スタッフブログ

冬は乾燥に気をつけて。

2018.12.26

ケアエスコートの池上です。

さあ年末です、東京も一段と冬らしく、寒くなってきました。

外を歩く時、首が出ていると特に寒いですね。この季節になると、全部の首を隠しておけば、寒くないわよ・・と教えてくださった、お客様の言葉を思い出します。首・手首・足首を温めておく事はとても大事です。

さて季節がら、風邪はひきたくない・・と電車に乗っていましたら、若い男性の話声で、「加湿器・空気清浄機は、なくてもいいんじゃない・・」と耳に入ってきました。

「加湿器や清浄機なんて、昔はなくても、平気だったし、過剰な無菌はかえってよくないから、買わなくて良いのでは? 加湿は料理を作ったり、人が生活している中から水蒸気が発生するのでは?・・」

という話で盛り上がっていて、とっても、興味深かったです。

加湿器と清浄機の役割は、それぞれ違うと思うのです。

この時期、エアコンを使うと、乾燥がひどくなるので、加湿機のないお宅では、ぬれタオルを使うことをお勧めします。タオルを濡らしてよく絞り、ハンガー等に干して加湿します。簡単に加湿が出来、風邪予防対策になります。適正湿度は40%~60%位らしいです。 

風邪は、喉や鼻が潤っていないと、ひきやすくなってしまいますので、適度な加湿や、こまめな水分補給が大切ですよ。

灯油ストーブ・床暖・ガスストーブのお宅でも、やはり加湿器がない場合は、ぬれタオルをかけて予防することが出来ますよ。(暖房機の上にかけるのは、危ないのでダメです。)

生活の中からも確かに水蒸気が発生するのでしょうが、一日中、お湯を沸かしているのは、ちょっと大変かもしれませんね。ポット型の加湿器は、まさに湯を沸かしっぱなしの発想で、加湿するタイプですものね。

加湿器の種類を調べてみると、

〇スチーム式・・ヒーターによる加熱

〇気化式・・自然に近い蒸発作用

〇超音波式・・水を超音波によって微細な粒子に変え噴射

〇ハイブリッド式・・温風を水に送るスチームと気化を合わせた形

自分の生活スタイルに合ったものを買ったほうがいいですね。また毎年、新しい商品が出ていますので、違いを比較して、衛生面で取り扱いが楽なものを選びたいものです。いずれにしても、定期的なお手入れが大切です。

オフィスワークも同じで、寒くなってエアコンを使い始めると、敵面に唇が、数時間でカサカサになるのを経験している人も多いのでは。加湿器のプラスして、リップクリーム、ハンドクリームがオフィスワークには、欠かせません。乾燥は、お肌にとっても大敵です。

さて、空気清浄機はどうでしょうか?

子育て期に、私も、加湿は気を使っていましたが、空気清浄はあまり頭にありませんでした。昨今は、ペットと生活している方も増え、ウィルス除去もおこなってくれる、優れた清浄機がでてきているので、小さいお子様や疾患をかかえていらっしゃる方のお家では、あったほうが良いかも。

空気清浄機には、 

〇イオン発生器

〇空気清浄機

〇加湿空気清浄機

〇脱臭機

機能として4種あり、メーカーによっても特色が違うらしいです。

我が家では、5年ほど前に、清浄機を買い、室内の空気が澄んで「クリーン!!!」って感じが味わえたので、生活の質が上がった気はします。(笑)

 

これから寒くなってくるので、インフルエンザや風邪予防に皆さん気をつけていると思います。

外から帰ったら、まず、うがい手洗い。 うがいは、上を向いてきちんと行いましょう。上を向くのが難しい方でも、ぶくぶくして、口の中をすすぐだけでも、さっぱりします。 手洗いは、指の間をしっかり洗い、水分をしっかり拭き取ることが重要です。

では、良いお年を。

snow_globe_snow_dome

 


スタッフブログ一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation