教えて!カイゴ (for wedding)

ご高齢のゲストの服装を迷っている方、お祖母はこれで!!

2018.04.10
_mg_4668-6

ケアエスコートの石川です。

ケアエスコートの仕事をしていると、祖父母の洋服についてよく質問を受けます。
両親の服装については、Webや雑誌に載っているので、情報もたくさん見れます。
ただ、祖父母となると、どのくらいのフォーマルがいいのか、迷うところですね。
ましてや、高齢で介助も必要になってくるといろいろ不安な点があるようです。

一般的に祖父母の服装は、新郎新婦の両親よりもやや控えめ、両親が正礼装だったら、
祖父母は正礼装又は準礼装になります。まずは、最近の結婚式でよくみる服装を紹介しますね。

祖父の場合は準礼装がほとんど

IMG_6151

 

 

 

 

 

 

 

  • スーツ・・・・ブラックスーツがほとんど
  • シャツ・・・・白無地でレギュラーカラー、
  • ネクタイ・・・白、グレー、白と黒のストライプなど。
  • ベスト・・・・めったに着用されていませんね。
  • タイピン・カフリンクス・・こちらもめったに見かけません。
  • ポケットチーフ・・・わりと皆さんつけています。あるだけで、グッと華やかな印象になりますよ!

※和装も素敵ですが、最近ではほとんど見かけません。

 

祖母の場合、人気は黒留袖。でも絶対におススメは、洋装!!

祖母の場合、やはり黒留袖が多い印象です。ドレスは、ワンピースとツーピースが半々くらい。
でも、ご高齢だったり、要介護のおばあ様の場合は、絶対洋装をお勧めします。

理由は、次の2点で、とっても重要です!!

  • お手洗いがスムーズにできる 
  • リラックスして過ごせる

結婚式出席にあたり、一番心配するのが、結婚式場でのお手洗いのこと。
初めて行く場所なので、もし失敗したら・・・という不安をとても多く聞きます。

また、結婚式の日は一日長いですから、出来るだけ疲れないように、
身体に負担がかからない楽なスタイルが良いです。
だから、何枚も着物を重ね、ひもや帯できつく縛る和装よりも、
簡単に脱ぎ着ができて、締め付けの少ない洋装がおススメなのです。

 

さらに洋装は、トップスとパンツの一択!!

ワンピースかツーピースか? 丈もロングなのかミディアムなのか?パンツスタイルはありなのか?
アクセサリーやバッグはどうするかなどなど・・・。
女性の服装は幅広くて、選ぶのも大変ですよね。

私たちのお勧めは、ずばり トップスにパンツというスタイル。

%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%9d%e3%81%ae4

 

 

 

 

 

 

 

%e3%82%ab%e3%82%bf%e3%83%ad%e3%82%b0%e3%81%9d%e3%81%ae%ef%bc%92

 

 

 

 

 

 

 

理由は、介助がある場合でも、ない場合でも、お手洗いがスムーズに、負担なくできるからです。
また、歩く時も、スカートだと足の動きが制限されて、転倒の危険もあるので、
動きやすいズボンの方が安心です。

  • トップスについて

インナーにジャケットというスタイルが楽です。インナーは、前開きの物がいいですよ。

肌着(タンクトップやキャミソール、長袖や七分袖の肌着)をそのままインナーにする方も、
肌着の上に、シャツブラウス、シフォンブラウス、カットソーなどを重ねて着る方もいます。

いずれにしても、着替えのしやすさからは、頭からかぶるタイプではなく、
腕を通すだけで済む前開きの物が良いですね。(腕や手に麻痺・拘縮がある方には特に)

肌着をインナーとして着る場合は、その上に着るジャケットやカーディガンなどから、
肌着が見えないか、透けないかをチェックしましょう。

  • ジャケット・・・出来るだけ軽い素材の物で、少し大きめを選ぶ

カッチリとしたジャケットもあれば、軽いシャツブラウスの様なジャケット、
少し透け感のあるレース素材のジャケットなどがあります。

カッチリしたタイプのジャケットを選ぶときは、長時間座って居てもお腹が圧迫されないか
確認しましょう。
また、立ったり、座ったり、食事したりするときに、腕の動きが制限されないか?
肩幅やウエスト周りに余裕があるか?みてくださいね。

ジャケットだと着慣れなくて窮屈に感じる方が多いです。
麻痺や拘縮がある方の場合は、ジャケットよりもカーディガンなど、
柔らかい素材のトップスがおススメですよ。

色は、黒、シルバーグレー、ベージュなど、シックで無難な色が好まれていますね。
でも嫌いでなければ、明るい色がおススメです。
華やかな雰囲気になるし、表情も明るくより生き生きと見せてくれます。
式場では、「ちょっと派手かな?」と思うような色でも、意外と馴染んでしまうから不思議です。

明るい色に抵抗がある方には、レースやラメ、光沢のある素材、アクセサリーで
華やかさをプラスしましょう。

 

IMG_6150

 

 

 

 

 

 

  • パンツ(ズボン)やスカートについて

介助を必要とされる方には、パンツ(ズボン)をおススメしています。
理由は、和装より洋装をおススメするのと同じで、お手洗いがスムーズに、負担なくできる様にするためです。

パンツ(ズボン)を選ぶポイントは3つ!!

 ・ウエスト部分が、ゴムタイプのもの
 ・丈は、くるぶし位の長さ
 ・裾は、広がっていないもの

ウエストに、ホックやチャックがあるタイプだと、お手洗いや着替えの際、着脱に時間がかかります。
ゴムタイプであれば、ズボンの上げ下げだけで済むので、介助の必要な方への負担も少なくて済みます。
また、車椅子の方は一日座って居る時間が長いので、ウエスト周りに余裕があるゴムタイプの方が、
締め付け感なく楽に過ごせますよ。

立ち上がりや歩く際には、ズボンの丈や裾も、とても重要です。

丈が長いと裾を踏んで転倒したり、車椅子から立ち上がる際に、裾が車椅子の足置きに引っかかって、
前につんのめってしまう事もあり危険です。
反対に短すぎると、車椅子に座って足置きに足を置いた際、
足首やスネが見えてしまいますから気を付けて下さいね。

「どうしてもスカートが履きたい」という場合。

これは、ワンピースよりツーピースが絶対おすすめ!!

裾を踏んで転倒の危険があるロングスカートは避けて、ひざ下丈くらいのスカートを選びましょう。
ただあまり丈が短いと、車椅子に座って足を足置きに置いたとき足が見えてしまいます。
寒い時期だと足元から冷えてくるので、長さは要注意ですよ。

 

絶対に、あると助かるひざ掛け

ちなみに、ズボンでもスカートでも、ひざ掛けがあると何かと便利なので、
持って行くことをおススメします。防寒対策はもちろん、足元や汚れを隠したりにも使えます。

結婚式に出席するおばあさま

 

 

 

 

 

 

 

パンティストッキングはやめて!! 靴下かひざ下ストッキングで

ズボン、スカートに関わらず、パンティストッキングは出来るだけ避けてください。

以前、立つのがやっとのお客様が、スカートの下にパンティストッキングを履いて来られました。
いざ、お手洗いをする際、下げるのは簡単なのですが、ストッキングには弾性があるので、
引き上げるのがとにかく大変。(股下部分が上手く合わないんです・・)
その間もお客様には手すりにつかまって頂き、何とか立っていて頂いている状態なので、
ご本人もとても大変だったと思います。

これをお手洗いの度に繰り返していたらどうしょう・・。
介助の必要な方には大変な負担ですし、とても疲れてしまいます。

パンティストッキングではなく、靴下や、ストッキングでもひざ丈の物だったら、
お手洗いの際は下着だけの上げ下げで済みますよね。

女性なら一度は履いたことあるかと思いますが、ストッキングには弾性があるので力がいるし、
スムーズに履くにはコツがあるから結構大変なんです・・。

片方ずつ履く時バランスを崩してふらついたり、伸ばし方が甘くて、ウエストの部分まできちんと上がらなかったり、(股下の辺りが窮屈になって足の動きを妨げます)
お手洗いの時も、先ほどかいたように、下着+ストッキングの上げ下げでひと手間かかってしまいます。

 

靴について

(靴については別記事参照↓↓↓)

 

アクセサリーは、無くてもいいけど、あると華やかに

家族にとってもハレの日ですから、いつもより少しお洒落に、華やかにしてはいかがでしょうか。
首回り、胸元が華やかなだけで、お顔の印象もパッと明るくなります!

  • パールのネックレス

一連で長すぎないもの(全長40センチ前後)がベストです。
二連の物や長いタイプは、かなりの重量感があり、一日していると肩が凝ったり、
疲れやすくなってしまいます。
ネックレスのパールの大きさですが、パールの粒は8㎜で0.8g、10㎜で1.5g、12㎜で2.5gとどんどん重くなります。40㎝~50㎝のネックレスだと、50g~100gもあります。
卵Mサイズが約60gなので、結構な重さですよね。
また、立ったり座ったりの際にネックレスが引っかかったり、
お食事の時に邪魔なったりと、お身体に何かしらの不安がある方は避けた方が良いでしょう。

コットンパールで気軽にもあり

最近では「コットンパール」という、その名の通り、コットン(綿)を圧縮し球体を作り、
その上からパール加工を施した物を使ったネックレスもあります。
ただし、コットンパールはあくまでフェイクのパール。
「結婚式で身に付けるのは相応しくない」「マナー違反だ」という声もあります。
確かに、格式を重んじる結婚式が主流だった頃は、コットンパールが敬遠されるのも分かります。
でも近年、結婚式の形式自体がカジュアル化しているので、
服装マナーもそれに合わせて変化していくのは、自然の流れだと思います。
最近では、花嫁さんがコットンパールのアクセサリーを身に付ける事もある位、
ブライダル業界でも浸透しつつあります。
天然パールよりも柔らかな風合いで、肌馴染みもよく、優しい印象にしてくれますし、
なんといっても軽い!!!普通のパールのネックレスと比べると、重量は半分以下に感じます。
ネックレスをすると肩が凝る方や、ご高齢の方にはおススメしたいです。

  • コサージュ

IMG_4275

 

 

 

 

 

 

他のアクセサリーがなくても、コサージュがあるだけで華やかさは断然違います!

ケアエスコートでコサージュをつける方は、シルバーやグレー、紺、紫など無難な色が人気かな?
でも高齢の方の場合、洋服自体シックな色(黒、シルバーグレー、ベージュ等)である事が多いので、
コサージュはピンクやレモン色、ゴールドなど、あえて明るい色を選ぶのもおススメです!

ピンクやパステルカラーが好きというご高齢の方、実はとっても多いのに、
「もうこんな歳だから・・」と、
控え目に無難な色を選ぶ傾向があるように感じます。
ピンクが好きでも着る物だとちょっと・・と抵抗があっても、
胸元のコサージュ位ならどうでしょう?

大きさはあまり大きすぎず控えめな方が上品です。
特に、立ったり座ったりや食事に介助が必要な場合は、動作の妨げにならない様に。
大きさは12㎝位を目安に。小ぶりな物を選びましょう。

※コサージュの留め具は、ピンやクリップなどがあります。
特にピンの物は、高齢の方などが自分でつける際には、
間違って手や身体に刺さない様に十分注意して下さい。
また、ピンがしっかりハマっているかも確認してください。
(ピンが洋服に引っかかってるだけの事があります)

  • イヤリング(ピアス)

イヤリングをつける方は少ないですが、つける方だと、パールのネックレスとお揃いで、
パールのイヤリングが多いです。
イヤリングはショートヘアと相性の良いアイテム。
髪を短くされている事が多い高齢の方には、とても似合うアイテムとも言えますね。
髪型のアレンジが難しい分、イヤリングをすることで華やかな印象にもなります。

ただ、普段つけ慣れていないと、すぐに耳が痛くなってしまう方も多い様です。
イヤリングのネジの締めがあまく、気づくとどこかに落としてしまった・・
なんて事も少なくありません。
違和感から無意識に耳を触って、落としてしまう方もいます。

イヤリングは、あえて準備するというより、あったら着けてみる位で良いと思います。
痛くなったらすぐ外せば良いですしね。

  • バッグ

IMG_6155

 

 

 

 

 

 

・バッグは、ハンカチやティッシュが入るくらいの、小ぶりな手提げやポシェットが
ちょうど良いと思います。
ご家族が必要な物を持ってくれる場合は、手ぶらでも良い位です。
(女性は手ぶらに抵抗があるかもしれませんが・・)

お式当日は、移動や立ったり座ったりも多いです。
万が一転びそうになった時、とっさに身体を支えられるように、
出来るだけ荷物は少なく、手が開いていた方が安全ですよ。

  • スカーフやストール

お洒落はもちろん、冬の寒さや夏の冷房の冷え対策に使えます。

以前、お客様が着てこられた洋服が大きすぎて、
首元から、中のインナーが見えてしまっていた事がありました。
私達もインナーが見えない様に服を引っ張り上げたりして、何とか隠していましたが、それにも限界があります・・。
でもそのお客様は、バッグに綺麗なレースのスカーフをお持ちでした。
これは!!と思い、インナーを隠すように首元に巻かせて頂きました。
すると出ていたインナーは隠れるし、なにより先ほどよりもグッと華やかに変身!
お客様も「こっちの方がいいわね!」と喜んで下さり、私達もホッとひと安心。
思いがけずスカーフが大活躍したお話でした。

 

無理をせずに、普段よりも少しだけおしゃれに

高齢の方やお身体の不自由な方など介助を必要とされる方の場合、
例えフォーマルな場であっても、正装する事が難しい場合もありますよね。
無理をして服装にこだわらず、普段より少しおしゃれをする気持ちでいいのでは?
せっかくのおめでたい日に無理をして体調を崩したり、怪我をしてしまわないように、
着心地が良く、身体に負担のない物を選ぶことが大切です。


教えて!カイゴ (for wedding)一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation