スタッフブログ

深大寺に初詣。遥か昔の恋物語のあるお寺で、仏前結婚式もいいかもしれない。

2019.01.02

2019年、明けましておめでとうございます。

ケアエスコートの竹森です。

2019年は平成最後の年であり、新しい元号の年でもあります。これを機会に結婚式を行おうと考えていらっしゃる方もいるのでは?結婚式はしない、無駄・・という方も多い昨今ですが、私たちがお手伝いしたお式の方々は、皆さん、「本当に良かった。感動した!」とおっしゃっています。一生で大切な節目の行事です。新年に家族と考える方も多いようですね。

さて、平成31年の新年は、私は深大寺に初詣に行ってまいりました。深大寺のある東京都調布市は、ケアエスコートの事務所のある武蔵野市の隣りの市です。周囲は東京とは思えないほど、緑が多く、特に深大寺周辺は、うっそうと木々が茂っています。

IMG_3776_R

IMG_3777_R

普段、よく散策に訪れる深大寺界隈ですが、深大寺蕎麦でも有名で、蕎麦屋さんが軒を連ねています。また、「ゲゲゲの鬼太郎」で有名な漫画家水木しげるさんの第2の故郷と言われ、最近では鬼太郎グッズの売っている店などもあります。調布市では、ただいまクラウドファンディングで「鬼太郎ひろば」を作る予定らしいです。寄付金募集期間 平成30年12月3日午後1時から平成31年1月31日まで

調布市名誉市民・水木しげるさんは、50年以上調布市にお住まいになり、「ゲゲゲの鬼太郎」や「河童の三平」、「テレビくん」など、数々の名作は調布で生まれました。

そんな“水木マンガの生まれた街 調布”で、水木プロダクションの協力もいただき、新たに(仮称)鬼太郎ひろばをつくることとなりました。京王線調布駅から西調布駅間の鉄道敷地の一部(約1800平方メートル)を活用して、「ゲゲゲの鬼太郎」など水木作品に登場する妖怪やキャラクターのオブジェ・遊具を設置し、水木作品のファンの皆さんをはじめ、市内外の多くの方々に親しまれる公園として整備します。(平成31年完成予定)

調布市では公園整備費の一部を調達するため、この公園の整備に対して、ふるさと納税制度を活用したクラウドファンディングを実施します。

調布市HPより引用

また、深大寺のそばには、神代植物園湯守の里という天然温泉があります。

この温泉は、温泉の水はコーヒーのように茶色。露天風呂には風水の方角が書いてあり、縁起を考えながら楽しむのもいいです。

ただ、初詣に行くのは今回が初めて。人気のあるスポットなので、何時くらいに行けばいいのか?どのくらい混むのか?不安でした。

深大寺は、中央線と京王線の丁度真ん中あたりなので、中央線の吉祥寺駅、三鷹駅、京王線のつつじが丘駅、調布駅からバスが出ています。車の方は、周辺に駐車場が結構あり、正門の近く以外には大きなところもあります。正月や七五三などの行事の時は、少し歩きますが、車が便利です。

大晦日の夕方、神代植物園公園駐車場に直接電話したところ、(03-0424-88-3234)第1と第2とあり、第2のほうが近いけれど、満車だったら、第1が空いている可能性があるとのこと。念のため、31日21時頃に第2駐車場に行ってみたら、まだ1台もいない状況でした。そこで、門前の近くの駐車場へ移動。まだ、何台か止められる状況。ここだと、すぐ近くなので、楽です。

大晦日なので、蕎麦屋はいっぱいかと思いきや、22時くらいでは、まだ、がらがら。ゆっくり茶店でくつろげます。

IMG_3654_R

IMG_3664_R

混みあってきたのは、23時が過ぎてから。このくらいになると、どんどん人が増えてきます。

ちなみに、寺釈迦堂に奉安されている「銅造釈迦如来倚像(通称白鳳仏)」は、国宝に指定されています。優しい微笑みの白鳳仏を拝観に訪れるのもおすすめです。

さて、ケアエスコートでは、まだ仏前結婚式に伺ったことがありません。ほとんどは、チャペル教会式か人前式、神前式です。

この深大寺は、結婚式も行えるようなので、ご興味のある方はぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

調べてみると、深大寺には古い(聖武天皇701年‐756年)の恋物語があるようです。

縁結びとしての深大寺

深大寺の名は、深沙大王という水神に由来しています。
この深沙大王とは本来、疫病を除き悪事を遠ざける力を持つ神と伝えられています。

時はさかのぼり聖武天皇の時代、深大寺を開いた満功上人の父親である福満と豪族の美しい娘が激しい恋に落ちたことからはじまります。
ところが将来を案じた娘の両親により二人の仲は引き裂かれ、さらに娘は、湖の小島に建てた小屋に閉じ込められてしまいました。 困り果てた福満は、深沙大王の加護を祈り、もし願いが叶えられるのであれば、将来、島頭に一社を建て、鎮守として祀ろうと誓います。
するとたちまち湖に大亀が現れ、福満を島に連れていきます。それを知った娘の両親は二人の仲を許し、やがて二人に満功という男子が誕生します。福満は、かつて深沙大王に誓った約束を息子の満功に託し、その後、満功は勉学を重ね、天平5年(733年)に深大寺を開きます。

このような深大寺縁起にまつわる恋物語りから縁結びのご利益があるとして親しまれています。

深大寺公式HPより引用

聖武天皇の時代と言えば、今から1200年以上前の話。そんな大昔の激しい恋と、幸せな結末が、お二人の誓いの場になるのも素敵ですよね。

P1020242_R

冬は乾燥に気をつけて。

2018.12.26

ケアエスコートの池上です。

さあ年末です、東京も一段と冬らしく、寒くなってきました。

外を歩く時、首が出ていると特に寒いですね。この季節になると、全部の首を隠しておけば、寒くないわよ・・と教えてくださった、お客様の言葉を思い出します。首・手首・足首を温めておく事はとても大事です。

さて季節がら、風邪はひきたくない・・と電車に乗っていましたら、若い男性の話声で、「加湿器・空気清浄機は、なくてもいいんじゃない・・」と耳に入ってきました。

「加湿器や清浄機なんて、昔はなくても、平気だったし、過剰な無菌はかえってよくないから、買わなくて良いのでは? 加湿は料理を作ったり、人が生活している中から水蒸気が発生するのでは?・・」

という話で盛り上がっていて、とっても、興味深かったです。

加湿器と清浄機の役割は、それぞれ違うと思うのです。

この時期、エアコンを使うと、乾燥がひどくなるので、加湿機のないお宅では、ぬれタオルを使うことをお勧めします。タオルを濡らしてよく絞り、ハンガー等に干して加湿します。簡単に加湿が出来、風邪予防対策になります。適正湿度は40%~60%位らしいです。 

風邪は、喉や鼻が潤っていないと、ひきやすくなってしまいますので、適度な加湿や、こまめな水分補給が大切ですよ。

灯油ストーブ・床暖・ガスストーブのお宅でも、やはり加湿器がない場合は、ぬれタオルをかけて予防することが出来ますよ。(暖房機の上にかけるのは、危ないのでダメです。)

生活の中からも確かに水蒸気が発生するのでしょうが、一日中、お湯を沸かしているのは、ちょっと大変かもしれませんね。ポット型の加湿器は、まさに湯を沸かしっぱなしの発想で、加湿するタイプですものね。

加湿器の種類を調べてみると、

〇スチーム式・・ヒーターによる加熱

〇気化式・・自然に近い蒸発作用

〇超音波式・・水を超音波によって微細な粒子に変え噴射

〇ハイブリッド式・・温風を水に送るスチームと気化を合わせた形

自分の生活スタイルに合ったものを買ったほうがいいですね。また毎年、新しい商品が出ていますので、違いを比較して、衛生面で取り扱いが楽なものを選びたいものです。いずれにしても、定期的なお手入れが大切です。

オフィスワークも同じで、寒くなってエアコンを使い始めると、敵面に唇が、数時間でカサカサになるのを経験している人も多いのでは。加湿器のプラスして、リップクリーム、ハンドクリームがオフィスワークには、欠かせません。乾燥は、お肌にとっても大敵です。

さて、空気清浄機はどうでしょうか?

子育て期に、私も、加湿は気を使っていましたが、空気清浄はあまり頭にありませんでした。昨今は、ペットと生活している方も増え、ウィルス除去もおこなってくれる、優れた清浄機がでてきているので、小さいお子様や疾患をかかえていらっしゃる方のお家では、あったほうが良いかも。

空気清浄機には、 

〇イオン発生器

〇空気清浄機

〇加湿空気清浄機

〇脱臭機

機能として4種あり、メーカーによっても特色が違うらしいです。

我が家では、5年ほど前に、清浄機を買い、室内の空気が澄んで「クリーン!!!」って感じが味わえたので、生活の質が上がった気はします。(笑)

 

これから寒くなってくるので、インフルエンザや風邪予防に皆さん気をつけていると思います。

外から帰ったら、まず、うがい手洗い。 うがいは、上を向いてきちんと行いましょう。上を向くのが難しい方でも、ぶくぶくして、口の中をすすぐだけでも、さっぱりします。 手洗いは、指の間をしっかり洗い、水分をしっかり拭き取ることが重要です。

では、良いお年を。

snow_globe_snow_dome

 

認知症でも、「うれしい」「楽しい」結婚式はちゃんと残ります。

2018.09.28

ケアエスコートの井上です。

私達にご依頼いただくとき、ご依頼者の方から「認知症があります・・・」と伺うことがあります。当然、施設に入られている方は、少なからず認知症状をお持ちのかたが多いのですが、在宅で暮らしている方でも、ご依頼を頂きます。

認知症については、世間一般で「治らない病気」と恐れられていることが多いかと思います。

IMG_9043

 

認知症は、高齢になればなるほど、誰もがかかりうる病気です

昔は「頭がぼけてしまった」と思われることが多く、以前の呼び方も「痴呆症」などと言われていました。ばかにされたり、間違いを指摘されたり、ずいぶんつらくて大変な思いをされた方も、多かったことでしょう。

でも、現在ではれっきとした、脳の「病気」であると言われています。

病気ですから、治療が必要です。

なのに、ご本人の状態をまわりが気づきにくく、性格だから・・と、診断や治療までに時間がかかることがあります。久しぶりに実家に帰った娘さんが、お母さまの変わりように驚いて「何かおかしい?」と気づき、解る事もあります。同居の家族は全くその変化に無頓着だった・・・とか。

それだけ、身近な人にはわかりにくい症状なのです。

IMG_9044

認知症の始まりには、一般的に以下のような症状が見られます。

・同じことを何度もきく

・書類の整理ができない

・同じものを何回も買ってきてしまう

・身だしなみを気にしなくなる

・人格が変わり、怒りっぽくなる

ここで、再度お伝えしますが、認知症は脳の「病気」です。脳梗塞や糖尿病、心疾患など、色々な病気がありますが、それらと一緒です。

ご本人が何も苦しんでいないかといえば、全くそんなことはありません。自分の病気について、特に認知症の初期のころには、自分の体と心が思うようにバランスが取れず、苦しんでいるということを理解してください。最近では、認知症の患者さん自身が、その苦悩を講演会で話したり、書籍にしたりして、認知症についての理解を求めています。

 

私が認知症についてもっと勉強したいと思ったきっかけ

介護を初めて何年か経った頃、ある若年性認知症の方のケアに入りました。

その方は、生活のすべて、ケアが必要な段階でした。でも、デイケアに行くことも拒否、ケアスタッフの入室もかたくなに、断る。とにかく、自分が嫌なことに関しては、がんとして動きませんでした。

唯一、私だけを受け入れてくれることが多かったのですが、あるとき私がデイケアに行くように誘導をしていたら、「絶対にいかない」と強く拒否をされたことがありました。

「あなた、嫌よ」

私はなぜか、そのとき、どうしてか?その理由を聞きたくなって、

「私が嫌いですか?」と思い切って聞いてみました。

そうするとその方は、

「嫌いじゃないけど・・・」と「嫌なのよ(多分デイに行くのが)」と

それは、本人の伝えたい思いと少しずれがあって、思いを正確に伝えられていなかったのです。

私は、その方が言葉にできない想いを、その立場になって考え、代弁できるようになりたいなと感じました。また、その人の生活を穏やかに過ごさせてあげるには、どうしたらよいか?を知りたいと思いました。

IMG_9045

 

そんな認知症の方の思いを、ご自身の言葉で表現した方がいます。

その言葉の中にはケアする側が忘れてはならないことが、沢山つまっています。一文を紹介しますね。

「抜群の記憶力を持っていたのに、人の話の筋もわからなくなってしまう。

どんなに頑張って、努力しても、物事や言葉は、意識からすぐに消えていく、私のザルのような頭はどんどんもらしてしまう」          ~クリスティーン・ボーデン~『私は誰になっていくの?』

 一方ケアについてはこうも語っています。

「認知症の患者は、その手を握ってくれる手を、ケアする温かい心と、

自分ではもう考えられなくなったときには、自分のために考えてくれる存在を、

そしてアルツハイマーという迷路の危険に満ちた角や、くねった道筋を旅していく過程を

見守ってくれる存在を求めています」

IMG_9049

 

ケアエスコートで、けして、してはいけないこと

今まで、エスコートさせていただいた方のなかにも、たくさんの認知症の方がいらっしゃいました。

その方たちに私たちが一番してはいけない事、それは私達ケアスタッフのペースで動くことです。特に挙式や披露宴は時間も決まっていて、時間通りに動かなければなりません。また認知症の方にとっては、長時間の滞在となります。

場所もいつも見た景色ではありません。いつも世話をしてくれるケアスタッフも、そこにはいません。いつもよりもきれいな装いのご家族に、ご家族と判断できず、不思議なお顔をして、じっと見つめる場面もありました。

・やさしく見守る

・余裕をもって対応する

・目線を合わせ穏やかな口調で

・危険を早めに察知

・適度な気分転換を

・一緒に喜びを分かち合う

これはケアをするときに注意しているポイントです。認知症の方が不穏な状態になるときは、このどれかが、抜けているのです。

ある方のケアエスコートをしたとき、披露宴の最中から「ご自宅に帰りたい」と何度も言われたことがありました。ホテルでの挙式だったため、私達スタッフは披露宴の最中に一度、会場の外のテラスにお誘いして気分転換を図りました。

一瞬でも、外にでたことで目線が変わり、思考も「家に帰る」から、「見晴らしがよい」にかわりました。適度な気分転換です。認知症の方は、自分の思いをうまく伝えられないことが多いので、気持ちを推し量る必要があります。

それは、5分程度の休憩でしたが、私達自身が常にしている「背伸びをする」や「コーヒーをのむこと」と何ら変わらない事です。集中力が切れてきたことを、信号として教えてくれるのを、いかにしてスタッフが気づくかこれにかかっているように思います。

 

・大声を出す =不快なこと

・同じことを繰り返し言う 一番大事で、気になる

・涙を流す =感激している

・車いすでもじもじしている =おしりが痛くなってきた・・

・目をつむってじっとしている =音がうるさいと思っている

IMG_9047

どんなに言葉をうまく話せない人でも、喜んで参加されているんだなと、行動や発言をみて、わかる事があります。興奮して大声や涙を流すとき、いつもより会話が多くなっているときも、その場を楽しんでいらっしゃるのねと気づきます。たとえ認知症があっても、結婚式は十分に楽しむことができます。

 

「楽しい!」や、「うれしい!!」は、記憶の片隅にきっと残っています。

結婚式は、認知症の方にも楽しめるハレの日です!! 次の日は、「なんか昨日、嬉しいことがあったような??」たぶん、そんな感じ。

でも、そのくらいでいいのです。

翌日には忘れてしまっても、その時を一緒に共有できることって、とっても素敵ではないでしょうか。笑顔の写真を一緒に撮ることに、きっと意味があるのではないでしょうか。

ですから、認知症があっても、ためらわずに、おじい様・おばあ様、そしてご家族様を、ぜひ結婚式にご案内してください。

「嬉しかった」「楽しかった」という感情を残してあげてほしいと思います。

1 / 37123...102030...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation