ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

ベイサイド迎賓館ベランダ

ベイサイド迎賓館ベランダにてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

お二人のケースで、お二人とも車椅子、お手洗いに介助が必要。ご高齢のため体力が心配

当日の内容

7:30   お式場でお待ち合わせ 
9:00   ヘアサロンへご案内
9:45   ご親族紹介
10:00 挙式、フラワーシャワー
10:30 集合写真
11:00 ご披露宴
14:00 お開き
15:00 お車にお乗りいただき、お見送り

スタッフ後記

お式場の入り口でお待ちしていると、新婦様のお父様が運転される車で、ご家族とお祖母様お二人がご到着。

お一人は後部座席に、もうお一人は助手席に座ってらっしゃったので、
スタッフも一人ずつお祖母様のもとへ。お祖母様たちが車から降りるのをご家族様と一緒にサポートし、
車椅子にお乗りいただきました。

前日に、宿泊されているホテルへご挨拶に伺った時は、長旅でかなりお疲れのご様子でしたが、
本日お会いすると「どうぞよろしく」と、とても明るい表情です。

 

エレベーターで2階へ上がり、ゲストお控室へ。新婦様のご両親は、着付けやメイクなどお仕度に行かれたので、その間はお控室で4人で待機。
車椅子でお控室を移動しながら、壁などに張られた新郎新婦様の写真をご覧頂いたり、
4人でお話したりしながら過ごしました。

 

ヘアセットに入られると30分程かかるので、その前にお手洗いにご案内。お祖母様お一人ずつ、

エレベーターで1階へ降り車椅子用のお手洗いへ。

お二人とも麻痺のない手で手すりを持って頂ければ立っていることができますが、
ロングスカート、スカートの下にはタイツをお召しでしたので、着脱に少し時間がかかるため、
ご本人の負担が軽くなるようにスタッフが身体をしっかり支えながらお手伝いしました。

 

再び2階へ戻り、もう一人のお祖母様とそろってヘアセットのお部屋へご案内。
私たちスタッフはお部屋の外で待機。ヘアセットされて素敵になられたお二人をお控室にお連れすると、
「お、きれいになったね!」「素敵!」とご家族様からのお言葉が。待ち時間が長く少しお疲れ気味だったお二人のお顔にも笑顔が戻りました。

 

ご親族紹介は挙式の前に5階のチャペルにて。

チャペルにご案内すると、すでに新郎新婦様のお姿が。
お祖母様たちを見つけ「おばあちゃーん!!」とこちらに大きく手を振る新婦さまに、
お二人とも満面の笑顔で手を振り返してらっしゃいます。
両通路は幅が狭いので、バージンロードを通らせて頂き一番前へ。

 

新婦様の前まで来ると、「おばあちゃん、よう来てくれたな~」とお二人のお祖母様の手を順番に握りながら声をかける新婦様。
「ほんまにおめでとう!」「綺麗やわ~!!」となかなか新婦様の手を放そうとされないお祖母様。ご家族様に促されてようやくお席へ。
そんなやり取りが挙式前のチャペルを一気にあたたかくしてくれました。

お祖母様たちを一番前の通路へご案内し、私たちスタッフは一番後ろで待機。

挙式は人前式で、楽器の生演奏やご友人による余興などがあり終始笑い声の絶えない賑やかなお式で、
お祖母様たちも笑ってらっしゃるようでした。

 

お式後は、3階へ降りご披露宴会場へ。
お二人とも車椅子のままお席へご案内してから私たちスタッフは、
会場のスペースの都合上、ロビーで待機。
なにかあれば声をかけて下さるよう式場スタッフ様にお願いしつつ、
タイミングを見ながら、時々様子をお伺いし、お手洗いのお声掛け、ご案内をしました。

 

会場の扉がしまっていると中が見えないのですが、式場のスタッフ様が「今は○○の時間ですよ」
「お手洗いなら次のタイミングですよ」などこまめにお声掛け下さるので、
とても有難かったです。
新郎新婦様をお迎えする姿勢やゲストの方々への気配りも素晴らしいなと、
ロビーで待機しながら感動しきりでした。

 

ご披露宴がお開きになり会場内のお2人のもとへ。3時間のご披露宴で少しお疲れのご様子でしたが、
「ご披露宴いかがでしたか?」とお伺いすると、「とっても良かったわよ」と笑顔。

 

出口には長い列ができていましたが、先にお祖母様お二人を通して頂き新郎新婦様にご挨拶。
お二人とも最後は新婦さまと抱き合って、「おめでとう」を全身で伝えていたように思えました。
新婦様のご両親が送賓を終えお着替えをされるまで、1階の休憩室にて待機。

 

ソファーがあったので、車椅子からソファーへお座り頂き少し横になるように休んで頂きました。
「あー、これは楽でいいわね」と30分程目を閉じてお休みになられていると、新婦様のご両親と妹様が戻ってこられたので、お車へ。

お1人ずつお車にお乗りいただき、式場のスタッフ様と一緒に手を振ってお車をお見送り。
私たちも式場のスタッフ様にお礼を言ってからお式場を後にしました。

 

「お祖母様たち、ホテルに着いて休んでるかしら・・」と考えながら駅に向かって歩いていると新婦様のお母様からお電話が。無事についたご報告と、
「急な依頼だったにも関わらず、快くサポートして下さってありがとう。
おばあちゃん2人だったから、ほんとうに助かりました」というお礼のお電話でした。

お式当日はとてもお忙しいご両親様。お祖母様達が安心してお過ごし頂けるのはもちろん、ご家族の負担も軽くなればいいなと願っていたので、
お母様の言葉はとても嬉しく胸に響きました。

明日には地元に戻られる皆さまを思うと、少し寂しい気持ちになった私たちでした。

ヒルトン東京ベイ(千葉 舞浜)

imageb

ヒルトン東京ベイにてご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

歩行や動作が不安定(車椅子は使用せず)、耳が聞こえ辛い

当日の内容

11:45   ご自宅へお迎え・お仕度 
12:30   ご自宅出発
13:30   お式場到着
14:30 ご披露宴開宴
17:00 ご披露宴お開き
17:30 お式場出発
19:00 ご自宅到着・お着替えなど

スタッフ後記

スタッフ2名でご自宅へお伺いしました。

お祖母様はリビングで、座って待っていて下さいました。

ゆっくり大きな声で「本日はお孫様のご結婚、おめでとうございます!」

と私たちがご挨拶すると、「どうもありがとう!!」と、とても嬉しそう!

お話が尽きることなく賑やかなお仕度タイム。

お着替え、メイクのお手伝い、ご家族が準備して下さったお荷物の確認などしてから

予約していたタクシーにてご出発。

お足もとが不安定なので、玄関の段差やタクシーに乗るまでの間は、

1名のスタッフが先導し、もう1名のスタッフがお祖母様と腕を組んで移動しました。

 

久々の長時間の外出で少し緊張されていらっしゃるのか、

車移動中は、口数が少なく外の景色をご覧になっているお祖母様。

お声をかけ、景色のご案内をしていると、お式場に着くころにはお祖母様にも笑顔が戻っていました。

imagea(002)

エントランスにご到着。

念のため、事前にホテルの車椅子も確保して頂いていたので、「お乗りになりますか?」

とご本人にお聞きするも「歩くから大丈夫よ」との事でしたので、お祖母様とスタッフで腕を組んでの移動。

エレベーターに乗り披露宴会場のある2Fへ。

2Fフロアは床が絨毯でしたので、お祖母様がつまずかない様にゆっくり歩く様に心がけました。

受付まで少し時間があったので、2Fフロアのソファーでお話しながらご休憩。

imagea

会場へ向かう前にお手洗いにご案内しました。

お召し物を整え、口紅を塗りなおすお手伝いをしてから披露宴会場へ。

 

披露宴会場のお席へ向かうと、ご家族があたたかく迎えて下さり、

お祖母様も嬉しそうに皆様とお話されはじめました。

 

司会の方の声がお祖母様にはあまり聞こえていない様でしたので、

「これから新郎新婦様のご入場ですよ」などその都度進行を耳元でご説明させて頂きます。

新郎新婦様のご入場の際は、今にも椅子から立ちあがりそうなほど身を乗り出して、

新婦様のお姿を目で追ってらっしゃるお祖母様。

私は、お祖母様が椅子から落ちない様にこっそり支え、そのお姿に思わず微笑んでいる自分がいました。

 

お食事はご自分で召し上がれますが、不慣れなナイフとフォークは難しそうでしたので、

お料理を小さく切ったり、スプーンですくいやすい様にお皿を動かしたりなどのお手伝い。

その間も、引き続き進行をご説明しながら、

プロフィールビデオなどの上映の際は、椅子を動かしご本人が見やすい位置へ。

新婦様の小さい頃のお写真が色々と映し出されると、「懐かしいわね~!可愛いね~」ととてもお喜びで、

私に満面の笑顔を見せて下さいました。

 

新婦様の中座は、妹様・弟様と三人で。

中座の途中で「おばあちゃん!」と新婦さまが声をかけながらお祖母様の席に寄って下さり、

4人で並んでのお写真。

新婦さまと笑いあっているお姿に私たちも幸せな気持ちになりました。

 

ご披露宴中何度かお手洗いのお声掛けをするも「大丈夫」との事でしたが、

ご披露宴後半の歓談タイムに「ゆっくりご案内できるのは今しかないので」とお声がけし、ご案内。

1名が先導し扉を開けたりしながら、もう1名のスタッフとお祖母様は腕を組んでご移動。

会場を出ると、少し緊張がとけ、ホッとされた表情をされたので、ご案内して良かったと思いました。

少しお疲れも見られたので、私も個室に入ってお洋服の着脱のお手伝い。

お祖母様の新婦さまとの想い出話を聞きながら会場へ戻りました。

 

新婦様の読まれるお手紙も、お祖母様にはほとんど聞こえず、

「なんて言ってるのかしら・・」と、寂しそうなお顔をされたので、

「私がちゃんと聞いているのであとでお伝えしますね」と伝えると「ありがとう!!」とにっこり。

お開き後、送賓に立たれる皆さまにご挨拶してからタクシーで帰る道中にお伝えしました。

 

ご自宅に到着後、お着替えやお荷物の整理のお手伝いをして退室。

「無事に行って帰ってこられて良かったわ、ありがとう!」と玄関先まで見送ってくださった笑顔が、

いつまでも忘れられません。

 

後日新婦さまより、

「披露宴中、高砂からスタッフさんと祖母が一緒にいる姿が見えて安心しました」

とメールを頂きました。

ご披露宴のまさに最中に、そんな風に思って頂けたことが本当に嬉しくて、

それと同時に、これからも安心して任せて頂くためにもまだまだ努力しなければと、

身が引き締まる思いがしました。

 

 

 

Q.E.D.CLUB(東京 恵比寿)

IMG_3201

Q.E.D.CLUBにてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、お手洗いやお食事などサポートが必要だが、当日は家族も忙しく十分なお世話ができない

当日の内容

8:00   式場でお待ち合わせ 
8:30   お着換えなどのお仕度
9:50   ご親族紹介
10:00 挙式
11:00 ご披露宴
13:30 ご披露宴お開き
13:40 ご送賓
14:30 お着替え後介護タクシーにお乗りいただく

スタッフ後記

スタッフ2名でお伺いしました。

会場でお待ちしていると、介護タクシーでご来場されました。
早速、ご新婦様のご家族と雑談され、和やかな雰囲気になりました。

IMG_3205

ゼリータイプの水分補給をしていただいた後、手引き歩行でお化粧室にご案内し、
その後控室にて、1名は倒れないようにお支えし、もう1名はお着替えをお手伝いしました。
モーニング姿が凛々しく、きりっと素敵なお姿に変身されました。

ご親族控室で、ご家族やご親族と歓談されながら、
ゆったりとお待ちいただきました。

挙式では、最前列にお連れし、私たちは、離れた場所からご様子を見守りしました。

披露宴会場へは、ガーデンを通っての移動です。
段差や急な坂のある箇所があり、雨天という事で、とても滑りやすい状況でしたが、
式場の男性スタッフ様にもお手伝いしていただき、移動しました。

お食事は、柔らかいものやスープをお召し上がりになり、
華やかな披露宴の雰囲気をとても喜んでいらっしゃいました。

ただ時々、目をつぶられて、表情がお疲れのようでしたので
お化粧室にお連れしたとき、
「少し、お休みになられますか?」とお伺いしたところ、
お休みをとることをご要望されました。

IMG_3202

ご新婦の中座のタイミングで、ロビーへお連れし、
ソファーにクッションやタオルを使って、横になっていただきました。
そのまま、20分ほどお休みになり、体位を少し変えて差し上げ、
また、20分ほどお休みになられました。

IMG_3209

目を覚まされた後は、とても顔色が良くなり、
明るい表情になられたので、私たちもほっとしました。
そのあとは、ケーキなどをとても美味しそうに召し上がりました。

会場に戻ると丁度ご両親への花束贈呈のタイミングでした。
ご新郎からの花束をお受け取りになった時は、とても素敵な笑顔で
会場の空気はとても温かいものでした。

お開きの後、お着替えのお手伝いをし、お迎えのタクシーへとお送りしました。

その後、すぐに奥様からお電話を頂きました。

ご本人が、帰り際、私たちに伝えられなかった言葉を
代わりに伝えてほしいとおっしゃったとのことでした。

「本当にありがとうございました、いい思い出になりました。
何かの縁、また機会があったら是非お会いしたい。」

とても素敵なやさしい空気を感じられる大人の結婚式と、温かなご家族のお気持ち、
ご本人の優しく前向きなお気持ち、私たちこそ、とてもいい思い出となった結婚式でした。

IMG_3210
会場は、段差や坂が多く、また、お化粧室も車椅子が入らないので手引き歩行となり、
2名の介助でもなかなか大変なケースでしたが、
プランナー様、会場のスタッフ様がとても素晴らしく、
いろんな場面で素早くサポートをして下さり、
また、常にさりげなく気を配られていて、安心してお手伝いできました。

 

 

グランドハイアット東京(東京 港区)

チャペル-9

グランドハイアット東京にてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、お手洗いがご不安なので、すべてお任せしたい。

当日の内容

8:00   訪問、準備 
8:30   ご出発
9:30   会場へ到着
10:45 ご親族紹介
11:00 挙式、フラワーシャワー
11:30 集合写真
12:00 ご披露宴
14:30 お開き
16:30 ご帰宅

スタッフ後記

スタッフ2名でお伺いしました。

お部屋のドアを開けると、お祖父様がお1人で礼服のスラックスをお召しになっているところでした。

大変そうにお着替えされていたので、ご挨拶もそこそこに、急いで一人がお身体を支え、
もう一人がお着替えのお手伝い。

スラックスを履いて頂き、一度お椅子に座って頂いてから改めてご挨拶。

ケアマネさんと楽しそうにお話されている中、私たちはお着替えを進めて行きます。

今日のために新しくご購入されたシャツを着て頂きましたが、
「なんだかちがうな~・・」と普段着ているシャツを強くご希望されたのでお召し替え。
「やっぱりこっちの方がいいな!」と笑顔になられたので
介護タクシーでお式場へ。

 

チャペル外ガーデン-10

予定より早く到着し控室にもまだ入れなかったため、正面入り口から入りエレベーターで3階のロビー(ソファーもあり休憩できる)へ上がると、
3階のロビーでは受付の準備がされており、ご新郎新婦様の想い出アルバムが置いてあったので、
お祖父さまにアルバムをお渡しご覧頂きました。

アルバムを1Pずつ丁寧にご覧になりながら「この子が孫だよ」と新婦様を嬉しそうに指差します。

時々涙ぐみながら、3冊あったアルバムをすべてご覧になりました。

ちょうどお控室に入れる時間になったので、3階のお手洗いにご案内してから4Fへ。

4階のお控室ではご家族、ご親族様と談笑されているので、私たちは離れたところでお見守り。

お祖父様のネクタイを結びなおし、ハンカチーフを整えてから別部屋へ移動し、親族紹介、写真撮影。
その後すぐ同じ4階にあるチャペルへ。

チャペル外ガーデン-10

チャペルへはガーデン(外)を通っていくので、車椅子が少々ガタガタするのでゆっくり進みます。
扉前の数センチの溝は、もう1人のスタッフに前から車椅子を引っ張ってもらい移動。
チャペル内は車椅子で左サイドの通路をとおりお椅子まで。
車椅子からチャペルのお椅子へのご移動をお手伝い。

チャペル-9

立ち見が出るほどたくさんのゲストの方がご参列されるので、私たちは後ろの壁際で立って待機。車椅子も通路脇に。
挙式後、ご披露宴会場のある3階へ移動。会場に入る前にお手洗いのお声掛け。
「まだいいかな」と仰いましたが、「時間がたくさんある今のうちに行っておいた方が安心ですよ」
とお誘いしご案内。
着慣れないスーツだと時間がかかってしまうので、お手洗いには一緒に入りさりげなくお手伝いしました。

ご披露宴会場では車椅子にお座り頂いたままテーブルへ。

スタッフ2名はお祖父様の両隣に座らせて頂き、ご様子を伺いながらサポート。

基本的にはご自分で召し上がれるので、お皿を食べやすい位置に調整したり、

お肉など細かくカットしたり、お箸やストローなど必要な物を式場スタッフさんにお願いしたりなどのお手伝い。

普段お食事もゆっくり召し上がると伺っていたので、急かしている印象を与えないように、

お話をしながら、できるだけさり気なくお手伝いさせて頂きました。

お祖父さまはお気持ちをあまり言葉には出されませんが、新郎新婦様のご入場、ケーキカットなど、

新婦さまを見つめる目には何度も涙が。
言葉にしなくてもそれだけでお祖父さまのお気持ちは私達にも分かります。

新婦様のご両親もそんなお祖父様を見て「また泣いてるよ~」と優しく笑っていました。

 プロフィールビデオや映像が流れる時は、お祖父様が見やすい様に車椅子の向きを変えます。

 

「これから○○の映像ですよ」「今お祖父様も映りましたね」など時々私がお声かけしながら、
ご覧頂きました。内容が分かるとお祖父様も声を上げて笑ってらっしゃいました。

 

ご披露宴お開き後、送賓に立たれる新婦様に「おじいちゃんありがとう」と声をかけられると
また少し涙ぐみそうになってるお祖父様にとても暖かい気持ちになりました。

お帰りの車の中では、亡くなった奥様にも今日の新婦さまを見せたかったと何度も仰っていました。

でも「家内の分もちゃんと見てきたから」ととても幸せそうな笑顔を私たちに見せて下さいました。

 

ご入居先に到着し、お部屋でお着換えのお手伝い。

少しお疲れのご様子で全て着替え終わると、ホッとされたお顔。

「今日はほんとうにお世話になったね。本当にありがとう!」と私たちに仰って下さいます。

 

お部屋を出る私達を、ずっと立ったまま見送って下さって
最後まであったかい気持ちでいさせていただきました。

 

セント・マーガレット ウェディング(千葉県 柏)

IMG_3009

セント・マーガレット ウェディングにてお式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご高齢で、歩行にご不安と、式場で迷われてしまうことをご心配。

当日の内容

9:00   お式場でお待ち合わせとメイク 
9:40   ご親族紹介、集合写真
10:00 挙式・ガーデンセレモニー
11:00 ご披露宴
13:15 お開き・ご帰宅の準備
16:00 ご自宅へお送り

スタッフ後記

%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9%ef%bc%88%ef%bc%91%e9%9a%8e%ef%bc%89-1

お式場の入り口でお祖母様をお出迎えしました。
スタッフ二人でお祖母様のお身体を支えながら、ゆっくりと車から降りて頂きました。

まずは、親族控室へご案内。

既にお集りのご家族様にご挨拶してから、更衣室にてメイクのお手伝い。
髪を整え、真珠のネックレスと指輪を着けてから、受付、そしてチャペルへ

IMG_3006

挙式の際は、車椅子からお降り頂き、チャペルのお椅子へご移動。

IMG_3007

車椅子を通路の壁に寄せて置き、お祖母様にお膝かけをおかけしてから、私たちは後ろの席で待機。

挙式後は外のガーデンにてフラワーシャワー。
車椅子でもよく見えるようにと、式場のスタッフ様が一番前へお祖母様をご案内くださったので、
お祖母様もとてもお喜びでした。

%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%9a%e3%83%ab%e5%a4%96%e9%80%9a%e8%b7%af-1

 

お手洗いへご案内してから、ご披露宴会場へ。
車椅子からお降りになり、会場のお椅子へご移動。

私たちはお祖母様のお隣と前にそれぞれ座らせて頂き、
ご披露宴が始まるまで、お話をして過ごしました。

IMG_3011

 

司会の方のアナウンスがあまり聞こえていないご様子でしたので、
「もうすぐ始まりますよ」
「あちらから新婦さまがいらっしゃいますよ」
と耳元でご案内。

お祖母様も新郎新婦様を笑顔と拍手で迎えられ、ご披露宴の開宴です。

お食事は、見守りさせていただきながら、ある程度ご自分のペースで召し上がり、
召し上がり方に迷うお料理の時に、お手伝いさせて頂きました。

ケーキカットの際は、お祖母様の手を引き一番前のスペースへ。
新婦さまもお祖母様に気づかれて「おばあちゃん!」と
嬉しそうな笑顔で声をかけてらっしゃいます。

%e6%8a%ab%e9%9c%b2%e5%ae%b4%e4%bc%9a%e5%a0%b4%e2%91%a1-1

歓談タイムでは、お祖母様が新郎新婦様の真ん中に座られてお写真の撮影。

新婦様のお近くがよほど嬉しくていらっしゃるお祖母様、
お写真が終わってもずっとその場を離れようとされません。

新婦様も思わずわらってしまうお祖母様のそんなお姿を、
ご家族も周りのゲストの方も私達もそっと見守り、
会場はあたたかい雰囲気に包まれました。

IMG_3010

頃合いを見計らって、「そろそろお席へ戻りましょう」とお声をかけに行き、
再びお祖母様の手を引いてお席へ戻りました。

お席に戻ってからもずっとお幸せそうなお祖母様のお顔を見る度、私達も嬉しくなりました。

ご披露宴のお開き後は、更衣室にてお着替えのお手伝い。

お手洗いにご案内してからタクシーにて一緒にご自宅へ。

久しぶりの長時間の外出で少しお疲れのご様子でしたので、
タクシーからお部屋まではお身体を支えながらのご移動。
お祖母様をお部屋までお連れしてから
お荷物運んだり、整理したりのお手伝い。

ベッドに腰かけてらっしゃるお祖母様にご挨拶すると、
「今日はありがとうね。おかげさまで無事行って来られました」と
ご安心されたように穏やかな口調で仰ってくださいました。

「ありがとう」は一番うれしくて、ホッとする言葉。
そして、私たちの方こそ「ありがとうございました」と心から思います。

涙が出るくらい、こんなに幸せな気持ちにさせて頂いているのですから。

IMG_3008

1 / 9123...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation