ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

ホテル 椿山荘東京(東京・目白)Ⅲ

IMG_7862_R

ご状況・ご心配されていた点

最初はご親戚にお世話をお願いしていたお祖母様。ご高齢のための色々な症状があり、慣れない場所でのトイレや、結婚式場で迷子にならないか、式場から外へ一人で行ってしまうのではないか心配。

当日の内容

08:00 施設に訪問
09:00 出発
09:40 椿山荘に到着
11:00 挙式
11:25 写真撮影
12:15 披露宴 開宴
15:00 おひらき
16:20 施設に到着
17:00 退室

スタッフ後記

今回は、息子様ご夫婦の近くで、お一人暮しのお祖母様でした。

はじめに、息子様ご夫婦へご挨拶にいきました。

「実は、結婚式の最中は、親戚にサポートをお願いしようかと思っていました。」とお話していただきました。ご親戚も「いいよ」と快く受けてくれたそうです。

でも、考えてみれば、ご招待しているのに、トイレや食事の事をお願いするのは、どうかと思い直し、ケアエスコートへ連絡をくださったそうです。

いろいろ、お祖母様のご様子を伺ってみると、軽い認知症があり、慣れない場所でのトイレや、結婚式場で迷子にならないか、式場から外へ一人で行ってしまうのではないか・・・とご心配しているご様子です。

結婚式当日の朝は、息子さんと結婚式場まで一緒に来て、式場で私たちと待ち合わせることにしました。

IMG_7864_R

あとは、着ていくもの。

お祖母様は「留袖を着たい」というお気持ちが強かったようです。でも、今のご状態を考慮し、洋装を新調されることにされました。わたしたちが事前にお預かりし、当日、結婚式場へお持ちする約束になりました。

だいたいのイメージのつきあわせをし、その日は失礼いたしました。

IMG_7870_R

それから、10日ほどして・・・電話が入りました。お祖母様が、脳梗塞を発症し、入院したとの一報でした。結婚式の3週間前のことでした。

幸い、軽い脳梗塞で、早期発見だったため、後遺症も残らず、早めの退院が決まっているという内容でした。

ただ、大きな変更がありました。お祖母様のお住まいの変更です。これを機に、施設へ入所することになったため、スケジュールの変更をしていきました。

結婚式会場で待ち合わせではなく、施設にお迎えにあがり、帰りはお送りすることになりました。ご祖母様が不安にならないように、息子様ご夫婦と綿密に打合せをしました。

退院の翌日、ご祖母様にご挨拶に伺いました。

職員さんに腕を組んでもらい、しっかりとした、足取りです。結婚式の間も、休憩を少しすれば、帰らずに、全部楽しめそうです。

お迎えに行ったときに、ご祖母様の質問に答えられるようにと、お嫁様が、メモに書いて、当日のお着替えのセットの中へ、準備してくださいました。

今日は、どこへ、いつ、だれの・・どうして行くのか・・・。

出発前に、ご不安になる方は多いので、このお心配りはとても助かります。

IMG_7865_R

結婚式の当日

ご親戚の皆さんが、やさしくご祖母様に声をかけてくれ、笑顔であふれていました。ご祖母様は、声をかけられても、誰だか思い出すのが難しそうでした。

でも、お祖母様自身は、とても面倒見の良い方だったようで、皆様がご存知でした。たくさんのゲストの方々が、「面倒見てもらった。お世話になった。」と感謝を述べていきました。

昔は学生さんを下宿させていたこともあったそうで、お祖母様も時折、当時を思い出され、「学生さんの成長を見るのが楽しみだった。」と教えてくれました。

新婦様も、そんなお祖母様の優しいお人柄を引き継がれているようで、ご招待のご友人様が本当に多い、素敵なご披露宴でした。

新婦様の父である息子様ご夫婦も、実はこの椿山荘で結婚式を挙げたとのことでした。その時は、ご祖母様は、新郎様の母として、この場に立っていたわけですから、感慨もひとしおだった、こと間違いありません。

親子二代に渡って、同じ場所で、御縁が結ばれていく瞬間・特別な瞬間に、たちあわせていただき、この上なく、温かい気持ちでいっぱいになったケアエスコートでした。

IMG_7868_R

IMG_7863_R

IMG_7861_R

IMG_7867_R

アンジェリオンオプラザ東京(東京駅)

IMG_7692_R

ご状況・ご心配されていた点

歩行機で生活されているご祖母様 以前ご親族の結婚式の最中に体調を崩されてしまい、今回も心配、結婚式の間はケアが必要 送迎の車の手配が心配

当日の内容

7:30  結婚式場正面玄関で待ち合わせ
8:10  ヘアサロンへ    
9:45  親族紹介 写真撮影
10:45 チャペル挙式
11:30 披露宴開宴 お化粧室 お食事の介助 
13:45 おひらき
15:00 お見送り
17:30 退室  

スタッフ後記

結婚式の約一か月前、お申込みをいただいてから、すぐの事でした。室内でバランスを崩され、わき腹を殴打したとのご連絡がありました。

当日大丈夫か・・私たちは、不安の中で1か月を過ごしました。

IMG_7690_R

幸い、日に日に良くなられて、当日は、姿勢によっては少し痛むようでしたが、歩行は問題なく行えるようになっていました。

車椅子は普段使われていませんでしたが、当初から車椅子を借りるご予定を立てていらっしゃいました。お陰で、ご祖母様の歩く距離が減り、挙式・ご披露宴を存分に楽しんでいただくことが可能になりました。

 

式場玄関でお待ちしていると、お元気で、はつらつとしたご祖母様がいらっしゃいました。他のご親戚が到着すると、ご祖母様のまわりには明るい雰囲気がひろがります。

IMG_7717_R

その後、ヘアメイクサロンへお連れしました。明るいピンク系のメイクが、とってもお似合いで、髪もふんわり良い感じです。

親族紹介では、新郎新婦が入ってくると、新郎が嬉しそうにご祖母様に向かってこられました。

「おばあちゃん、よく来てくれたね。ありがとう!」

ご祖母様も何とも言えない良い笑顔です。

IMG_7693_R

チャペルでは、車椅子から降りてベンチに座ります。

一番前列で良く見える位置です。

新郎新婦の入場になりました。皆さんは起立しています。ご祖母様も二人を祝福をするために、頑張って立ち上がりました。

とてもアットホームな温かい結婚式です。

IMG_7695_R

披露宴では、会場スタッフの方が、ご祖母様と私たちに、声を掛けてくれます。心地の良い、ゆったりと時間が流れる、披露宴。

お料理もとても楽しまれました。

デザートビュッフェでは、キレイに飾られたデザートを前にして感動していました。ご自分で選ぶ楽しさも味わって、和菓子をチョイスされました。

この日一日、お孫さんや曾孫さんに囲まれ、本当に幸せそうでした。

IMG_7694_R

メゾン ポール・ボキューズ(東京 代官山)

IMG_7579_R

ご状況・ご心配されていた点

介護施設で生活しているご祖母様の送迎

挙式+披露宴のサポート

当日の内容

8:00 訪問 身支度、準備
9:00 タクシー到着 出発
10:20 到着 近隣公園を一周
10:45 会場 プライベートルーム
11:10 親族紹介
11:30 人前式 挙式
12:00 写真撮影
12:20 アペリティフパーティ
13:30 披露宴開宴
16:00 おひらき
16:30 ご挨拶
16:45 タクシー乗車
18:00 ご帰宅
18:15 軽食と服薬確認・荷物の整理
18:30 娘様へご連絡 退室

スタッフ後記

お申込みをいただいてすぐに、ご祖母様のご体調がよくないとの連絡をいただき、私たちの訪問日が延期になりました。結婚式まで1週間、心配でいっぱいでした。

翌週、すっかりよくなったとのご連絡にホッとして、訪問の約束をしました。

 

事前訪問で、施設のお部屋に伺うと、刺し子をされていました。穏やかな笑顔です。生活の様子やお食事・薬の事を職員さんに色々と伺いました。

ご祖母様は、何もかもすぐに忘れてしまうため、娘様が「忘れないように」と、ご祖母様と私とを、一緒に写真に撮ってくださいました。

結婚式まであまり日がないので、連日のように娘様と電話でやり取りさせていただき、ご祖母様が混乱しないように、打合せを密にしました。

 

結婚式当日は、それまでの冬日とは打って変わり、とてもお天気の良いお日柄でした。

訪問すると、お祖母様は、ご体調も良さそうで、にっこり出迎えてくださいます。

お化粧などは、まだのようだったので、お手伝いをします。ご準備くださった、黒のドレスが良くお似合いです。身支度がきれいに整いました。

普段、室内は歩行器を使っていらっしゃいますが、当日は車椅子に乗ってお出かけです。

cache_Messagep36119_R

予約していたタクシーが到着しました。黒塗りのアルファード、食堂の窓から、手を振って見送ってくださっている方がいました。

この日は、どこを通っても桜が満開でした。

IMG_7570_R

思いのほか、道がすいていたので、途中休憩をはさみ、ゆっくりと結婚式場まで向かいました。昨夜、あまり眠れなかったらしい・・と娘さんから伺っていました。

車中、静かに過ごしていただいているうちに、ゆるやかな揺れに誘われて、眠っていかれました。

IMG_7580_R

式場に到着すると、打合せでお願いしてあった、プライベートルームに案内していただきました。次女様がご到着し、ご挨拶を済ませると、まもなく、親族紹介の部屋へ案内されました。

結婚式の最中は、次女様がご祖母様と一緒に行動して下さるとの事で、ご祖母様も親子の時間を存分に楽しんでいらっしゃいました。

IMG_7581_R

ご祖母様も一緒に、ご家族皆さまでお出かけになることが多く、本当に仲良しで、温かい雰囲気のご家族でした。ご祖母様の笑顔がたえません。

休憩は、お化粧室の時だけで、横になることもなく、お食事もしっかり召し上がり、ご親族様とのご歓談を、結婚式を十分楽しまれていました。

時折、お忘れになったことを思い出され、「さっきは誰だか分らなかったけど、あれはうちの孫だったのよ。」と教えてくださいます。

ご祖母様に似た、クールビューティの透き通るような新婦様、本当にお奇麗でした。ご祖母様の眼にも焼き付いていらっしゃるはずです。

メゾンポールボキューズさんでは、1日1組の結婚式で貸切のため、アンティークの調度品に囲まれて、ご家族様とゆったりと時間を過ごせるのも、楽しみの一つでした。

IMG_7583_R

娘様のご配慮もあり、カメラマンさんが、ご祖母様を中心に、バーラウンジなどフォトジェニックな部屋で撮影して下さり、ご祖母様も本当によろこんでおられました。

送賓の挨拶の時は、最後に並びました。

ご祖母様が、新婦様の前にくると、「おばあちゃん、ありがとう、これあげる!」。

抱えていたブーケをご祖母様にプレゼントされました。サプライズの企画でも何でもなく、お孫様の本当の感謝ですね。

タクシーの予約の時間を少し過ぎてしまいました。楽しいひと時を終え、帰路につきます。次女様ご夫婦が見送ってくださいます。

施設に戻ると「どこかへ行ってきたのかしらね?」と聞かれました。

送賓で新婦さんがプレゼントして下さった、ブーケを部屋に飾ってお見せすると、

「そう、私の孫の結婚式だったわね!」

ご祖母様の心の中には、愛情深いお孫さんの花嫁姿が、ちゃんと深く刻み込まれていました。

 

その後、メッセージをいただきました。

”最後まで安心して過ごすことができました。母もお姫様の様に扱っていただき満足だったと思います。細かいお願いも聞いて頂き、朝早くから遅くまでありがとうございました。”

そして、翌日、ご様子をお伺いしすると、お祖母様は、お変わりなくお過ごしのようでした。

私たちが、少しでもお役にたてたこと、本当にうれしいです!
こちらこそ、本当にありがとうございました。

IMG_7571_R

ホテル ニューグランド(横浜)Ⅱ

IMG_7565

ご状況・ご心配されていた点

ご病気のため、意思疎通が難しい
施設への送迎と挙式の参列

当日の内容

7:15  着替え・ひげそり・朝食介助・服薬確認
8:15  介護施設から介護タクシーに乗車
9:00  ホテル到着
9:10  客室にて、お手洗いの介助
9:30  親族控室 
10:00  親族紹介 写真撮影
10:30 チャペル挙式・フラワーシャワー
11:35 披露宴 乾杯まで
11:45 式場出発
12:30 施設到着 着替え・職員さんへ申し送り
13:00 メッセージで連絡 退室

スタッフ後記

ご新郎のお父様のエスコートでした。

ご新郎より、メールで、介護度5で介護施設で生活していますが、依頼できますか?とのご相談でした。早速、日程を決めて、施設へご挨拶に伺います。

お会いした時、息子様の結婚式について、あまりご存知ではないご様子でした。

ケアマネージャーによると、全介助が必要で、意思疎通は難しいご状態とのことです。ご体調は安定しているので、挙式だけの参列だったら、それほどお疲れはないだろうとの事でした。

結婚式1週間前の打ち合わせで、結婚式当日は、外出にかかわる排泄コントロールをしていただけることになりました。また、当日私たちが訪問するのは、早朝になり、施設職員さんが、かなり忙しい状況とのこと。お父様は眠っているかもしれないので、起床の声掛けは、私たちで行うことになりました。

IMG_7554_R

結婚式当日、部屋へ伺うと、すでにお目覚めで、車いすに座っていらっしゃいました。

顔色も良く、先日と打って変わって、晴れやかな、そして、きりりっとしたお顔で迎えてくださいました。職員さんと、申し送りを行い、朝の薬を受け取ります。

髭を剃り、スーツへ着替えると、素敵な新郎のお父様です。そして、とてもうれしそうです。よかった!!

準備してきた朝食を召し上がっていただき、服薬も終わりました。

施設の正面玄関で、新郎のいとこ様と待ち合わせていたので、少し早めに、ホテルへ向かいました。

IMG_7564

横浜方面に向かう道程、いとこ様の話では、新郎のお父様が車で良く通っていた道、との事でした。お父様は、時折、外の景色に目を向け、少しなつかしそうに、眺めていました。

 

ホテルに到着しました。

時間より、やや早めですが、親族控室の4階へ直行しました。

ちょうどエレベーター前で、奥様・ご親族の皆様とお会いでき、「よくこれたね!!」と歓迎してくださいました。

IMG_0159_R (2)

親族控室

待っている間、さくら湯が振る舞われました。お父様は、花弁が浮いているのを目で楽しんでくださいました。花びらを取り除いてから、とろみをつけ、使い慣れたマグで、さくら湯を楽しむことが出来ました。

IMG_7563

挙式

チャペルへ案内されます。車椅子のまま、脇の通路を通れるように、車椅子の車幅を事前にお伝えしていたので、スムーズに前列へ移動できました。

お父様なので最前列です。本当は、新郎様のお父様なので、左端にお父様はお座りになるのが通常ですが、お母様に座っていただき、その隣にお父様は車椅子着席いただきました。

「皆様、大きな拍手で・・」お父様も、拍手してくださっています。

IMG_7566

写真撮影

新郎新婦とご家族の撮影が多くありました。お父様も嬉しそうです。

 

披露宴

はじめのお打合せで、挙式までで・・・との事でした。体調も良さそうなので、ご家族様のご希望で、乾杯まで参加することになりました。

私がグラスを持つお手伝いした時、お疲れがみえはじめました。少しウトウトしていらっしゃいましたが、乾杯も無事に終わりました。

 

IMG_7555_R

披露宴会場は、ニューグランドでも人気のあるレインボーボールルームで、格調高いお部屋は「横浜市認定歴史的建造物」に指定されていて、本当に素敵でした。雰囲気だけでも味わっていただき、また、ご家族様と一緒の時をより長く過ごせていただけ、わたしたちも幸せでいっぱいでした。

お帰りのお車の中は、ぐっすり眠っていかれました。

明治神宮(原宿) 明治記念館(元赤坂)Ⅳ

IMG_5905

ご状況・ご心配されていた点

遠方に暮らしている、車椅子のご祖父様。道中が心配・長距離なので疲れないように出席できるか心配。

当日の内容

7:00 ご自宅訪問・着替えの手伝い・持ち物の確認
8:00 ご自宅出発 タクシー・新幹線
11:40 結婚式場到着  
13:00 ご親族紹介
13:20 挙式
14:30 披露宴会場へ移動
14:50 休憩
15:15 写真撮影
15:30 ご披露宴開宴
18:00 おひらき
19:00 会場出発 タクシー・新幹線
22:00 ご自宅到着

スタッフ後記

ご祖父様は、お久しぶりに電車に乗るということで、それも楽しみにされていました。でもご家族の心配の一つでした。

ご訪問すると、体調も落ち着いておられ、この日をお元気に迎えられホッとしました。

ご自宅では、お着替えをお手伝いしました。「ネクタイかあ、久しぶりだなー」と鏡に向かって手慣れた調子で結んでいきます。

時計をちらっと見せてくださいます。時間の心配をされているのかな、と思いましたら、「孫からのプレゼントなんですよ」と嬉しそうに教えてくださいました。

この日のために、毎日毎日、ご自身でも準備を整えられてきたんでしょう。そのお気持ちに思いめぐらすと、胸が熱くなります。

自宅を無事に出発します。電車内では、足を座席に乗せて、楽な姿勢をとっていただきます。次女さまが一緒でしたので心強く、道中は、ご体調は落ち着いておられます。

最寄駅に到着しました。

プラットホームでは風が冷たく、ひざ掛け2枚が役立ちます。

IMG_5903

 

かなり早めに、挙式会場に到着しました。それでも、ご親戚がだんだんと到着し、歓談して過ごされました。あと30分ほどで親族紹介がはじまるという時に、1つ変更が加わりました。

IMG_0801 (2)_R

本殿でとり行われる、挙式へのご祖父様の移動は、参列者とご一緒に行列を行くことになったのです。介添えの方が別について下さり、車椅子では通れない場所だけ、スロープへ誘導してくださるということでした。

IMG_5902

本当に良いお天気で、沿道に大勢の人が花嫁行列を見ようと、集まっています。その晴れやかで厳かな場所で、同じ空間を過ごせていただけたのは、本当に良かったと感じます。

静かで荘厳な雰囲気の中で挙式が行われます。ご祖父様は、何度か、新郎新婦の方向へ、敬意を表そうと、車椅子を向けようとされています。お手伝いしながら、ご祖父様の孫を思う心が伝わってきます。

その後は、挙式会場と披露宴会場が離れていましたので、車での移動となります。

 

披露宴会場に到着すると、すぐにプライベートルームへ向かいました。下肢に筋肉疲労時の軟膏を塗ってから、足をベッドの上に投げ出して、休んでいただきました。

その後、突然決まった記念写真に、笑顔で「じゃあ行くか。」と参加されました。ご休憩はもうちょっとされたほうがいいのに、、、と思いながら、お手伝いしました。

外へ案内されました。見事な日本庭園です。 ご祖父様は、カメラで撮影に一生懸命です。自由な撮影スタイルで、みなさん本当に和やかに好き好きに写真を撮っています。

 

IMG_0795 (2)_R

 

IMG_0802 (2)_R

 

披露宴開宴です。

お疲れしないか、無理をされていないかと、私たちの心配はよそに、ご祖父様は、お料理を堪能していらっしゃいました。

合間で次女様に「休んでいただかなくて大丈夫でしょうかね?」と伺うと「ここにいたほうが楽しい、って言ってるから大丈夫。」。

ほぼ、参列者の皆さんと同じペースで、一日お過ごしになりました。

 

電車に揺られて、帰路。ご祖父様は、満足感でいっぱいの笑顔でした。結婚式というものは、日ごろとは全く違うエネルギーを与えてくれるようで、本当に不思議です。

 

IMG_5906

 

1 / 16123...10...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation