花嫁アンテナ

ウェディング?マリッジ?言葉の違い その2

2015.10.29
考える女性

最近ではウェディングのほかにブライダルという言葉も一般的に使われるようになってきました。

またマリッジリングなど、マリッジという言葉もよく聞きます。

それらは英語での婚礼を表す言葉ですが、実は言葉に含まれるニュアンスが微妙に違うのです。

”ブライダル”は結婚や結婚式関係

ブライダルは、bride(花嫁)から派生した言葉で、結婚や結婚式関係全般を指します。そのため、”ブライダル業界”や”ブライダルビジネス”として使われることが多いです。

”ウェディング”は結婚式当日

ウェディングは古い英語で結婚するという意味がある”wed”の名詞形の形であり、主に結婚式当日の出来事を指します。

”マリッジ”は結婚してから結婚生活も含む

マリッジはmarryの名詞形で、結婚してから結婚生活まで含み、いわゆる結婚というものを大きな概念でくくった意味を持ちます。

微妙なニュアンスの違いですが、覚えておくことで会話が弾むよいきっかけになるかもしれません。

花嫁アンテナ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation