです。泣いたり、笑ったり、食べて・飲んで・拍手したり・・・本当に楽しまれていました。

IMG_5637 (2)

わたしたちの不安が予想以上に吹き飛んで、こんなにご祖母様の笑顔がみれるとは、思っていませんでした。結婚式って本当に不思議ですね!

この式場は、テレビドラマの場面や撮影のスポットとして、とても素敵です。ただ、エレベーターはなく、石畳や階段が多く、ご高齢の方は大丈夫かしらと不安な方もいらっしゃいます。

今回は、全く車椅子から降りて歩くことが出来ない方でした。でも、休憩用のソファを下におろしてセットしたり、車椅子を抱えたりして、サポートしました。とても都心とは思えない、外国のような情緒のある式場ですので、ご出席できて本当に良かったと感無量です。

IMG_5238_R

IMG_5253 (2)_R

IMG_5636 (2)

 

IMG_5634 (2)

IMG_5269 (2)_R

IMG_5206 (2)_R

 

パレスホテル東京(東京・大手町)Ⅱ

IMG_2860_R

ご状況・ご心配されていた点

ご祖父母さまお二人での遠方からの上京で、事故などがないか心配。また、慣れない場所でご不安にならないか。

当日の内容

4:35 ご自宅へ訪問
4:40 更衣介助・薬確認・持ち物確認
5:30 タクシー到着 車内セッティング
5:45 乗車完了 出発
6:40 新大阪駅 到着
7:20 新幹線のぞみ出発 4人向かい合わせで東京まで
9:53 東京駅到着
10:20 パレスホテル東京 到着
10:30 親族控室にて ご家族と合流 
11:20 写真室へ ご親族紹介・写真撮影
11:45 チャペルへ移動
12:00 挙式
13:00 披露宴会場
14:30 中座から戻られる新郎新婦とご祖父母様と写真撮影
14:50 タクシー乗車 
15:00 東京駅 到着 
15:50 新幹線乗車 発車
18:23 新大阪駅到着 
18:40 タクシー乗車
19:30 ご自宅到着 更衣介助・荷物の整理
20:00 退室 

スタッフ後記

早朝にお迎えに行くと、おじい様は、最初は「今日は何しに行くのかな? 誰の結婚式かな?」と心配そうにおっしゃっていました。でもすぐに私たちのことを頼りにしていただき、ご安心されたご様子でした。

以前は、ご夫婦二人で海外を旅行されていたそうで、お荷物もコンパクトで、コートも軽いものを選んでいらして、旅慣れたご様子でした。今回は杖と、車椅子が必要でしたが、臆するところがない、本当にお気持ちがお元気で、かっこいい、おじい様とおばあ様でした。式場に到着し、お二人の笑顔が120%になったのを見たときには、私たちも幸福で満たされました。

IMG_2863_R

親族控室では、20数年ぶりに、ご親戚がお集まりになったそうで、自分のことのように嬉しく、あらためて、結婚式ってすごいなあ、家族っていいなあ・・とじわっとした瞬間でした。

親族紹介の時には、朗らかなおじい様も少し緊張気味でした。式場の方が座っても大丈夫ですよとご案内くださいましたが、今まで何組もお仲人を務められたそうで、ここは立つべき時とご判断されたのか、ご紹介が終わるまで立っていらっしゃったのには心を打たれました。

おばあ様は、美しいお孫様の花嫁姿をみて、「あの子に、あの色味とデザインは、本当によく似合っている。」と大絶賛されました。

ご新婦のお兄様が「おじいちゃん、おばあちゃん!」と駆け寄っていらしたことも本当に嬉しかったそうで、「あの子は本当に優しい、いい子だから、、、」と楽しそうに、何度も話していました。

ひ孫様(3歳くらい)が、ご新郎へチュッパチャプスの花束を渡すサプライズがあり、「あれでも、よ~役目果たしたわ」と感心され、ご披露宴をしっかり楽しんでいらっしゃいました。

IMG_2861_R

式場スタッフ様の心遣いも素晴らしいものでした。おじい様・おばあ様は、披露宴の途中で帰路につく事になっていましたが、中座のあと、披露宴会場の外で新郎新婦と祖父母様だけの写真撮影の時間を、割り出して下さったのです。

分単位で進んでいく結婚式の進行を変更するのはなかな大変だったと思いますが、「せっかく遠方から来てくださったのだから・・」と、お気遣いをいただきました。式場の方々が、お二人のことを真剣に思ってくださっていることが、ひしひしと伝わってきて本当に心を動かされました。

IMG_2858_R

おばあ様は帰宅の新幹線の中で、とても良い結婚式だった、本当にきれいだった、お色直しのドレスが似合っていた、良い土産になった、と何度も何度も仰っていました。

少しお休みになられるかな?と思いましたが、そのまま起きていらっしゃいました。本当に来れて良かったと、何度も仰っていました。

帰路では、すっかりお二人ともくつろがれ、おじい様は、いろんなお話をしてくださいました。高校の先生だったそうで、先日、歩いていたら 後ろからきれいな着物のお姉さんが「先生ですね。お世話になりました。」と声をかけてきて、すっかり当時のことを忘れてしまっていたよと、聞かせてくださいました。教員になられたとき、雨の日も毎日自転車で通って大変だった事もお話しくださいました。

新幹線で奥様がお化粧室に立たれて行ってしまうと、「うちのおばはん、どこやろ?」と奥様のことを気にかけられ、とても仲の良いお二人でした。

おじい様はかなりご高齢ですが、少し年下のおばあ様と本当に仲睦まじく、こんな風に年を重ねられたらいいなあと、学ばせていただくことだらけでした。終始穏やかで、笑顔が絶えないお二人との貴重な時間は、なににも代えがたい思い出となりました。

IMG_2864_R

パレスホテルのスタッフ様も、いつもにこやかに接してくださって、私たちのケアエスコートのお仕事もとても共感していただき、「大変なお仕事ですね」と声をかけてくださいました。

関西から早朝に出発し、日帰りという強行スケジュールでどうなることかと不安もありました。でも、お二人の穏やかなお人柄と、体力がおありでしたので、無事に全工程を終え、長距離の往復を完了することができました。

IMG_2865_R

IMG_2859_R

 

 

パレスホテル東京(東京・大手町)

5Fチャペル

パレスホテル東京にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご病気があり車椅子、お手洗いなどのサポート必要、長時間の外出なので疲れないか心配

当日の内容

14:00 お式場で待ち合わせ
      お着替えなどのお仕度
15:25 親族紹介、集合写真
16:00 挙式
17:00 ご披露宴開宴
19:30 ご披露おひらき
     お着替えなど
21:00 お式場でお見送り

スタッフ後記

1Fロビー② 

ホテルのロビーでお待ちしていると、お祖母様とご家族を乗せた介護タクシーが見えました。

急いで正面玄関の車寄せへ向かい、皆様をお迎えしました。
正面玄関 車寄せ②  

 

正面玄関 車寄せ

 

 

 

 

 

 

 

良いお天気でしたが、とても寒い日でしたので、車椅子のお祖母様におひざ掛けをおかけし、急いでホテルの中へ。2Fのお祖母様専用のお控室にご案内し、お薬を飲んで頂いてからお着替えのお手伝い。

お化粧はすでにされているようだったので、お聞きすると、「自分でしてきたのよ」とにっこり。
お孫様のご結婚式だからかな、と思うと私達も自然と笑顔になります。

写真スタジオでこの日初めて新郎新婦様とご対面。
お背中を一生懸命伸ばしながら、お祖母様は新婦様の姿を目で追ってらっしゃいました。

あまりご自分からは話されないし、お声も小さいお祖母様だけど、
「お孫様、とっても素敵ですね!!」と私達がお声をかけると、
「本当!誰だか分からないくらいだわ!」と明るく大きな声が返ってきました。

   5Fチャペル 

 

 

 

 

 

 

チャペルでは車椅子のまま一番前のお席にご案内。

お祖母様はチャペル内を見まわしたり、飾られているお花を見て
「綺麗なお花ね~」と嬉しそうだったり、その自然なご様子が、周りの空気を和ませていました。

挙式後はテラスにてフラワーシャワー&お写真。

5Fチャペル外テラス

お写真は、お祖母様とお祖父様が新郎新婦様を挟んでの撮影。

お祖母様を新婦様のお隣にご案内すると、新婦様が腰をかがめて
「おばあちゃん、ありがとう!」ととっても嬉しそう!
お祖母様も新婦様のドレスに触れながら、何か新婦様にお声をかけていました。

その後レンズに向いたお祖母様のお顔は、この日一番の笑顔だったように思います。

ご披露宴の始まる前にお手洗いへご案内。
4F多目的トイレ

ずっと車椅子に座ったままでもあったので、腰の負担が軽くなるよう、
少し立ち上って頂く目的もありました。

お祖母様はお背中も曲がっていて、すぐ右側に傾いてしまうので、右の脇にはクッションを挟みこみ、
こまめに体勢を整えて差し上げます。

少しご気分を整えてからご披露宴会場へ。
会場では、1名のスタッフがお祖母様のお隣に座り、もう1名は少し離れた後ろで待機。

お食事はフォークを使い、ご自分で召しあがるので、ナイフで切ったり、
取りにくいお料理をフォークの上に乗せたり、スープはお口元まで運ぶお手伝いをしました。

途中疲れたらいつでも休めるようにと、ご家族様がお部屋をとって下さっていました。
でも、ご休憩のお声かけをしましたが、「不思議と全然疲れてないの。嬉しい日だからかしら」
と最高の笑顔のお祖母様。

同じテーブルのご家族も少し驚かれつつも、お祖母様と一緒に笑っていました。

ご披露宴もお開きになり、送賓に立たれる新郎新婦様のもとへ。
「おばあちゃん、ありがとう」と手渡されたプチギフトのチョコレート。

お着替えのためご案内したお控室に行くまで、しっかりとご自分の手でお持ちになりました。

新婦様がお生まれになってから、お祖母様は口癖のように、

「○○ちゃんの花嫁姿見られるかな。」
「結婚式に出られるかな。」

と仰っていたことを、帰り際ご家族から聞きました。

あまりご自分からはお話されないお祖母様ですが、
とても嬉しそうに新婦様を見つめていたお姿を想い出すと、
どんなにこの日を楽しみにされてきたのかが、痛いほど伝わってきました。

お祖母様の願いが叶って本当によかった!!!

そして、そのお手伝いをさせて頂けたんだと思うと、
言葉にはできない、こみ上げてくる幸せな想いがあります。

ベイサイド迎賓館ベランダ(横浜・みなとみらい)

ベイサイド迎賓館ベランダにてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

お二人のケースで、お二人とも車椅子、お手洗いに介助が必要。ご高齢のため体力が心配

当日の内容

7:30   お式場でお待ち合わせ 
9:00   ヘアサロンへご案内
9:45   ご親族紹介
10:00 挙式、フラワーシャワー
10:30 集合写真
11:00 ご披露宴
14:00 お開き
15:00 お車にお乗りいただき、お見送り

スタッフ後記

お式場の入り口でお待ちしていると、 ご家族とお祖母様お二人がご到着。

お一人は後部座席に、もうお一人は助手席に座ってらっしゃったので、
スタッフも一人ずつお祖母様のもとへ。

お祖母様たちが車から降りるのをご家族様と一緒にサポートし、
車椅子にお乗りいただきました。

前日、宿泊されているホテルへご挨拶に伺った時は、 長旅でかなりお疲れのご様子でしたが、
本日お会いすると「どうぞよろしく」と、とても明るい表情です。

エレベーターで2階へ上がり、ゲストお控室へ。

5階親族控えスペース

ご家族は、着付けやメイクなどお仕度に行かれたので、
その間はお控室で4人で待機。

車椅子でお控室を移動しながら、
壁などに張られた新郎新婦様の写真をご覧頂いたり、
4人でお話したりしながら過ごしました。

ヘアセットに入られると30分程かかるので、 その前にお手洗いにご案内。

お祖母様お一人ずつ、エレベーターで1階へ降り車椅子用のお手洗いへ。

お二人とも麻痺のない手で手すりを持って頂ければ立っていることができますが、
ロングスカート、スカートの下にはタイツをお召しでしたので、
着脱に少し時間がかかるため、ご本人の負担が軽くなるように、
スタッフが身体をしっかり支えながらお手伝いしました。

再び、2階へ戻り、もう一人のお祖母様とそろってヘアセットのお部屋へご案内。

私たちスタッフはお部屋の外で待機。

ヘアセットされて素敵になられたお二人をお控室にお連れすると、
「お、きれいになったね!」「素敵!」とご家族様からのお言葉が。

待ち時間が長く少しお疲れ気味だったお二人のお顔にも笑顔が戻りました。

ご親族紹介は挙式の前に5階のチャペルにて。

チャペルにご案内すると、すでに新郎新婦様のお姿が。

お祖母様たちを見つけ「おばあちゃーん!!」とこちらに大きく手を振る新婦さまに、
お二人とも満面の笑顔で手を振り返してらっしゃいます。

両通路は幅が狭いので、バージンロードを通らせて頂き一番前へ。

新婦様の前まで来ると、「おばあちゃん、よう来てくれたな~」と
お二人のお祖母様の手を順番に握りながら声をかける新婦様。

「ほんまにおめでとう!」「綺麗やわ~!!」と
なかなか新婦様の手を放そうとされないお祖母様。

ご家族様に促されてようやくお席へ。
そんなやり取りが挙式前のチャペルを一気にあたたかくしてくれました。

お祖母様たちを一番前の通路へご案内し、私たちスタッフは一番後ろで待機。

挙式は人前式で、楽器の生演奏やご友人による余興などがあり、
終始笑い声の絶えない賑やかなお式で、お祖母様たちも笑ってらっしゃるようでした。

お式後は、3階へ降りご披露宴会場へ。

披露宴会場

お二人とも車椅子のままお席へご案内。

披露宴会場前ロビー

タイミングを見ながら、時々様子をお伺いし、 お手洗いのお声掛け、ご案内をしました。

ご披露宴がお開きになり会場内のお2人のもとへ。

3時間のご披露宴で少しお疲れのご様子でしたが、
「ご披露宴いかがでしたか?」とお伺いすると、 「とっても良かったわよ」と笑顔。

出口には長い列ができていましたが、
先にお祖母様お二人を通して頂き新郎新婦様にご挨拶。

お二人とも最後は新婦さまと抱き合って、
「おめでとう」を全身で伝えていたように思えました。

ご家族が送賓を終えお着替えをされるまで、 1階の休憩室にて待機。

ソファーがあったので、車椅子からソファーへお座り頂き、
少し横になるように休んで頂きました。

「あー、これは楽でいいわね」と30分程目を閉じてお休みになられていると、
ご家族が戻ってこられたので、お車へ。

お1人ずつお車にお乗りいただき、 式場のスタッフ様と一緒に手を振ってお車をお見送り。

私たちも式場のスタッフ様にお礼を言ってからお式場を後にしました。

「お祖母様たち、ホテルに着いて休んでるかしら・・」 と考えながら駅に向かって歩いていると
新婦様のお母様からお電話が。

無事についたとのご連絡と、
「急な依頼だったにも関わらず、快くサポートして下さってありがとう。
おばあちゃん2人だったから、ほんとうに助かりました」 というお礼のお電話でした。

お式当日は、とてもお忙しいご両親様。

お祖母様達が安心してお過ごし頂けるのはもちろん、
ご家族の負担も軽くなればいいなと願っていたので、
お母様の言葉はとても嬉しく胸に響きました。

明日には地元に戻られる皆さまを思うと、 少し寂しい気持ちになった私たちでした。

ヒルトン東京ベイ(千葉・舞浜)

imageb

ヒルトン東京ベイにてご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

歩行や動作が不安定(車椅子は使用せず)、耳が聞こえ辛い

当日の内容

11:45   ご自宅へお迎え・お仕度 
12:30   ご自宅出発
13:30   お式場到着
14:30 ご披露宴開宴
17:00 ご披露宴お開き
17:30 お式場出発
19:00 ご自宅到着・お着替えなど

スタッフ後記

スタッフ2名でご自宅へお伺いしました。

お祖母様はリビングで、座って待っていて下さいました。

ゆっくり大きな声で「本日はお孫様のご結婚、おめでとうございます!」

と私たちがご挨拶すると、「どうもありがとう!!」と、とても嬉しそう!

お話が尽きることなく賑やかなお仕度タイム。

お着替え、メイクのお手伝い、ご家族が準備して下さったお荷物の確認などしてから
予約していたタクシーにてご出発。

お足もとが不安定なので、玄関の段差やタクシーに乗るまでの間は、
1名のスタッフが先導し、もう1名のスタッフがお祖母様と腕を組んで移動しました。

 

久々の長時間の外出で少し緊張されていらっしゃるのか、
車移動中は、口数が少なく外の景色をご覧になっているお祖母様。

お声をかけ、景色のご案内をしていると、
お式場に着くころにはお祖母様にも笑顔が戻っていました。

 

imagea(002)

エントランスにご到着。

念のため、事前にホテルの車椅子も確保して頂いていたので、「お乗りになりますか?」

とご本人にお聞きするも「歩くから大丈夫よ」との事でしたので、
お祖母様とスタッフで腕を組んでの移動。

エレベーターに乗り披露宴会場のある2Fへ。

2Fフロアは床が絨毯でしたので、お祖母様がつまずかない様にゆっくり歩く様に心がけました。

受付まで少し時間があったので、2Fフロアのソファーでお話しながらご休憩。

imagea

会場へ向かう前にお手洗いにご案内しました。

お召し物を整え、口紅を塗りなおすお手伝いをしてから披露宴会場へ。

 

披露宴会場のお席へ向かうと、ご家族があたたかく迎えて下さり、
お祖母様も嬉しそうに皆様とお話されはじめました。

 

司会の方の声がお祖母様にはあまり聞こえていない様でしたので、

「これから新郎新婦様のご入場ですよ」などその都度進行を耳元でご説明させて頂きます。

新郎新婦様のご入場の際は、今にも椅子から立ちあがりそうなほど身を乗り出して、

新婦様のお姿を目で追ってらっしゃるお祖母様。

私は、お祖母様が椅子から落ちない様にこっそり支え、
そのお姿に思わず微笑んでいる自分がいました。

お食事はご自分で召し上がれますが、不慣れなナイフとフォークは難しそうでしたので、

お料理を小さく切ったり、
スプーンですくいやすい様にお皿を動かしたりなどのお手伝い。

その間も、引き続き進行をご説明しながら、

プロフィールビデオなどの上映の際は、椅子を動かしご本人が見やすい位置へ。

新婦様の小さい頃のお写真が色々と映し出されると、

「懐かしいわね~!可愛いね~」と

とてもお喜びで、私に満面の笑顔を見せて下さいました。

 

新婦様の中座は、妹様・弟様と三人で。

中座の途中で「おばあちゃん!」と新婦さまが声をかけながらお祖母様の席に寄って下さり、

4人で並んでのお写真。

新婦さまと笑いあっているお姿に私たちも幸せな気持ちになりました。

 

ご披露宴中何度かお手洗いのお声掛けをするも「大丈夫」との事でしたが、

ご披露宴後半の歓談タイムに「ゆっくりご案内できるのは今しかないので」とお声がけし、ご案内。

1名が先導し扉を開けたりしながら、もう1名のスタッフとお祖母様は腕を組んでご移動。

会場を出ると、少し緊張がとけ、ホッとされた表情をされたので、ご案内して良かったと思いました。

少しお疲れも見られたので、私も個室に入ってお洋服の着脱のお手伝い。

お祖母様の新婦さまとの想い出話を聞きながら会場へ戻りました。

 

新婦様の読まれるお手紙も、お祖母様にはほとんど聞こえず、

「なんて言ってるのかしら・・」と、寂しそうなお顔をされたので、

「私がちゃんと聞いているのであとでお伝えしますね」と伝えると
「ありがとう!!」とにっこり。

お開き後、送賓に立たれる皆さまにご挨拶してからタクシーで帰る道中にお伝えしました。

 

ご自宅に到着後、お着替えやお荷物の整理のお手伝いをして退室。

「無事に行って帰ってこられて良かったわ、ありがとう!」と
玄関先まで見送ってくださった笑顔が、いつまでも忘れられません。

 

後日新婦さまより、

「披露宴中、高砂からスタッフさんと祖母が一緒にいる姿が見えて安心しました」

とメールを頂きました。

ご披露宴のまさに最中に、そんな風に思って頂けたことが本当に嬉しくて、

それと同時に、これからも安心して任せて頂くためにもまだまだ努力しなければと、

身が引き締まる思いがしました。

 

 

 

1 / 3123

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation