ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

オークラ千葉ホテル(千葉・千葉みなと)Ⅱ

ホテル外観

オークラ千葉ホテルにてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子のためお手洗いなど介助が必要、長時間なので疲れてしまわないか心配

当日の内容

10:30 ご入居先出発
11:30 お式場到着
12:30 美容室へ
13:00 お着替えのお手伝い
16:00 挙式
16:20 ご親族紹介、集合写真
17:00 ご披露宴開宴
19:30 ご披露おひらき
20:30 ホテルのお部屋でお着替え
     就寝ケア

スタッフ後記

ご入居先へお迎えにあがると、お母様は緊張されているご様子で、
笑顔が少し強張っているように見えました。

介護タクシーでの道中は、
「お嬢様のハレ姿、楽しみですね!」
「ちょうど今日は桜が満開ですよ」など、
少しでもお母様の緊張がほぐれるようにお声かけしながら向かいました。

予定より早くホテルに到着。
1Fロビー  
美容室の時間までは、
1Fのロビーで昼食のサンドイッチを召し上がって頂いたり、お手洗いのお手伝いなど。
花がお好きなお母様でしたので、花壇のある中庭にもご案内しました。

「だいぶ落ち着いてきたわ~」
お母様の自然な笑顔が見られて私達も嬉しかったです。

美容室にてヘアメイクが終わりお着替え室へ。
2F着替え室
新婦様がお母様のためにとレンタルされた、車椅子でも簡単に着られる黒留袖。
締め付けが苦しくないか、こまめにお母様にお聞きしながら、身支度を整えて行きました。

手すりのないお部屋でしたので、しっかり支えてのお着替えになりました。

「何だか恥ずかしいね・・」と仰りながらも、鏡を見ながら、
しっかりと襟元を整えられている姿は、凛としたお母様の姿でした。

お控え室で待っていると、だんだんご家族様が集まっていらっしゃいました。

2F控室(カトレア)②
皆さんの姿を見ると、とても嬉しそうに表情がパッと明るくなります。

「○○ちゃんはまだ支度中なのかしら?」
「角隠しって重いんでしょう?」
と、ずっと新婦様の事を気にされていました。

お控え室の窓から、写真撮影中の新郎新婦様が見えたので、窓のお近くまで車椅子を移動。
窓ガラスに手をつき、とても嬉しそうにずっとご覧になっていたお母様です。

挙式はホテル内の神殿にて。
2F神殿入口 

2F神殿内④

お母様を車椅子のまま一番前のお席にご案内。
2F神殿内③
私達は少し離れた席に座らせて頂き、お母様をお見守りしていました。

厳かな雰囲気で少しご不安になられたのか、
お式中は時々車椅子から立ち上がろうとされる仕草が見られました。
私達はその都度、「座ったままで大丈夫ですよ」と小声でお伝えしました。

3F披露宴会場(エリーゼルーム) 

3F披露宴会場前

ご披露宴中私達スタッフは、一名がお母様のお隣に座り、もう一名は少し後ろに座って待機。

お食事はお箸を使い、ご自分で召しあがりますが、
召しあがるペースが早いので、飲み込む際にむせない様に、
「ゆっくり召し上がって下さいね」とこまめにお声掛けしました。

大きくカットされているものは、より食べやすい様にナイフとフォークで細かくしたり、
スープなどはお口元までお手伝いさせて頂きました。

たくさんのゲストの方が出席されていたので、
ご披露宴中、お母様が新婦様に直接言葉をかける機会はありませんでした。
でも、頑張って、手を動かして拍手されたり、お色直しで真っ赤なドレス姿で再入場された新婦様を
嬉しそうに目で追ったり。お母様からあふれるお喜びの気持ちは、新婦様にも伝わっています。

ご披露宴お開き前の花束贈呈の際は、新郎新婦様、ご両親が扉の前に並ぶことになっていたので、
その前にタイミングを見てお手洗いへご案内します。
2F多目的トイレ内
車椅子にずっと座ったままだったので、腰がお痛みの様でしたが、
お手洗いで立ち上がると、
「少し楽になったわ~」とホッとされていました。

お着物や髪の毛を整えて会場に戻り、花束贈呈のために車椅子でスタンバイ。
スポットライトに照らされると、お母様がとても戸惑ってらっしゃるのが分かりました。
同じテーブルのご家族様と私達で、お母様を笑わせようと手を振ったり、
「大丈夫、大丈夫」と身振り手振りでお伝えしたり。

間もなくして、新婦様からお母様へ花束贈呈。

車椅子のお母様に合わせ、新婦様は腰をかがめながらお母様に花束を手渡されます。

「お母さん、ありがとう」新婦様の口元はそう動いたように見えました。

ご披露宴お開き後は、お泊りになるお部屋へご案内。

お着物からパジャマへ着替えると、ホッとされたのか思わず声を出して笑われるお母様。
つられて私達も笑ってしまいます。

お手洗いや口腔ケアのお手伝い、メイクを落とし、ホットタオルでお顔をお拭きしてからベッドへ。

お布団をおかけすると、ゆっくり目を閉じられたので、
私達は「おやすみなさい」と小声でご挨拶し、電気を消しました。

間もなくして新婦様のお父様もお部屋に戻られました。
小さな声でご挨拶し、お部屋を出ようとすると、
お母様も布団から少し起き上がって、笑顔でこちらを見ています。

思わず笑ってしまう私達に、今度はお母様がつられて笑っていました。

帰り際は、私達がいつも寂しさを感じてしまう瞬間なのに、
この日はお母様のおかげで、何だか楽しい帰り道になりました。

明治神宮(原宿)、明治記念館(元赤坂)Ⅱ

1F金鶏の間③

明治神宮、明治記念館にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

足がお悪く車椅子ご利用、ご移動やお手洗いのご心配あるが当日は家族が忙しくお世話できない

当日の内容

13:00 ご自宅へお迎え
      お着替えなどのお仕度
13:40 ご自宅出発
15:30 明治神宮到着
15:40 親族紹介
16:10 参進、挙式
17:00 集合写真
17:20 明治記念館への移動
18:50 ご披露宴開宴
21:20 ご披露宴お開き
     明治記念館出発
22:30 ご自宅での就寝ケア、退室

スタッフ後記

お式当日はとてもお天気が良く、ぽかぽかの小春日和。

スタッフ2名でご自宅へ伺うと、
お祖母様はベッドに座って私たちを待っていてくださいました。

「今日はおめでとうございます!とってもいいお天気ですよ!」
とご挨拶すると、お祖母様も笑顔で返して下さいます。

ベッドにお座り頂いたまま、お着替えのお手伝い。

少しだけ足がむくんでいるようにお見受けしたため、
立ち上っておズボンを履いて頂く際は、しっかりお体をお支えします。

メイクは少しだけご自分でされていたので、口紅とチークは私たちがお手伝いして、華やかに。
最後にコサージュをお付けすると、
「普段あまり外出しないから、こんな格好するのも久々だわ~」
と、とても嬉しそうな笑顔が見られました。

お部屋から玄関までは急な階段を下りて行くため、
スタッフがしっかりとお祖母様の身体をお支えしながらのご移動。

玄関で車椅子にお乗りいただき介護タクシーで明治神宮へ。

ちょうどこの日は、桜が満開になっていて、
明治神宮までの道中、介護タクシーの中から皆さまで外の桜を見て楽しんでいらっしゃいました。
お話好きのお祖母様は、趣味やテレビのニュースの事などたくさんお話下さって、
車内は終始楽しい雰囲気でした。

IMG_0900
明治神宮に到着後、
お控え室までの境内の移動は砂利道や道幅の狭いところもありましたが、
車椅子を少し持ち上げるなどして移動しました。

IMG_0949 

神楽殿ロビー②
挙式前の参進は、神殿へ行くまでに階段や段差があるので、
お祖母様だけ先に別のルートとで神殿までご案内。

神殿へ足を一歩踏み入れると、
私達スタッフも、とても神聖な気持ちになります。
お祖母様も少し緊張されているように見えましたが、
とてもご立派になられたご新郎様のお姿に感激されていました。

挙式後は、境内で集合写真です。

神殿からお写真場所までは、砂利道を移動しなければならないため、
お式場の男性スタッフ様と私達スタッフで一緒に車椅子の前タイヤを持ち上げながら、
慎重に撮影位置まで移動して行きました。

「こんなに大変になって・・、すみません」
と、申し訳なさそうな表情のお祖母様でしたが、
お写真の際は、皆さんと並んでとても嬉しそうな笑顔。
とても素敵な笑顔に、私達もつられて笑っていました。

お写真後はご披露宴のため明治記念館へのご移動。
皆様はマイクロバスで、お祖母様とスタッフ2名は介護タクシーで向かいました。

正面玄関

明治記念館の少し薄暗くなってきた広い庭園には、
ライトが灯り、桜の木が浮かび上って来るような見事な演出!

こちらの庭園でも新郎新婦様、ご家族様の写真撮影がありましたが、
お祖母様は、「私は、いいわよ・・」とご遠慮がち。

「皆様待っていますから、ぜひご一緒に」と私たちからお声掛けし、庭園にご案内しました。
幻想的な雰囲気の中、笑顔のご家族が揃った素敵なシーン。
何だか夢見心地で、ずっと見ていたい幸せな光景でした。

1F多目的トイレ③
ご披露宴までの待ち時間はお手洗いにご案内。
車椅子から立ち上る際は、身体を支えたりなど少しお手伝いさせて頂きました。

1F金鶏の間入り口

1F金鶏の間③

ご披露宴会場は流しスタイルで、とても格式の高い雰囲気。
入口に段差はありますが、
スロープを出して頂けるので車椅子でもスムーズに移動できます。

私達スタッフは、お祖母様のお席から少し離れた所でお見守り。
ご自分で召し上れるので、食べにくそうなものや固いものをお切りしました。
少しずつですが、とても美味しそうに召し上がってらっしゃいました。

新郎様とお話する時間はあまりありませんでしたが、
お祖母様は終始楽しそうで、新郎様のハレ姿を見られたことが「本当に嬉しい」と、
何度も仰っていたことが忘れられません。

お開き後は、
新郎新婦様にお見送りされ、介護タクシーで帰路へとつきました。

少しお疲れのご様子も見られましたが、
「今日は本当にありがとうございました」
と丁寧にご挨拶してくださったお祖母様は、
今日を無事に終えられてご安心されたような、
穏やかな優しい表情をされていました。

パレスホテル東京(東京・大手町)

5Fチャペル

パレスホテル東京にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご病気があり車椅子、お手洗いなどのサポート必要、長時間の外出なので疲れないか心配

当日の内容

14:00 お式場で待ち合わせ
      お着替えなどのお仕度
15:25 親族紹介、集合写真
16:00 挙式
17:00 ご披露宴開宴
19:30 ご披露おひらき
     お着替えなど
21:00 お式場でお見送り

スタッフ後記

1Fロビー② 

ホテルのロビーでお待ちしていると、お祖母様とご家族を乗せた介護タクシーが見えました。

急いで正面玄関の車寄せへ向かい、皆様をお迎えしました。
正面玄関 車寄せ②  

 

正面玄関 車寄せ

 

 

 

 

 

 

 

良いお天気でしたが、とても寒い日でしたので、車椅子のお祖母様におひざ掛けをおかけし、急いでホテルの中へ。2Fのお祖母様専用のお控室にご案内し、お薬を飲んで頂いてからお着替えのお手伝い。

お化粧はすでにされているようだったので、お聞きすると、「自分でしてきたのよ」とにっこり。
お孫様のご結婚式だからかな、と思うと私達も自然と笑顔になります。

写真スタジオでこの日初めて新郎新婦様とご対面。
お背中を一生懸命伸ばしながら、お祖母様は新婦様の姿を目で追ってらっしゃいました。

あまりご自分からは話されないし、お声も小さいお祖母様だけど、
「お孫様、とっても素敵ですね!!」と私達がお声をかけると、
「本当!誰だか分からないくらいだわ!」と明るく大きな声が返ってきました。

   5Fチャペル 

 

 

 

 

 

 

チャペルでは車椅子のまま一番前のお席にご案内。

お祖母様はチャペル内を見まわしたり、飾られているお花を見て
「綺麗なお花ね~」と嬉しそうだったり、その自然なご様子が、周りの空気を和ませていました。

挙式後はテラスにてフラワーシャワー&お写真。

5Fチャペル外テラス

お写真は、お祖母様とお祖父様が新郎新婦様を挟んでの撮影。

お祖母様を新婦様のお隣にご案内すると、新婦様が腰をかがめて
「おばあちゃん、ありがとう!」ととっても嬉しそう!
お祖母様も新婦様のドレスに触れながら、何か新婦様にお声をかけていました。

その後レンズに向いたお祖母様のお顔は、この日一番の笑顔だったように思います。

ご披露宴の始まる前にお手洗いへご案内。
4F多目的トイレ

ずっと車椅子に座ったままでもあったので、腰の負担が軽くなるよう、
少し立ち上って頂く目的もありました。

お祖母様はお背中も曲がっていて、すぐ右側に傾いてしまうので、右の脇にはクッションを挟みこみ、
こまめに体勢を整えて差し上げます。

少しご気分を整えてからご披露宴会場へ。
会場では、1名のスタッフがお祖母様のお隣に座り、もう1名は少し離れた後ろで待機。

お食事はフォークを使い、ご自分で召しあがるので、ナイフで切ったり、
取りにくいお料理をフォークの上に乗せたり、スープはお口元まで運ぶお手伝いをしました。

途中疲れたらいつでも休めるようにと、ご家族様がお部屋をとって下さっていました。
でも、ご休憩のお声かけをしましたが、「不思議と全然疲れてないの。嬉しい日だからかしら」
と最高の笑顔のお祖母様。

同じテーブルのご家族も少し驚かれつつも、お祖母様と一緒に笑っていました。

ご披露宴もお開きになり、送賓に立たれる新郎新婦様のもとへ。
「おばあちゃん、ありがとう」と手渡されたプチギフトのチョコレート。

お着替えのためご案内したお控室に行くまで、しっかりとご自分の手でお持ちになりました。

新婦様がお生まれになってから、お祖母様は口癖のように、

「○○ちゃんの花嫁姿見られるかな。」
「結婚式に出られるかな。」

と仰っていたことを、帰り際ご家族から聞きました。

あまりご自分からはお話されないお祖母様ですが、
とても嬉しそうに新婦様を見つめていたお姿を想い出すと、
どんなにこの日を楽しみにされてきたのかが、痛いほど伝わってきました。

お祖母様の願いが叶って本当によかった!!!

そして、そのお手伝いをさせて頂けたんだと思うと、
言葉にはできない、こみ上げてくる幸せな想いがあります。

ホテル雅叙園東京(東京・目黒)

IMG_4790

ホテル雅叙園東京にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

足が悪く、歩く事に不安があるため当日のみ車椅子を使用

当日の内容

10:00 お式場で待ち合わせ
10:30 親族紹介
10:45 参進、挙式
11:20 集合写真
12:20 ご披露宴開宴
14:50 ご披露宴おひらき
16:00 お式場でお見送り

スタッフ後記

私たちスタッフは、会場で新婦様のお祖母様をお待ちしていました。

ご自宅からお祖母様お1人でタクシーに乗り、1時間半かけて会場にご到着。
長い道のりだったので、お疲れではないかな・・と心配で、
私たちはタクシーのそばまでお祖母様をお迎えに行きました。

「今日はよろしくお願いしますね」と笑顔のお祖母様にホッとします。

IMG_4767

 

 

 

 

 

 

お祖母様の歩かれる様子を拝見しているとお足元は少し不安定。
お声掛けをして会場の車椅子にお乗りいただき、お控室までご案内しました。

お控室に入ると新婦様のお母様がいらっしゃり、お祖母様が無事に来られたことで安堵の表情。

「どうもありがとう、すみませんね・・」お祖母様のお国言葉がとても優しく温かく感じられました。

とてもお話好きなお祖母様は、お孫様の結婚式が嬉しくてあまり眠れなかった事など、
気さくにお話して下さいました。

しばらくすると、お祖母様はなんだかソワソワ。
私たちがお声をかけると、お手洗いに行きたいとの事でした。

IMG_4840

 

 

 

 

 

参進のお時間はせまっていましたが、急いでお手洗いにご案内。

車椅子からの立ち上がりなどお手伝いさせて頂き、お祖母様もご安心されたようです。

いよいよ参進が始まり、挙式会場の神殿へ向かいます。
厳かに、堂々と歩かれる新郎新婦様。

私達はお祖母様の車椅子を少しずつ進めて行きます。

IMG_4821 (2)

 

 

 

 

 

 

挙式が始まると、お祖母様は綺麗なお着物と少し緊張しているご新婦様を
じっと見つめていらっしゃいました。
お手に持ったハンカチで時おり目もとを拭い、感激されているご様子でした。

ご披露宴会場の入り口は少し段差がありましたので、スロープを渡し慎重に移動します。

IMG_4828

 

 

 

 

 

 

IMG_4830

 

 

 

 

 

畳の部屋を進んだ先にご披露宴会場がありました。 

IMG_4832

 

 

 

 

 

 

おばあさまは、腰をかばうようにクッションをあてがわれて時々ソワソワされていました。

クッションがどの位置に置けばお祖母様にご負担が少ないか考えながら、
時々お声掛けをしてご様子をみます。

披露宴会場のお手洗いも少しだけ段差がありましたので、
スタッフ二人で慎重にお手伝いします。

お食事はお手伝いなくご自分で召しあがることが出来るので、
私達は少し離れたところでお見守り。
楽しそうにご披露宴を過ごされるお祖母様姿がとても嬉しかったです。
IMG_4783

 

 

 

 

 

IMG_4778

 

 

 

 

 

ご披露宴もお開きになり、会場を後にする時、お祖母様が私たちにそっと話されました。

「花嫁姿、おじいちゃんにも見せたかったな・・」

とても“おじいちゃん子”だった新婦様。
お祖母様のご主人は10年以上前に亡くなっています。

私達はそっと、
「きっと、ご主人様も天国から見てらっしゃいますよ」
とお声をかけさせていただきました。

「そうよね」

笑顔が戻ったお祖母様を私達も笑顔でお見送りしました。

IMG_4777

 

 

 

 

 

 

ソシア21(神奈川・新横浜)

外観

ソシア21にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子での移動や当日のお世話が家族だけでは難しい、長時間なのでお疲れにならないか

当日の内容

9:30 ご入院先へお迎え 

10:00 ご入院先出発

11:30 お式場到着

    お着替えなどのお仕度

14:45 親族紹介、挙式

15:15 集合写真
15:45 ご披露宴開宴
18:15 ご披露宴おひらき
19:00 お式場出発
20:30 ご入院先到着

    お着替えやお休みの準備後退室

スタッフ後記

ご入院されている病院にお迎えにあがると、お父様はちょうどお着替えをされている途中でした。
ベッドにお座りになる姿勢が不安定だったので、
私達スタッフの1名がお体を支え、もう1名がお着替えのお手伝い。

「立つことは難しいかもしれない」と、事前のお打ち合わせでお伺いしていましたが、
ベッドの手すりをつかまると、何とか立つことができ、安心しました。

実は、
「お開きの時間まで長いので、お父様の体力が持たなくなった時」
「途中で具合が悪くなった場合」
「立てない状態の場合の準備と場所の確保」など、
いろいろと事前に、検討して用意していました。

通常は2名体制ですが、万全を期するために、男性スタッフも参加させていただきました。

外観   1Fロビー

介護タクシーはお式場の正面玄関に到着。

 

4Fザ スタイル    

モーニングへのお着替えは、4Fの特別に用意していただいたお部屋を使わせて頂きました。

 

4Fザ スタイル内ソファ②

開始時間よりも早く着いたので、車いすからソファーへご案内し、
軽食を召し上っていただいたり、少しお休み頂いたりしました。

最初はなんだか緊張しているご様子のお父様でしたが、
冗談を交えてスタッフに色々なお話を聞かせてくださいます。

ご自分のご病気の話、スポーツの話、ご家族のこと、当然、お嬢様の話も沢山!
冗談を交えて話してくださったこの時間が、お父様と私達スタッフとの距離が縮まった瞬間でした。

ご親族紹介・・そして、いよいよ挙式です。

教会外観   

挙式は別棟にある教会にて。車椅子のまま、お父様を一番前のお席へご案内しました。

教会入口

教会最前席②    

バージンロードを歩かれるお嬢様を見た瞬間、お父様は車椅子から自力で立ち上がられました。
私達は急いで、後ろからしっかり支えます。

「・・・」

声にならず、背中のまるくなったお父様は、感激のあまり大粒の涙を流していました。

大きな背中が小刻みに震えていました。

4Fザ ウィング(披露宴会場)内③    

ご披露宴では、「(入院中で)お酒飲めないけど、飲んじゃおうかな~!」
と終始冗談をいいながらのお食事。

お料理は、ご自分でほとんど召し上がっていましたが、お肉を少しだけカットして差し上げたり、
遠くのパンを手元に寄せたりと少しだけお手伝いをしました。

ご披露宴の途中、ご新郎様のご家族にお酌をしたいとのご要望があり、お父様を車椅子でご案内。
「よろしくお願い致します」  ご新郎様のご親戚にも丁寧にご挨拶されていました。

また、ご自分で用意されたデジタルカメラで、
お嬢様の登場シーンやケーキカット、ファーストバイトなどの写真を撮るため、
会場内をご案内しました。

4Fザ ウィング(披露宴会場)内②

何度も何度も、嬉しそうに、楽しそうに、シャッターを押すお姿がとても印象的に残っています。

お開きまで、にぎやかに、そしてご家族・ご親戚との時間を楽しまれているご様子でした。

 

お嬢様の感謝のお手紙の際には、再び腕の力を振り絞り、車椅子から立ち上がられました。
私達スタッフもしっかりとお背中を支えます。

お父様は大粒の涙を流していましたが、最高のうれし涙でした。

お帰りは再び介護タクシーにて。最後までお疲れの様子はなく病院まで戻られました。

お着替えをお手伝いし、再びベッドへ。

「ありがとう、あなた達の名前ここに書いていってよ」

そうおっしゃって、くつろいでいるお父様のサイドテーブルの名刺に名前を記し、
デジタルカメラをそばに置き、ご挨拶をして退室。

一日あっという間でしたが、お父様の笑顔を、沢山のうれし涙を見ることができて、
私達スタッフにとっても本当に感激の一日でした。

IMG_4554

後日、とっても素敵なお手紙と、おいしいお菓子を頂戴しました!!
スタッフ全員感激です!!
本当にありがとうございました。

IMG_4558 (2)

1 / 13123...10...最後 »

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation