スタッフブログ

神前式には、両家の絆を深める儀式があると思う。

2018.04.25

ケアエスコートの石川です☆
全国的に初夏を感じさせる暑さだった先週末、私自身、久しぶりの神社でのお付き添いでした。
石段上ったところ

最近、ケアエスコートにご依頼頂く新郎新婦様の挙式スタイルは、神前式が多いかな?と感じています。

神前式は、言わずと知れた日本の伝統的なスタイルで、1990年代までは結婚式の8割を占めていました。
最近では挙式全体の20%以下とも言われていましたが、ケアエスコートに限ったことではなく、去年位からは全体的にも増えているように感じられます。

神前式は、その挙式の意味から、基本的に参列できるのは親族のみとされていますよね。
(親族以外の参列も可能な所もあるようですが、参列できる人数が限られている場合が多いようです)
親族だけが参列するということ自体、結婚する2人はもちろん、自分の家族や相手の家族、
さらには両家の家族同士のつながりを強くしてくれる気がします。

IMG_9207 (2)

 

 

 

 

 

 

神前式の儀式の中で、新たな結びつきを感じるポイントが2つ。

1つは、神前式の挙式の際、両家が向き合って座る事。

キリスト式や人前式の時は、新郎新婦に向って座りますよね。
お二人を中心に、みんながそれをお祝いする形。
でも、神前式の場合、椅子の前に案があるものの、両家が顔を合わせるように座っています。
中央の新郎新婦を皆で包み込むように見守る感覚に、両家の絆を感じます。

もう1つは、挙式中の親族盃の儀で、皆一同にお神酒を飲む事。

神前式でお付き添いをさせて頂く際、私たちも、親族盃の儀でお神酒を頂戴する事があります。
あの瞬間の一体感は、言葉にできないほど、尊い感覚です。

新郎新婦だけでなく、両家の結びつきをこんなにも肌で感じる事ができるのは、神前式ならではだなと感じています。

神前式のとても厳かで、厳粛な雰囲気には、いつも緊張して身が引き締まる思いです。
でも、不思議とあたたかみを感じるのは、家族と家族の結びつきを大事にしているから・・なのでしょうか。
日本の美しい伝統と心が、ずっと続いて行ったらいいなと、しみじみ思います。

IMG_8757 (2)

 

 

 

 

 

余談ですが、
神前式でおなじみの雅楽に興味をもった私は、最近雅楽のCDを買ってしまいました(*’▽’)
まさか雅楽のCDを買う様になる日が来るとは、自分でもビックリです・・。

雅楽=神前式の音楽ではないですが、私にとっては、多くのお客様の幸せを彩ってきた音楽なので、
聞くと幸せな気持ちになるんですよね☆
奥が深そうな音楽だから、少し調べてみようとも思ったけど(笑)、
私には「なんか幸せ感じるわ~」位の聞き方がちょうど良いみたいです☆

結婚式の介護サポートが特別な理由。私たちのお客様は準主役だもの。

2018.04.23

ケアエスコートの竹森です。

 ケアエスコートは結婚式でのケアサポートを中心にしていますが、時々、お買い物や通院、お食事会や告別式、旅行などのご依頼もあります。

先日も、法要でのサポートを行ってきました。もし、結婚式以外でも、何かありましたら、ぜひご相談くださいね。

 1つの仕事を終えると、担当したスタッフと内容やお客様の様子について情報共有をします。もっと、ここをこうすればよかったとか、こんな工夫が必要だとか。結婚式では、毎回違う会場が多く、お客様やご家族の状況も違います。(都内や横浜では、かなり多くの式場でケアエスコートしましたが、まだまだ、初めての式場もあります)

すべて同じ条件の方はいないので、なるべくたくさんの気付きをその中でしておきたいものです。式場の設備や配置はもとより、ご本人の病状や状態によって、注意すべきことも変わってきます。

 

どうして結婚式は特別なのか?

 さて、結婚式とそれ以外のサポートで、何が違うのかという話になりました。スタッフ全員が、口をそろえて「結婚式は特別です」と言います。

質問:何が「特別」なの?他のイベントと何が違うの?

 介護は通常、だんだん慣れ親しんでコツがつかめてくるものです。結婚式のケアエスコートは、一回限りのイベント。それが「特別」??

 確かに通常の介護とは違い、初対面に近い状態で、お客様の身体の状態や精神状態、癖、性格、問題のある点などを、即座に把握しないとならないのです。これは、やはりある程度介護経験がないと難しいことです。でも、突然依頼されるお買い物や通院や法要の付き添いなども、一回限りのこともあります。

 結婚式は、それとは何が違うのでしょう?

答えは、ケアエスコートが目指していること「結婚式にご出席されたすべての方が幸せな一日になるように」という想いがあるのです

 私たちにとって、もちろんサポートさせていただくお客様が最優先です。でもそれと同時に、新郎新婦さんも、ご出席されたゲストも、すべて方が幸せな一日でいることを、私たちは目指しています。じつは、この二つをかなえるためには、プラン作りからの準備が必要になります。

IMG_6294 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 ケアエスコートのウェディングプラン作り

 ケアエスコートでは、もう一つのウェディングプランを作成しています。

 ウェディングプランナーさんは、新郎新婦さんと一緒になって結婚式を作り上げます。最近はフリープランナーさんも増えてきて、固定の式場やホテルの配属ではなく、新郎新婦とともに、自由に場所や挙式スタイル、イメージや料理を決めていくことがあるようです。では、それをプランナーさんの手を借りず、新郎新婦で結婚式をしたら・・・

きっと結婚式の段取りやスケジュール管理や、各業者さんの調整で新郎新婦はとても大変ですね。結婚式当日には、いろんなアクシデントや手違いが起きるかもしれません。ゲストが戸惑い、不快になってしまうかもしれません。しっかりしたプランがあってこそ、新郎新婦を心からお祝いできるハレの日になるのです。

 ケアエスコートも実は、付き添う方の結婚式参加のためにプランを作っているのです。そのために、会場を下見し、ご本人にお会いしに伺うのです。

どうしてもハレの姿を見てもらいたいほど、大切なおじいさまやおばあさま、時にはご両親(最近はどんどん増えていますが)を、私たちは、結婚式の準主役と考えています。ご依頼いただいたその方が、気持ちよく安心して結婚式に参加できるように、プランを作ります。

Processed with MOLDIV

 

結婚式のスケジュールは新郎新婦以外、あまり知らない

 じつはご両親でさえ結婚式の内容について詳しく知っていらっしゃることはあまりありません。(新郎新婦がとても忙しいことと、演出の関係かもしれません)会場くらいはご存知ですが、ほとんどの場合、集合時間や簡単なスケジュールを教えてもらっているだけです。当日、式場スタッフに促され、その指示に従ってあっちに行ったり、こっちに行ったりという感じでしょうか。健常な方だったらそれで十分なのです。 ただ、これが、介助のいる方だと全く違ってきてしまいます。

もしも、式場の設備や配置を全く知らなかったら、もしも、ご本人の状態を把握していなっかたら、何がなにが起きるの?

 この質問にケアエスコートのスタッフは答えます。

・会場の動線がわからないと、大事な集合やイベントに間に合わないことがあります。

・ご本人に負担をかけてしまうかもしれない。

・休憩場所や最適なお手洗いに誘導できないかもしれない。

・必要な配慮に遅れが生じるかもしれない。

 でも、これは、街中のお買い物でも、ホテルでの介助でも、旅行でも同じです。初めての方の介助で、初めての場所。その時になってみないとわからないことは山積みです。でも、結婚式では、その誤差をできり限り埋めて望まないといけない理由があるのです。

IMG_3441 (2)

 

 

 

 

 

 

 

 

 結婚式は一度限りの晴れやかな日

 結婚式が「一度きりの、そして晴れやかな舞台」だということ。

そして私たちがサポートさせていただく方は、ある意味で「準主役」で、ゲストの皆様から注目を浴びている存在なのです。

感動的なシーンでは、新郎新婦さんとともに、心打たれる姿を披露して、ゲストの皆様に、「本当に良かった!!」と思っていただけるように。

お食事の場面では、きれいな装飾やお料理がきれいなまま、召し上がれるように。

談笑では、ゲストの皆さんと一緒に楽しく笑い、温かい気持ちでいられるように。

体調の変化やお疲れの時は、ゲストの皆さんが気づかいされないように、そっと動けるように。

 ご本人が参加してよかった、新郎新婦がお呼びしてよかったと思えるように、ゲストの皆さんからも同じように感じていただけるように、私たちは「黒子」として、そっと先回りしながらサポートしていきます。そのための入念な準備や心構えが結婚式には必要なのです。「結婚式は特別です」私たちはそう考えています。

 「素敵でかっこいいお父さん」「優しくてきれいなお母さん」「ご立派なおじいさん」「かわいいおばあさん」。ゲストの皆様に、そう見ていただきたいのです。

 私たちの仕事は、準主役のためのプラン作りと、その舞台を成功させることです。

ご不自由な部分をできる限り減らして、楽しいこと、嬉しいことを倍に倍に増やせるようにサポートして、最高に素敵な準主役になってもらうことが、結婚式でのケアエスコートの使命です。

 

ご両親やご家族目線で見たご披露宴でのお色直し

2018.04.19

ケアエスコートの石川です☆
昨日は久々に雨が降った東京、気温も一気に冬に逆戻り・・。
冬物のコートは全てクリーニングに出してしまったため(苦笑)、
薄手の春コートで凍えていた昨日・・一転、今日はぽかぽか小春日和!
やっぱり春はこうであって欲しい・・。笑。

IMG_4454 (2)

 

 

 

 

 

 

さて、そんな春は結婚式のシーズン!

今年も多くの結婚式でお手伝いさせて頂いていますが、フッと、去年の春、お打ち合わせでお会いした新婦様の事を思い出しました。

当日のスケジュールを確認している時、「お色直しはしようかどうかまだ決めてないんです。されてる方の方が多いですか?」と、ご質問がありました。
「そうですね、されてる方の方が多いですね」と私はお返ししました。

迷ってるご様子でしたが、「だからされた方がいいですよ」と言うのは違うし、やはり新郎新婦様でお決めになる事だと思うから・・。

ただ、ご披露宴でお手伝いさせて頂く時、新郎新婦様のご両親やご家族と同じテーブルに付かせて頂く事がほとんどなので、皆様のご様子や、会話の中から、色々と気づく事があります。

その一つが、ご披露宴での演出の一つである「お色直し」を、実は皆様がとても楽しみにしてらっしゃるということ。

「次はどんなドレスかな?」と、ウェディングドレスや白無垢姿とはまた違う、新婦様の姿を特に楽しみにしてるんですよね。

先日、お式は神前式で白無垢だった新婦様。ご披露宴のお色直しでは、ワイン色のカラードレスを着てご入場!

そのあまりにも対照的なお姿に驚きつつも、「こういう華やかな感じも似あうのね!」と、
新婦様の新たな魅力に出会ったご家族様は、大変お喜びに!
新婦様は特に驚かそうとしたわけではなかった様ですが(笑)、白無垢とお色直しのドレスとのギャップが、ご家族には嬉しいサプライズに感じられたようでした☆

また違うお客さまの時は、新婦様が好きな色、好きなデザイン、自分に似合う、自分らしいドレスでご入場されると、ご披露宴で初めてそのドレス姿を見るご両親・ご家族は、
「○○ちゃんぽくてすごく素敵!」
「やっぱりこういう感じだと思った!」など、
ご自分の予想が当たったのか(笑)、とても盛り上がっていました。
皆が新婦様の魅力に引き込まれていくようでしたね。

IMG_5868 (2)

 

 

 

 

 

 

 

私の経験上感じたことなので、皆が皆そうではないかもしれないけれど、お色直しで、また違った新郎新婦様の姿を見られることは、ご両親・ご家族にとってみると嬉しい事なのだと思います。

ファッションそのものはもちろんだけれど、挙式の時とはまた違う、少し緊張がほどけた新郎新婦様の自然な笑顔が嬉しいのかなって、思っています。(これまた私の個人的な意見ですが)

あ、でも、あまり早くにお色直しに行ってしまうのもちょっと・・・。

以前、「もっとウェディングドレス姿見てたかったわ・・」と、悲しそうに仰っていたお母様もいらっしゃったので、タイミングも大事なような気がしています(*‘~‘ *)

1 / 36123...102030...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation