母と娘の結婚準備

車椅子で映画に行こう!若者の街、渋谷でも大丈夫?

2017.10.03
image2

こんにちは。ケアエスコートの池上です。

 先日、ジム・ジャームッシュ監督の「パターソン」を渋谷へ観に行きました。

第69回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品です。

パターソンはなかなか感動ものよ

アセット 1

http://paterson-movie.com/

若い夫婦のありふれた日常が淡々と描かれていて、
主人公のパターソンが書きためている詩を回想で朗読するシーンがなんどもあり、
詩文体が映像にも表れてきて、マッチ箱が題材のその詩が美しくて、癒されまくりました。

個性的な日本人の詩人役で永瀬正敏!!が出演しており、独特の存在感が最高でした。
「ミステリー・トレイン」以降、久々のジム・ジャームッシュ監督作品への出演だったかと思います。

妻ローラ役のゴルシフテ・ファラハ二の雰囲気がとってもチャーミングで本当に良い奥さん。

日中は家でアダム・ドライバー演じるパターソンの帰りを待ちながら、
壁を塗ったり・カーテンに絵をかいたり、白黒の水玉が奇抜でとってもおしゃれ!!な場面も多彩でした。

見た映画館は、渋谷のヒューマントラストシネマさん。
ホールにも、「パターソン」の手作り広告が貼ってありました。

image1

image2
見終わったあとは久々にすごーくシアワセ気分に浸っており、
ガチャガチャした渋谷の街が一味違って見えた夜でした。

さて、こんな最高の映画あったら、みんな連れていきたいなあ、と思い、
待てよ・・・車椅子とかでも、この映画館は入れるかなと?と・・ふっと職業柄、
環境について思いめぐらしたのでした。

渋谷のヒューマントラストシネマは車椅子の高齢者に優しいかも

 「どんな時でも」シリーズ第一弾・・・!!!!と勝手に命名して考えました。
「車椅子の生活をしている方がこの映画館へ行くとしたら」を考えてみました。

http://www.ttcg.jp/human_shibuya/

ここ、渋谷のヒューマントラストシネマさんは全席指定。

介助があって座席へ移乗出来れば、かなりクッションが良く背もたれの高さがあるので、
身体をすっぽりと包みこんでくれます。

各階まではエレベーターがあり、ただ、結構複雑に止まります。

でも、ご心配しないで!!

車いすの方は事前に連絡をすると、スタッフの方が1Fに迎えに来てくださり、
案内してくれるようです。

車椅子のままで鑑賞できる環境です。

化粧室は間口がそれほど広くなかったので、専用のトイレがどこにあるのか、事前の確認が必要かも。

カフェが7階だったかな?あり、
キャラメルポップコーン・ヘーゼルナッツラテが最高においしかったです。

カフェ自体の空間はそんなに広くありませんので、
車椅子で行く場合は、購入してシアター内に持ち込んだ方がゆっくりできそうです。

渋谷駅からは明治通りを原宿方面に向かっていきます。

今は閉鎖されてしまった宮下公園のはす向かいの辺り。
お天気が良ければ車椅子介助してもらって、駅から歩いていくのも気持ちが良いかも。
道は凸凹もなかったように思いますが、歩道が狭い部分もあったので、ルートは事前確認が必要。

image2

image3

渋谷の街は時間に関係なくごった返し、平日の日中でも混んでいるので、
いつでも混んでいると思って、お出かけになった方がよいでしょう。

電車を移動手段で選ぶのであれば、最寄り駅の渋谷の構内は結構複雑なので、
事前にエレベーター・改札・フォームの位置・トイレの場所など、
前もって調べてから、どうぞお出かけください。

母と娘の結婚準備一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation