ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

ホテル ニューグランド(横浜)Ⅱ

IMG_7565

ご状況・ご心配されていた点

ご病気のため、意思疎通が難しい
施設への送迎と挙式の参列

当日の内容

7:15  着替え・ひげそり・朝食介助・服薬確認
8:15  介護施設から介護タクシーに乗車
9:00  ホテル到着
9:10  客室にて、お手洗いの介助
9:30  親族控室 
10:00  親族紹介 写真撮影
10:30 チャペル挙式・フラワーシャワー
11:35 披露宴 乾杯まで
11:45 式場出発
12:30 施設到着 着替え・職員さんへ申し送り
13:00 メッセージで連絡 退室

スタッフ後記

ご新郎のお父様のエスコートでした。

ご新郎より、メールで、介護度5で介護施設で生活していますが、依頼できますか?とのご相談でした。早速、日程を決めて、施設へご挨拶に伺います。

お会いした時、息子様の結婚式について、あまりご存知ではないご様子でした。

ケアマネージャーによると、全介助が必要で、意思疎通は難しいご状態とのことです。ご体調は安定しているので、挙式だけの参列だったら、それほどお疲れはないだろうとの事でした。

結婚式1週間前の打ち合わせで、結婚式当日は、外出にかかわる排泄コントロールをしていただけることになりました。また、当日私たちが訪問するのは、早朝になり、施設職員さんが、かなり忙しい状況とのこと。お父様は眠っているかもしれないので、起床の声掛けは、私たちで行うことになりました。

IMG_7554_R

結婚式当日、部屋へ伺うと、すでにお目覚めで、車いすに座っていらっしゃいました。

顔色も良く、先日と打って変わって、晴れやかな、そして、きりりっとしたお顔で迎えてくださいました。職員さんと、申し送りを行い、朝の薬を受け取ります。

髭を剃り、スーツへ着替えると、素敵な新郎のお父様です。そして、とてもうれしそうです。よかった!!

準備してきた朝食を召し上がっていただき、服薬も終わりました。

施設の正面玄関で、新郎のいとこ様と待ち合わせていたので、少し早めに、ホテルへ向かいました。

IMG_7564

横浜方面に向かう道程、いとこ様の話では、新郎のお父様が車で良く通っていた道、との事でした。お父様は、時折、外の景色に目を向け、少しなつかしそうに、眺めていました。

 

ホテルに到着しました。

時間より、やや早めですが、親族控室の4階へ直行しました。

ちょうどエレベーター前で、奥様・ご親族の皆様とお会いでき、「よくこれたね!!」と歓迎してくださいました。

IMG_0159_R (2)

親族控室

待っている間、さくら湯が振る舞われました。お父様は、花弁が浮いているのを目で楽しんでくださいました。花びらを取り除いてから、とろみをつけ、使い慣れたマグで、さくら湯を楽しむことが出来ました。

IMG_7563

挙式

チャペルへ案内されます。車椅子のまま、脇の通路を通れるように、車椅子の車幅を事前にお伝えしていたので、スムーズに前列へ移動できました。

お父様なので最前列です。本当は、新郎様のお父様なので、左端にお父様はお座りになるのが通常ですが、お母様に座っていただき、その隣にお父様は車椅子着席いただきました。

「皆様、大きな拍手で・・」お父様も、拍手してくださっています。

IMG_7566

写真撮影

新郎新婦とご家族の撮影が多くありました。お父様も嬉しそうです。

 

披露宴

はじめのお打合せで、挙式までで・・・との事でした。体調も良さそうなので、ご家族様のご希望で、乾杯まで参加することになりました。

私がグラスを持つお手伝いした時、お疲れがみえはじめました。少しウトウトしていらっしゃいましたが、乾杯も無事に終わりました。

 

IMG_7555_R

披露宴会場は、ニューグランドでも人気のあるレインボーボールルームで、格調高いお部屋は「横浜市認定歴史的建造物」に指定されていて、本当に素敵でした。雰囲気だけでも味わっていただき、また、ご家族様と一緒の時をより長く過ごせていただけ、わたしたちも幸せでいっぱいでした。

お帰りのお車の中は、ぐっすり眠っていかれました。

ホテル ニューオータニ(東京・千代田区)

日本庭園

ホテル ニューオータニにてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご高齢で車椅子、久しぶりの長時間の外出なので体調や体力が心配

当日の内容

12:15 ご入居先でお着替え、メイクのお手伝い 
13:00 ご入居先出発
14:00 お式場到着
15:30 お式、ご親族紹介
16:00   集合写真
16:30 ご披露宴開宴
19:15   ご披露宴おひらき
19:40 お式場出発
20:40   ご入居先到着   

スタッフ後記

まずご入居先へ伺い、「本日はおめでとうございます!!」とお祖母様にご挨拶をさせていただきました。
「ありがとう!」と、お祖母様は、満面の笑顔に嬉しさがにじみ出ていました。
途切れることなく、ずっとずっとお話をしてくださるお祖母様。
この日をとても楽しみにしてらっしゃったのが良く分かります。
そんなお祖母様の気持ちに引き込まれながら、アッという間の楽しいお仕度タイムでした。

お迎えのタクシーが到着したので、車椅子にお乗り頂き、玄関まで移動しました。
タクシー手前で車椅子を降りて頂き、スタッフ1名がお祖母様の身体を支え、もう1名が頭をぶつけない様に頭に手をあて、タクシーにお乗り頂きました。
タクシーのトランクに車椅子を積んでお式場へ出発です。

ザ・メイン 1階(宴会場階)正面玄関車寄せ 
お式場に到着し、宴会場入口から中へ。
1時間以上の長い車移動だったので、到着後すぐお手洗いへご案内しました。
多目的トイレ(ザ・メイン1階「芙蓉」横)②
お祖母様は小柄で床に足がつかないので、お身体を支えながらお手伝い。
お召し物を整え、口紅を塗り直してからB1Fのご親族控え室へお連れしました。

すでに何人かご親族がいらしていて、お迎えしていただきました。
皆様とてもお忙しく、また初めての場所のためか、お祖母様は、少しご不安そうなお顔になられました。じっと私達スタッフの顔を見つめて手を握り、「あなた達もまだいるわよね・・」とおっしゃいます。
私達はお祖母様の手を握り返しながら「お家に帰るまでずっと一緒ですよ!」とお答えすると、ホッとされたご様子になり、それからゆっくりと美味しそうに桜湯を召し上がりました。

間もなくして、ご家族や新郎様がいらっしゃると、お祖母様を囲んで写真撮影。
最初は緊張で固い表情のお祖母様でしたが、新郎様が両手でお祖母様のお顔に触れながら「おばあちゃん、ありがとうね」と仰ると、お祖母様の表情がなごみ、自然な笑顔が戻りました。

お控室からご両家ご家族が列となって、挙式会場の幸福殿までご移動。
神殿入り口(ザ・メインアーケード階)

 神殿内(ザ・メイン アーケード階)
お祖母様は車椅子のため、階段上のご親族席ではなく、階段下の一番前にご案内しました。
私達スタッフも最前列でお祖母様と並んで参列させて頂きました。
お式中は、新郎様を目で追いながらも、時々横にいる私達に微笑んで下さるお祖母様。
私たちにとって、とてもうれしい、印象的な表情でした。

ご披露宴会場は1つ上の階の「鳳凰の間」にて。
「鳳凰」内(ザ・メイン1階)③ 
窓からは、日本庭園が望める素敵な会場です。

日本庭園②

 

 

 

 

 

 

お祖母様を車椅子のままお席にご案内し、私達スタッフはお祖母様の両サイドに座らせて頂きました。

「もうすぐ、○○様(新郎様)が入場されますからね!」とお声掛けすると、「あら、どこから来るのかしら!?」と嬉しそうに会場中を見渡していらっしゃいます。
入場口の方へ車椅子を向け待っていると、新郎新婦様がご入場!

お祖母様も身を乗り出して手を叩いてお2人をお迎えです。
目の前を新郎新婦様が通っていく時、お祖母様が新郎様に声をかけると、新郎様もお祖母様の前で立ち止まってニッコリ。
新郎様の優しさとお祖母様の嬉しそうな表情が、会場も私達の心も、一瞬にして幸せな空気で満たしてくれた様な気がしました。

お食事中は、お料理の説明をしながら、お料理を小さくカットさせていただいたり、お飲み物をお勧めしたりなどのお手伝い。
新郎様の中座の時のエスコートを、お祖母様が担当されることになっていたので、お祖母様にそのことをご説明し、お召し物を整え、お口元を綺麗に整えてスタンバイ。
お祖母様の名前が呼ばれ、スポットライトがあたったので、スタッフ1名が車椅子のお祖母様を高砂の新郎様のお席までご案内しました。
新郎様は、お祖母様の両頬に手をあて、笑顔でお迎えしてくださいました。

中座は、新郎様がお祖母様の車椅子を押して下さることになっていたので、私達は一足先に入退場の扉の外で待機しました。
スポットライトに照らされ、扉の外に出てこられる笑顔のお2人を、私達も笑顔でお迎えしました。
その時のお祖母様の誇らしそうな、愛おしそうな表情は、最高に素敵でした。

「新郎様とお祖母様、お2人とも素敵でしたよ~」
とお声をかけると、
「そう?」と少し恥ずかしそうに笑ってらっしゃいました。

ご披露宴お開き後、ご入居先へ到着する頃にはすっかり夜になっていました。
早々にご入居先のスタッフ様にお引継ぎし、私達はご挨拶して退室。

「今日は長い時間本当にありがとう!」
「また会いに来てね!」

と、私達の手を握りながら笑顔のお祖母様。
一日ずっとお世話をさせていただいたお祖母様と離れるのが、何だかとても寂しくなった私達です。

ホテル ニューグランド(横浜)

img_1507-1

ホテル ニューグランドにてお式のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

足が悪く車椅子をご利用。また、ご不安になりやすいので心配。

当日の内容

13:00 お花をお持ちし、ご入居先へご訪問、ご準備
13:30 ご出発
14:30 式場到着
15:00 ご親族紹介、写真撮影
16:00 挙式 フラワーシャワー 
18:00 ご入居先へ

スタッフ後記

昨年の新婦様のご結婚式の際にもお手伝いさせて頂き、
今回が二度目のケアエスコートでした。

「当日、おばあちゃんから新郎へ、お花のプレゼントをさせてあげたい」との
ご家族のご依頼があったので、ブーケをご用意し、ご入居先へ向かいました。

車椅子に座ってらっしゃるお祖母様にご挨拶すると、
「いらっしゃい。今日はどうしたの?」
と私たちの顔を不思議そうに見てらっしゃいます。

ブーケをお見せしながら、
「今日お孫様がご結婚されるので、このお花を一緒に届けに行きましょう」とお話しすると、
「あら、そうなの?これから?」と少し驚かれたご様子。

お孫様やご家族も式場で待っていること、
私たちがお帰りまで一緒にいることをお伝えすると、
お祖母様にも笑顔が見られました。

お部屋へ戻り、お着替えとメイクのお手伝い。
ご準備の間も「私、何もわからなくて・・・」と仰るので、
お部屋にあるご家族写真をお見せしながら
「こちらのお孫さんのご結婚式ですよ、皆様お待ちですよ」と
ご安心頂けるようにお話しします。

ご入居先のスタッフの方々に「いってらっしゃい」と見送られると
お祖母様も「行ってきます!」と嬉しそうに答えてらっしゃいました。

お式場へ向かう介護タクシーのでは、
ご不安にならないよう、できるだけお祖母様に
お話しかけるように心がけました。

車の窓から見える景色や故郷の事、
子供のころのお話しなどお聞きしているうちに、
お祖母様のお気持ちもほぐれてきたのか
「なんだかワクワクするわね、楽しみね」とにっこり。

お式場に到着。
車椅子用お手洗いは1階にしかないため、お手洗いへご案内してからお控室へ。
ご家族様に迎えられ、お祖母もホッとされたご様子。

img_1495-1

1年ぶりにお会いするご家族の皆様は、とてもあたたかくて、
私までなんだかホッとしました。
小さな赤ちゃんがいらしていて、
お祖母様は赤ちゃんの手を握ったり、
顔をのぞき込んだりと可愛くて仕方ないご様子。

img_1498-1

ご家族様の和やかなお時間を邪魔しないように、
私たちは少し離れたところで待機。
ご親族紹介のため、新郎新婦さまもご入室。
ご家族の合図でお祖母様にブーケをお渡しし、車椅子を押し新郎様のもとへ。

「新郎様にこのお花差し上げて下さいね」と小声でお祖母様にお伝えし、
私もお祖母様と一緒にブーケを持ち、新郎様へお渡ししました。

新郎様がお祖母様の手を握って、笑ってらっしゃいました。

「お祖母様からのプレゼント、新郎様、喜んでくださってる!」
私たちスタッフ二人、顔を見合わせ、おもわず喜んでしまいました。
もちろんこっそりと。

チャペルでは、車椅子のまま通路の一番前へご案内。
挙式が始まるまで、私たちはお祖母様のそばに付き、ご様子を伺っていました。
挙式が始まるタイミングで、私たちは二つ後ろのお席に座り、お祖母様をお見守り。

img_1507-1

ご様子を伺いながら、時々静かに前へ行き、
見えやすい用に車椅子の向きを変えたりなど。
お式のみのご出席でしたので、ご家族の皆様にご挨拶し、1階へもどります。

「皆は一緒じゃないの?一人で帰るの?」と急にご不安そうなお祖母様。

「皆様は後からいらっしゃるのでご安心下さいね。それまで私たちが一緒にいますからね」
と、お伝えすると、ご安心されたご様子。

お手洗いへご案内し、介護タクシーでご入居先へ。

「帰りの車の中でおばあちゃんと食べてね」と
ご家族が下さった、お菓子とジュースの入った袋を開けると、
新郎新婦様からお祖母様にあてた、1通の手紙が入っていました。

お祖母様にお渡しすると、早速封筒から出し、声に出して読んでらっしゃいます。

本当に嬉しそうに何度も何度も読まれては、
「優しい子なんだよ、この子は」と、やさしいやさしいおばあちゃんのお顔。

ご入居先に到着するまで、お手紙はずっとお祖母様の手の中にありました。

ご入居先へ到着後、お部屋でお着替えのお手伝い。

久しぶりの長時間の外出でしたが、
お疲れのご様子もなくとても穏やかな表情でした。
新郎新婦様からの大切なお手紙は、いつでもご覧いただけるようにお部屋のタンスの上に。

既に夕食のお時間でしたのでお祖母様を食堂へお連れし、ご入居先を後にしました。

今日のこの幸せな日の想い出が、いつまでもお祖母様の心の中に残りますように。

美味しそうにお食事を召し上がっているお祖母様のお姿を遠目に見ながら、
去年の帰り道と同じ事を願っていました。

1 / 11

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation