ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

ソシア21(神奈川・新横浜)

外観

ソシア21にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子での移動や当日のお世話が家族だけでは難しい、長時間なのでお疲れにならないか

当日の内容

9:30 ご入院先へお迎え 

10:00 ご入院先出発

11:30 お式場到着

    お着替えなどのお仕度

14:45 親族紹介、挙式

15:15 集合写真
15:45 ご披露宴開宴
18:15 ご披露宴おひらき
19:00 お式場出発
20:30 ご入院先到着

    お着替えやお休みの準備後退室

スタッフ後記

ご入院されている病院にお迎えにあがると、お父様はちょうどお着替えをされている途中でした。
ベッドにお座りになる姿勢が不安定だったので、
私達スタッフの1名がお体を支え、もう1名がお着替えのお手伝い。

「立つことは難しいかもしれない」と、事前のお打ち合わせでお伺いしていましたが、
ベッドの手すりをつかまると、何とか立つことができ、安心しました。

実は、
「お開きの時間まで長いので、お父様の体力が持たなくなった時」
「途中で具合が悪くなった場合」
「立てない状態の場合の準備と場所の確保」など、
いろいろと事前に、検討して用意していました。

通常は2名体制ですが、万全を期するために、男性スタッフも参加させていただきました。

外観   1Fロビー

介護タクシーはお式場の正面玄関に到着。

 

4Fザ スタイル    

モーニングへのお着替えは、4Fの特別に用意していただいたお部屋を使わせて頂きました。

 

4Fザ スタイル内ソファ②

開始時間よりも早く着いたので、車いすからソファーへご案内し、
軽食を召し上っていただいたり、少しお休み頂いたりしました。

最初はなんだか緊張しているご様子のお父様でしたが、
冗談を交えてスタッフに色々なお話を聞かせてくださいます。

ご自分のご病気の話、スポーツの話、ご家族のこと、当然、お嬢様の話も沢山!
冗談を交えて話してくださったこの時間が、お父様と私達スタッフとの距離が縮まった瞬間でした。

ご親族紹介・・そして、いよいよ挙式です。

教会外観   

挙式は別棟にある教会にて。車椅子のまま、お父様を一番前のお席へご案内しました。

教会入口

教会最前席②    

バージンロードを歩かれるお嬢様を見た瞬間、お父様は車椅子から自力で立ち上がられました。
私達は急いで、後ろからしっかり支えます。

「・・・」

声にならず、背中のまるくなったお父様は、感激のあまり大粒の涙を流していました。

大きな背中が小刻みに震えていました。

4Fザ ウィング(披露宴会場)内③    

ご披露宴では、「(入院中で)お酒飲めないけど、飲んじゃおうかな~!」
と終始冗談をいいながらのお食事。

お料理は、ご自分でほとんど召し上がっていましたが、お肉を少しだけカットして差し上げたり、
遠くのパンを手元に寄せたりと少しだけお手伝いをしました。

ご披露宴の途中、ご新郎様のご家族にお酌をしたいとのご要望があり、お父様を車椅子でご案内。
「よろしくお願い致します」  ご新郎様のご親戚にも丁寧にご挨拶されていました。

また、ご自分で用意されたデジタルカメラで、
お嬢様の登場シーンやケーキカット、ファーストバイトなどの写真を撮るため、
会場内をご案内しました。

4Fザ ウィング(披露宴会場)内②

何度も何度も、嬉しそうに、楽しそうに、シャッターを押すお姿がとても印象的に残っています。

お開きまで、にぎやかに、そしてご家族・ご親戚との時間を楽しまれているご様子でした。

 

お嬢様の感謝のお手紙の際には、再び腕の力を振り絞り、車椅子から立ち上がられました。
私達スタッフもしっかりとお背中を支えます。

お父様は大粒の涙を流していましたが、最高のうれし涙でした。

お帰りは再び介護タクシーにて。最後までお疲れの様子はなく病院まで戻られました。

お着替えをお手伝いし、再びベッドへ。

「ありがとう、あなた達の名前ここに書いていってよ」

そうおっしゃって、くつろいでいるお父様のサイドテーブルの名刺に名前を記し、
デジタルカメラをそばに置き、ご挨拶をして退室。

一日あっという間でしたが、お父様の笑顔を、沢山のうれし涙を見ることができて、
私達スタッフにとっても本当に感激の一日でした。

IMG_4554

後日、とっても素敵なお手紙と、おいしいお菓子を頂戴しました!!
スタッフ全員感激です!!
本当にありがとうございました。

IMG_4558 (2)

セント・ラファエロチャペル銀座(東京・銀座)

チャペル内③

セント・ラファエロチャペル銀座にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご高齢で車椅子、お手洗いの心配、当日は家族が忙しくお世話ができない

当日の内容

12:00 お式場でお待ち合わせ 
      お着替えなどのお仕度
15:15 ご親族紹介、集合写真
15:45 挙式
16:30 ご披露宴開宴
18:45 ご披露宴おひらき

19:30 お帰りの車にお乗り頂きお見送り

スタッフ後記

お手伝いさせて頂いた新婦様のお祖母様は、
お孫様の結婚式に出席する事をずっと迷ってらっしゃいました。

新婦様のお母様からケアエスコートのお申込を頂いたのは夏。

「出席したい」「式だけ出られればいいわ・・」「ご迷惑になるからやっぱり欠席で」

お申込を頂いてからも、お祖母様のお気持ちは揺れているご様子。
新婦様のお母様もどうしたら良いか・・と、悩んでらっしゃいました。

 

お式の約1ヶ月前、
新婦様のお母様とお祖母様にお会いしにご自宅へ。

明るい声と笑顔で迎えて下さるお母様とは反対に、
静かに椅子に座られ小さな声で挨拶をして下さるお祖母様。

出席することは決めたけれど、表情は少し曇っているような。

 

お打合せでは、新婦様との想い出やお祖母様のお生まれ、
ご家族の事なども話題にしながら進めて行きました。

お身体のことやご体調、ご不自由なこと、何が一番ご不安か、
などお伺いしているうちに、体力や体調のご不安、お手洗いの心配などはもちろん、
ご家族や周りのゲストの方に助けてもらいながらのご出席を
とても気にされていることが分かりました。

「当日は私達が常にお側にいて、
 お手伝いさせて頂きますのでご安心くださいね」
「お困りごとやご希望はご遠慮なく仰ってくださいね」

お打合せ中、何度もお伝えした言葉。

お打合せが終わる頃には、
私達とお祖母様の距離も少し縮まって、
表情も柔らかく口数も増えたように感じられたけれど、
やさしくて気を遣って下さるお祖母様だから、本当のお気持ちは分からずで。

 

でも、後日頂いた新婦様のお母様のメールには、
「スタッフさんがわが家へお越し頂いて、母はすっかり安心した様子です。
 当日をとても楽しみにしています!」
と、お祖母様の嬉しいご様子を教えてくださいました。

私達が事前にお会いするのは、
お客様のお身体のご状態を確認したり、
当日の流れやご要望等お聞きすることはもちろんですが、
お顔をあわせて、お話をすることに意味があると思っているからです。

お会いして、お客様の声から、表情から、動きから、
初めて感じ取れるお気持ちがあるからです。

楽しみな気持ちはより楽しみに、
ご不安やご心配は少しでも軽くなるように。

時には、「大丈夫、出席できますよ」と、背中を押す最後の一手になれるように。

それがお会いする意味でもあるんだと、
新婦様のお母様のメールを見ながら、改めて実感しました。

 

お式当日、本当に嬉しそうな笑顔で新婦様のお姿を見つめるお祖母様が、
今でも私達の目に焼き付いています。

 

外観・門 

お式当日、私達がお式場入口でお待ちしていると、
新婦様のご両親とお祖母様の3名が乗った介護タクシーがご到着。
車から降りてくるお祖母様は、やっぱり少しだけご不安そう。

 

私達は笑顔でご挨拶し、美容室の予約時間までは、2Fのお控室でお話をして待ちました。

2Fエレベーター前廊下 

控室②

新婦様のお話になると、とても嬉しそうで、
時おり涙ぐまれてはハンカチで目元を拭われるお祖母様のお姿に、

「今日お祖母様がご出席出来て本当に良かった・・・・」と、
私達はすでに胸がいっぱいでした。

美容室へご案内する前に1Fの多目的お手洗いへ。

1F車椅子トイレ

最初の一歩の足が出にくいので、車椅子をお手洗いギリギリまでつけてご移動をお手伝いしました。

美容院でのヘアセット後は更衣室にてお着替え。

広い更衣室入り口

お着替えをしながら、
「そのヘアスタイル、とっても素敵ですよ!」「よくお似合いです!」と私たちがお声掛けすると、

「そう?ありがとう」と鏡を見ながら嬉しそう!

ご不安な表情はいつしかなくなり、明るい笑顔が見られました。

 

ご親族紹介、お写真ともお控室の隣にあるチャペルにて。

チャペル入り口(内側)

チャペル内

 

チャペルでは車椅子からお椅子へご移動。

私達スタッフは後ろで待機していましたが、全員起立する場面ではお祖母様も立とうとされるので、
そっと近くに駆け寄りお身体をお支えしました。

 

本当にお幸せそうな新婦様の笑顔は、お祖母様にとって、どれだけ嬉しいものだったか。

お式中何度となく目元を拭われるお祖母様の後ろ姿を見ていると、それがとても強く伝わってきました。

 

ご披露宴は、1Fの会場にて。

披露宴会場② 

披露宴会場①

車椅子のままテーブルのお席へご案内。

私達スタッフは少し離れた場所でお見守りしながら、
お皿やカトラリーを食べやすい位置に動かしたり、お薬を飲んで頂いたりなどのお手伝いや、
こまめにお声掛けし、より楽しんで頂けるような会話づくりを心がけました。

プロフィールビデオをご覧になりながら、新婦様の懐かしいお写真が写るたび、
お顔が綻ぶお祖母様を見ていると、私達もとてもあたたかい気持ちになりました。

 

1F送賓スペース②

ご披露宴のお開き後、新婦様から「おばあちゃんと写真が撮りたい」とのご希望が。

新郎新婦様の真中にお祖母様をご案内すると、
車椅子のお祖母様にあわせて新郎新婦様も腰をおろして下さいました。

「おばあちゃん、今日は来てくれてありがとう!」

少し恥ずかしそうなお祖母様でしたが、この日一番の、とても優しい笑顔が見られて、
新婦様もとても嬉しそうでした。

 

お帰りの車をお見送りする頃には、あたりもすっかり暗くきっと寒かったはずなのに、
幸せな余韻があったかくしてくれた帰り道でした。

 

後日新婦様のお母様から、

「ケアエスコートさんは、本来私が母にしてあげたかった事をして下さって、とても有難かったです。
申し訳ない気持ちでしたが、今日は甘えちゃえ、と思ってお任せしました。
おかげで母も喜んでいたし、私も安心して過ごせました!」

と嬉しいお言葉を頂戴しました。

お手伝いさせて頂くご本人に寄り添ったケアをするのはもちろん、
ご本人を想うご家族様のお気持ちもしっかり汲み取ることの大切さを、
改めて実感致しました。

ご結婚式は人生の中でも特別幸せな日だから、どなた様も何の心配もなく、
幸せなお気持ちだけ一杯に過ごして頂きたいです!

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ(神奈川・横浜)

外観

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズにてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

お祖父様:車椅子、手のお力が弱く、お手洗い、お食事などお手伝いが必要
お祖母様:寝たきりで車椅子、ご気分が変りやすい

当日の内容

お祖父様
9:00 ご入居先でのお仕度
9:20 ご入居先出発 
10:10 ホテル到着
11:10 ご親族紹介 
11:30 挙式、集合写真
12:30 ご披露宴開宴
15:00 ご披露宴おひらき
16:30 ご入居先到着、お着替えなど

お祖母様  

10:00 ホテルでお待ち合わせ、
     お部屋でお支度
11:10 ご親族紹介 
11:30 挙式、集合写真
12:30 ご披露宴開宴
15:00 ご披露宴おひらき
16:00 お部屋でお着替え
     車にお乗りいただきお見送り

スタッフ後記

2F入り口

お祖父様、お祖母様の、お2人でのご出席でしたので、 スタッフは3名でお手伝いさせて頂きました。ホテルのお部屋でお祖母様のお仕度を終え、控え室に向かうと、 ちょうどご入居先からお祖父様もご到着されました。

1Fロビー照明

1Fロビー⑤

お祖父様、お祖母様の車椅子を並べてお停めすると 息子様が近くにいらっいました。 お祖父様の頬に手をあて「お父さん、かっこいいよ!」と嬉しそう。 それまで緊張気味だったお2人の表情にも笑顔が見られました。

新郎新婦様がお控室へ入って来られると、 お祖父母様は顔を上げて新婦様をじっと見つめてらっしゃいます。 口数の少ないお2人だけれど、 「お孫様とってもお綺麗ですね!」とお声掛けすると、 うん、と頷かれ、幸せそうに新婦様を見守ってらっしゃいました。

5F楓の間②

挙式会場の神殿へは、お祖父母様とも車椅子のままご案内。 私たちスタッフは、お2人の後ろに並んで座り待機。

挙式中は、特にお祖母様のご様子をこまめに確認し、 ご気分が変わりそうな様子の時は、 「お孫様はあちらですよ」「あともう少しで終わりますよ」など 小声でお声掛けしていました。

 

ご披露宴までの時間は、 2名のスタッフでお祖父様のお手洗いのお手伝い、 1名はロビーでお祖母様とお話しながら過ごしました。
ご披露宴では、お祖父様・お祖母様の隣りにそれぞれスタッフが1名ずつ座り、お手伝いしました。

5F車椅子トイレ

ご披露宴開宴の頃には、お祖母様はだいぶお疲れのご様子でしたが、 それでも新郎新婦様が入場されると、 手元で小さく拍手をされていました。
お祖父様はスタッフと話しながら、 とても楽しそうに手を叩いてらっしゃいました。

お祖父様には、お料理を小さくお切りしたり、 つかみにくいお料理をスプーンやフォークにお乗せしました。お祖母様はとても小食なので、 食べられそうなお料理をごく小さくお切りして、お口まで運ぶことなどお手伝いさせて頂きました。

途中、お祖母様にかなりお疲れのご様子が見られたので、 「ご休憩されませんか」とお声掛けし、 スタッフ2名が付き添いホテルのお部屋へ。 (残りのスタッフ1名は会場に残り、お祖父様のお手伝い)
フォーマル着から私服に着替え、ご披露宴おひらきまでお休み頂くと、 少し楽になられたのか、表情が和らぎました。

客室廊下

「今日は、行けるとは思ってなかったから、少しでも出席できて嬉しいわ・・・」
不意に出たお祖母様の一言で、何だか胸が熱くなりました。

お祖父様は、ご披露宴のお開きまでご出席する事ができました。エンドロールのビデオでは、 新婦様の小さい頃のお写真が出ると、 「○○ちゃんだ!!」ととても嬉しそうにご覧になっていました。

1Fロビー④

お祖父様、お祖母様の介護タクシーがそれぞれホテル正面玄関に到着。 息子様とお祖母様を乗せた介護タクシーが発車すると、 車の中から手を振って下さってるお祖母様の姿が見えました。

「もっと疲れないような工夫ができたのでは・・」
「本当は会場で最後までご覧になりたかったのでは・・」
私達の中で、もっと、もっと、という気持ちがありました。でも、 手を振るお祖母様の姿がそのモヤモヤを消してくれたような気がしました。

お祖父様とスタッフ1名の乗った介護タクシーも手を振って見送りました。 そのお姿を見ながら、お祖父様もお祖母様も、揃って無事にご出席できたこと、喜んでいただけたことで、安堵と嬉しさが、 こみ上げてきました。

そこにいて欲しい人がいる結婚式。 色々な事情で叶わないこともあると思うけれど、 諦めて欲しくないな、と切に思った一日でもありました。

 

1Fオブジェ

セント・マーガレット ウェディング(千葉・柏)

IMG_3009

セント・マーガレット ウェディングにてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご高齢で、歩行にご不安と、式場で迷われてしまうことをご心配。

当日の内容

9:00   お式場でお待ち合わせとメイク 
9:40   ご親族紹介、集合写真
10:00 挙式・ガーデンセレモニー
11:00 ご披露宴
13:15 お開き・ご帰宅の準備
16:00 ご自宅へお送り

スタッフ後記

%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%ef%bc%91%e9%9a%8e%ef%bc%89-1

お式場の入り口でお祖母様をお出迎えしました。
スタッフ二人でお祖母様のお身体を支えながら、ゆっくりと車から降りて頂きました。

まずは、親族控室へご案内。

既にお集りのご家族様にご挨拶してから、更衣室にてメイクのお手伝い。
髪を整え、真珠のネックレスと指輪を着けてから、受付、そしてチャペルへ

IMG_3006

挙式の際は、車椅子からお降り頂き、チャペルのお椅子へご移動。

IMG_3007

車椅子を通路の壁に寄せて置き、お祖母様にお膝かけをおかけしてから、私たちは後ろの席で待機。

挙式後は外のガーデンにてフラワーシャワー。
車椅子でもよく見えるようにと、式場のスタッフ様が一番前へお祖母様をご案内くださったので、
お祖母様もとてもお喜びでした。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%9a%e3%83%ab%e5%a4%96%e9%80%9a%e8%b7%af-1

 

お手洗いへご案内してから、ご披露宴会場へ。
車椅子からお降りになり、会場のお椅子へご移動。

私たちはお祖母様のお隣と前にそれぞれ座らせて頂き、
ご披露宴が始まるまで、お話をして過ごしました。

IMG_3011

 

司会の方のアナウンスがあまり聞こえていないご様子でしたので、
「もうすぐ始まりますよ」
「あちらから新婦さまがいらっしゃいますよ」
と耳元でご案内。

お祖母様も新郎新婦様を笑顔と拍手で迎えられ、ご披露宴の開宴です。

お食事は、見守りさせていただきながら、ある程度ご自分のペースで召し上がり、
召し上がり方に迷うお料理の時に、お手伝いさせて頂きました。

ケーキカットの際は、お祖母様の手を引き一番前のスペースへ。
新婦さまもお祖母様に気づかれて「おばあちゃん!」と
嬉しそうな笑顔で声をかけてらっしゃいます。

%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e2%91%a1-1

歓談タイムでは、お祖母様が新郎新婦様の真ん中に座られてお写真の撮影。

新婦様のお近くがよほど嬉しくていらっしゃるお祖母様、
お写真が終わってもずっとその場を離れようとされません。

新婦様も思わずわらってしまうお祖母様のそんなお姿を、
ご家族も周りのゲストの方も私達もそっと見守り、
会場はあたたかい雰囲気に包まれました。

IMG_3010

頃合いを見計らって、「そろそろお席へ戻りましょう」とお声をかけに行き、
再びお祖母様の手を引いてお席へ戻りました。

お席に戻ってからもずっとお幸せそうなお祖母様のお顔を見る度、私達も嬉しくなりました。

ご披露宴のお開き後は、更衣室にてお着替えのお手伝い。

お手洗いにご案内してからタクシーにて一緒にご自宅へ。

久しぶりの長時間の外出で少しお疲れのご様子でしたので、
タクシーからお部屋まではお身体を支えながらのご移動。
お祖母様をお部屋までお連れしてから
お荷物運んだり、整理したりのお手伝い。

ベッドに腰かけてらっしゃるお祖母様にご挨拶すると、
「今日はありがとうね。おかげさまで無事行って来られました」と
ご安心されたように穏やかな口調で仰ってくださいました。

「ありがとう」は一番うれしくて、ホッとする言葉。
そして、私たちの方こそ「ありがとうございました」と心から思います。

涙が出るくらい、こんなに幸せな気持ちにさせて頂いているのですから。

IMG_3008

ザ・コルトーナシーサイド(東京・台場)

%ef%bc%94-1

ザ・コルトーナシーサイド台場にてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、ご病気で長時間の外出でお疲れにならないか心配

当日の内容

7:15  ご自宅へ訪問、準備
7:50  ご出発
9:30  会場へ到着
9:45  ご親族紹介、写真撮影
10:30 挙式、シャンパンパーティー 
11:30 ご披露宴会場のお席にご案内し退室

スタッフ後記

朝の早い時間でしたが、私たち2名がご自宅にお伺いすると
すでにお着替えは終えられていました。

「本日はおめでとうございます!!」のご挨拶のあとは、
朝の大事なお薬を飲まれたか、補聴器やお薬をお手荷物の中に入れたかのお声掛け。

普段からご自分でお化粧をされているお祖母様ですが、
少し目が見えにくいこともあり、この日はお手伝いさせて頂きました。

「孫の結婚式だから」と前日、娘さまに塗ってもらったというピンクのマニキュア。
指先のピンクが目に入るたび、
お祖母様のうれしさやお孫様への愛情が感じられて
私たちもあたたかい気持ちになっていました。

手すりに捕まって頂きながら、ゆっくり歩いて頂き、
玄関で車椅子へお乗り頂きます。
エレベーターで下り、介護タクシーにてお式場へ。

お式場に到着し、お打ち合わせ通りプランナーさまにご連絡。
車の到着場所までお迎えに来ていただき、
他のゲストの方とは違う車椅子用のルートを通っていきました。

お控室に向かう前に、お手洗いへご案内。
個室には車椅子が入らないので、
入るところまで車椅子を入れ、
お祖母様の手を取り、ゆっくり歩いて頂きながら
お手伝いさせて頂きました。

お控室に入るとすでにご家族・ご親族の方がお揃いで
お祖母様を迎えて下さいました。

%ef%bc%92-1

挙式用の羽織物のお着替えのお手伝いをし、
熱い桜湯をゆっくり召し上がって頂きます。
新郎新婦様のプロフィールを一緒に見ながらお話させていただきました。

ご親族紹介の際は、お母様のお隣りへ車椅子をご移動。
私達は入り口の脇でお見守りしました。

お子様の紹介がされるたび「あら、可愛い~」とお仰るお祖母様の言葉に、
ご両家皆様の笑い声。
その場の緊張がゆるみ、空気が一気に和やかになりました。

写真撮影のため、お祖母様の手を取り、車椅子からお椅子へ移動。
お洋服やお足もと、髪の毛を整え、お写真に備えます。

新郎新婦様が入室。お祖母さまは身を乗り出して新婦様を見つめてらっしゃったので、
お写真後、新郎新婦様のもとへお祖母様をお連れしました。

挙式の時間も迫っていたので、
「おめでとう!」「おばあちゃん、ありがとう」と手と手が触れながら
お2人の幸せそうな表情を拝見しました。

お控室から同じ階にあるチャペルへのご移動。
チャペルのお席の前までは車椅子でご案内、
そこで車椅子を降りて頂きチャペルの椅子へご移動。

一段段差になっているので、腰を両手で支え、段差を上がって頂き、
お席に完全に座られてから手を放しました。

挙式中、私達スタッフは、チャペル外で待機することになっていたので
車椅子を持ってロビーで待機。

1-1

挙式後、車椅子を押して、再びお祖母様のもとへ。

「お式はおいかがでしたか?」

「本当に素敵だったわ~!!!」と最高の笑顔でお答えくださいました。

挙式後はエレベーターでご披露宴会場へ移動。
会場への入り口には階段が2段あるので、
私達スタッフ2名と式場のスタッフ様と3名で車椅子ごと抱えあげました。

ご披露宴までは、テラスでパーティーが開かれましたが、
風も強く寒い日でしたので、お祖母様とご家族様にご希望を伺い、
室内からご覧頂くようにしました。

室内からだとあまり見えないかな、と心配をしていたところ、
式場のスタッフ様が、新郎新婦様のご入場を一番近くで見せて下さったり、
カーテンを開けて外のパーティーを見せて下さったりと
様々な配慮をして下さったので、お祖母様もとてもお喜びでした。

皆様がご披露宴会場へ移動されてこられるタイミングで
お祖母様も車椅子から会場のお椅子へ。

用意していた足置きに足を乗せて頂き、
お食事しやすい様に椅子の位置やお身体の向きを調整します。
お膝かけをおかけし、車椅子を畳んで隅の方へ置きました。

%ef%bc%95-1

退出のご挨拶をし、「本当にありがとう」と皆様のあたたかいお言葉に見送られて、
ご披露宴が始まる前に会場を後にしました。

お祖母様自身そして、ご家族も、ご体調によっては、
ご披露宴の途中でお帰りになる事も考えていらっしゃいましたが、
後ほど、お開きまで楽しくご出席されたと
新婦様のお母様よりご連絡頂きました。

「あんなに楽しみにされてたから、お開きまでいられて本当に良かった!」と
ホッとすると同時に、
「素晴らしい披露宴だったよ~!」とおっしゃるお祖母様の満面の笑顔が
目に浮かぶようで、私たちも本当に幸せな気持ちになりました。

1 / 212

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation