教えて!カイゴ (for wedding)

黒留袖を着たい!!高齢の母や祖母で介護がいる時、どうする??

2018.09.03
255aea2206582c1d7302d24d49911282_s (2)

ケアエスコートの池上です。

ご結婚が決まると、ご親族も日程に合わせて様々な準備を始めなければならないですね。その中でも、まずお召し物。

「何を着ていこうかしら?」

「あちらのお母様は、何を着てこられるかしら?」

「おばあちゃまはどうしよう?」と次々と課題が出てくるかと思います。

結婚式での高齢者の服装で迷ったらこちら。

「高齢の祖母の服装はコレ!」結婚式で恥かかない!疲れない!15個のポイント

ここでも書きましたが、介護が必要な方には、絶対、洋装で、それもツーピースとお伝えしています。

ただ、介護がない方の場合は、どの立場でご出席するのか、ご年齢やお相手の親族との兼ね合いなど、色々考えて選ばないといけないのが礼装。

今回は、日本では一番の礼装になる着物や留袖(女性)についてお伝えします。

もくじ

1.結婚式の礼装の王道、黒留袖

2.黒留袖とレンタル

・新郎新婦のお母様の場合
・黒留袖をレンタルする場合
・小物とは
・足袋の選び方
・お草履と鞄
・冬場の場合
・送賓後のお着替えと返却の流れ
・もしも、レンタル品を汚してしまった場合

3.着付けについて

・当日着付けをしてくれる方
・予約の時間・場所
・式場とは別の美容院を予約した場合

4.写真撮影時やお式の最中に気を配りたいこと

サポートや介護が必要な方が着物や留袖を着た場合の注意点。

1.着付けについて

2.場所を移動するときの注意点

3.お食事についての注意点

4.お手洗いについての注意点
・お化粧室
・休憩室とリクライニング式車椅子
・オムツ使用・パット
・多目的トイレ 

5.雨の日対策

6.まとめ

1.結婚式の礼装の王道、黒留袖。

両家の母上様は、まず黒留袖と考える方も多いはず。日本女性の第一礼装ですものね。

黒留袖の列席者がいらっしゃるとお式全体が格式高い雰囲気になり、華やぎます。私たちも結婚式で黒留袖をお召しの方を見ると、うっとりさせられます。

黒留袖は礼装の王道で、お式場のスタイルが和式であっても洋式であっても、お式場では黒留袖の母上様・おばあさま・叔母様を、まだまだお見掛けします。慣習としては新郎新婦の母親・祖母・おば・近親の既婚女性(姉妹)で、ゲストをお迎えする主役に近い立場の方が着るものとされていて、先方の同じ立場の方が何を着ていらっしゃるかにより「格」を合わせる意味で、黒留袖でのご列席を決めるのがしきたりのようです。

2.黒留袖とレンタル

・新郎新婦のお母様の場合

一般的に 家紋は 背中 両胸 両袖の5箇所に入っているものと言われています。

ご招待するゲストの方への礼儀をここで表明することができるそうです。ただ、最近はレンタルも多く、家紋を気にされる方はあまり見かけなくなったとのことです。

黒留袖の特徴は地の模様がない縮緬で胸に柄はなく裾に模様があるものオールシーズンは袷  6月と9月は単衣  夏は絽(透け感のある生地でフォーマル用)といいますが、今はお式場内もエアコンがきいており、移動もお車のためオールシーズン袷でお式に列席するすることは、特におかしくないようです。それでも地域の慣習やお家ごとの考えもありますので相談して決めたほうがよさそうです。

新郎新婦のお母様以外の方が黒留袖をお召しになる場合は地域ごとに考え方がちがうので慣習にお詳しいご家族の中の年長者やお式を担当するプランナーさんにご相談してみるとよいかもしれません。

・黒留袖をレンタルする場合

店頭とネットでは、レンタル料金が違うのかな?と思って「晴れ着の丸昌」さんでみてみました。

確認した時期では、標準レンタルの品物が、ネットでのレンタルでは、2万円ほどお安くなっていました。

小物もレンタルの中に含まれています。

中には、直に肌に触れる足袋・肌着は新品のものをプレゼントしてくださるお店もありました。

・小物とは

img-rental_set (1)

晴れ着の丸昌 フルセットレンタルより

上記のレンタル商品では半襟が長襦袢につけてくださってあるので手間がかかりません。

バックや草履は別のようですので、確認が必要です。

足袋だけは、念のため、届いたらすぐに履いてみてください。

コハゼが留まらなかったり、足にフィットしないなどのトラブルがないか確認しておきます。

・足袋の選び方

三松 吉祥寺店さんから伺いました。

足袋は靴のサイズから0.5cmマイナスした大きさで購入するそうです。

午前と午後では足の大きさが多少違います。お式が長時間になると足の浮腫みが出てくることも考え、伸縮性がお勧めです。

キャラコ(綿100%)の足袋を購入する場合は、伸縮性がないので履いてみたらコハゼが留まらなかったという事もあります。コハゼはピタッと履くため2段階ありますが、やはりナイロン製で伸縮性のあるものがおすすめです。

足袋はフォーマルの場合、足首が見えないほうが美しいとされ、5枚コハゼでという美意識のある地域もあったようですが、最近では4枚コハゼでも問題ないようです。

基本はしわが寄らないようにぴったりと足袋は吐くのが美しいとされていますが、履きなれない場合は緩めのものや伸縮性のあるものがおすすめです。

色は絶対 白

IMG_2733

・お草履と鞄

白地に金か銀の布地もしくはエナメル

かかとは4~5cm

もしレンタルの場合は、鼻緒がかたく、親指の付け根が痛くなるかもしれませんので、おうちの中で履いて慣らしておきましょう。

鞄は着物や草履にあった鞄で。ただ、新郎新婦のお母様は、持ち物が多く、鞄にプラスして、大きめのバックが必要な場合があります。淡い色味か黒がいいのでは。

・冬場の場合

足袋の中がネル生地のものやフリース素材で加工された足袋があり、1,000~4,000円くらいの価格です。

肌襦袢の下にヒートテックを・・と考えてしまいがちですが、後身頃の襟ぐりが大きいヒートテックを探さないと衣紋(えもん)から下着がのぞいてしまいますので要注意です。長時間のお庭などでのお式でなければ、会場内の空調はかなり快適な温度が保たれているので、防寒としての肌襦袢の下に着る着物専用の下着はわざわざ購入しなくても、十分快適に過ごせるはずです。それでも、体感温度は人それぞれ違いますので、冷えやすい方で下着をご準備される場合は手持ちの中でも後ろ身頃が大きくあいているもので試してみましょう。

・送賓後のお着替えと返却の流れ

〇式場でレンタルした場合→更衣室で着がえ、簡単にたたんで、物品がそろっているか確認後、軽くたたんで更衣室へそのまま置いて返却完了。

〇個人でレンタル契約し、式場に持ち込んで着がえた場合

→式場で着がえるより、そのまま黒留袖のまま帰宅したほうが、着替えを持ち歩かなくてすみます。自宅で着替え、宅配便で返送。

〇ご自分で予約した美容室でレンタルした場合→ お式後、その美容室へ直行して着かえて返却。

レンタルの場合には、物品リストがあるので紛失しないように、当日の荷物と一緒にしておきましょう。末広などの小物は紛失しがちなので、自分の鞄の中身のチェックも忘れずに。

 

・もしも、レンタル品を汚してしまった場合

借りるときに保険加入を進められますので、契約の際どこまで補償されるのか確認しておきましょう。

補償の範囲は、汁のシミ、とびはね、こぼしてしまった、汗じみなどのようです。別途料金が請求される場合は損壊が著しいときです。 

〇宅配レンタル衣装アイビスさん 万が一に備えて安心パック 一律1,000円

〇着物ワールドさん レンタル衣装1点につき 1,080円

〇着物レンタル365 足袋も下着も一式セット 安心パック 一律1,000円

1,000円を払っておけば想定内の汚れは補償をしてもらえるのでクリーニング代金と思えば安いですし、安心です。通常自前の着物をクリーニングに出すと丸洗い12.600円(比翼仕立 下記に写真掲載)このくらいの金額は当たり前にかかってしまいます。

 

3.着付けについて

・当日着付けをしてくれる方

〇お式の会場内にテナントとして入っている美容室の美容師さん

〇式場提携サロンからお式当日派遣されるシステムをとっている式場さんではそのサロンの美容師さん

〇フリーの美容師さん

にお世話になるかと思います。

ご親族様でしたらお式場に美容室があれば、ご新郎ご新婦とともにその美容室へご予約ができるかもしれません。美容室を併設していない教会やレストランでお式を行う場合は、式場に近い美容室や行きつけの美容室へお願いすることになります。

お式全体が過密なスケジュールなので、結婚式の時間配分やブライダルでの見せ方に精通しているブライダル専門の美容師さんがいる美容室がお勧めです。早めに問い合わせをし、段取りを確認すると良いでしょう。髪型・アクセサリーについても相談でき、着崩れしたときのなおし方などもアドバイスしてもらえます。

db23e1924aaf724af0b590d3964e315d_s (2)

・予約の時間・場所

着付けがある場合、美容室予約時間は親族紹介の開始時間から逆算して着付け・お髪セット・メイクで2時間くらい前になるはずです。

美容室と会場が離れている場合は移動時間も考えて時間配分する必要があります。また、お式場内の美容室の場合でも、施設内がとても広いお式場もあります。

美容室がどこにあるのか、その階と美容室のお名前・集合時間を再度確認しておくとよいかもしれません。

・式場とは別の美容室を予約した場合

会場までの移動時間が車で15分の場合、15分+ヘアメイク・着付け2時間なので、約2時間15分~2時間30分前に美容室に着いているように案内される場合が多いようです。

4.写真撮影時やお式の最中に気を配りたいこと

末広が写真撮影の際には帯にきちんとさされているか確認します。

末広(祝儀扇)をさす位置

IMG_3655 (2)

 着ている時間が長いとお太鼓も乱れがちになります。

車椅子に座っている場合はみえることはあまりありませんが、形は常に整えたいものです。帯のタレはめくれやすいので、気をつけて。

帯じめ 穂先がぶらぶらしがち。お祝いの席では房が上を向くように挟み込みます。お祝い事は、房が左右上向き!

帯揚げ は正面中央で本結びし結び目が綺麗に長方形になって帯揚げの両端が出てきやすいので帯の中へ突っ込みます。

  踏んでしまうほど裾がでてきてしまったり、車椅子に座していらしても、あわせがずれて御足が見えてしまうことがないように。おはしょおりで裾の長さは調整できます。お化粧室で鏡を見ながら良い位置まで内側を上方向にひいてみましょう。短くしすぎて、長襦袢がのぞかないように。

衣紋 首の後ろ中心にきているかつねに確認したいものです。

「着くずれの原因は、たいていの場合、着付けに問題があるか、着物を着てからの動作に問題があるかのどちらかだそうです

サポートや介護が必要な方が着物や留袖を着た場合の注意点。

介護が必要なお母様や80代、90代のおばあ様でも着物や黒留袖で結婚式に出たい・・・と思われている方は多くいらっしゃいます。お洋服のご相談の時、「本当は黒留袖を着たかった・・・。」「介護状態では無理だと思ってやめてしまった・・」と残念そうにおっしゃることも。

また、どうしても黒留袖で出たいのだけど手伝ってもらえるのかしら?とご質問もいただきます。

ただ、その場合はより多くの準備やサポートが必要になります。

着替えの時間や長時間の着物の締め付け、お手洗いでの工夫を考えなければなりません。 

IMG_3649 (2)

 

着付けについて

出来れば、結婚式場に併設された美容院がおおすすめです。

事前にプランナーさんへ伝え、通常より多めの時間をとっておきましょう。着付け時に困ることやお手洗いの時のことを考えてやってもらうと助かります。

洋装でも和装でも、事前にお身体の状態をお伝えし、車椅子や椅子に座っての着付けになる場合は、予約の際に必ず申し出て詳細を打ち合わせておくのがいいでしょう。

美容室内のお化粧室の場所やトイレの形状・車椅子の動線を教えてもらってください。杖歩行の場合は、階段やエレベーターの有無も確認が必要です。

美容院から式場までの移動手段や車の手配も必要です。

車椅子の方の場合は、車椅子のまま乗り降りできる車かどうか、停車場所も確認しておくと当日慌てずにすみます。

まず、着付けは美容師さんの仕事ですが、身体の動作介助を無理のない姿勢で行うようにサポートが必要になります。立ったり・座ったり・手を挙げたり・片足を挙げたりという簡単な動作が、身体の不自由の方にとっては大仕事です。バランスを崩しやすく、転倒して頭を打つ大事故につながりかねません。そして介護する側にも知識と技術が必要になります。

力任せに介護を行うと、お互いの身体をひねったり、ぶつけたり、ひっかかったり必ず事故が起こります。

また、爪やヘアピン、腕時計、ピアスなども、皮膚の弱い高齢者にとって、は思わぬ事故の原因になります。

 

場所を移動するときの注意点

着物や留袖を着た高齢の方の場合、移動には時間がかかります。

私たちは、日常何気なく歩いています。私の歩行速度を計測すると、靴の場合、10mを14歩で7秒でした。でも、着物で草履をはいていると、22歩で、19秒です。

介護が必要な方ですと、さらに小股でゆっくりの歩行になります。車椅子や杖で移動する場合はさらに移動時間がかかります。

車椅子の場合、私たちがちょうどよい乗り心地のスピードは10mで平均14秒。13秒だと少し、早く感じられ、10秒以下だと、少し怖い感じです。

車椅子だと、歩くより、2倍も遅い事がわかります。

結婚式当日は、会場内の移動が多い上、時間がつまっています。

挙式が始まってからは、プランナーさんや式場スタッフの方が進行にそって声をかけてくれますが、早め早めに動くほうがいいでしょう。

①美容室 ②親族控え室 ③挙式会場 ④披露宴会 ⑤お化粧 ⑥フォトスタジオ

⑦更衣室 ⑧休憩室

当日の移動はだいたい上記の8箇所です。

着物で過ごすことをイメージし、動線を考えておきましょう。

 

お食事のときの注意点

【お食事中の注意】

食事では半襟への汁の飛び跳ねや食べこぼしが考えられます。

お席に準備されているナフキンだけでは心配な場合は簡易の不識布エプロンや

無地の白いハンカチーフを1枚お食事用で準備しておくと便利でしょう。

 

お手洗いについての注意点

・お化粧室にて

トイレでは袖や裾が便座の中に落ちてしまわないよう、袖の裾を帯へピンチで留めます。
(クリップや簡単にはさめるものでも大丈夫です。)

IMG_8561

裾は着物と長襦袢の裾を一緒に持ち上げ帯を包むように持ち上げます。

・休憩室とリクライニング式車椅子

横になった姿勢での排泄ケアが必要な場合は、事前にプランナーさんへ休憩室の用意をお願いすることが必須です。休憩室にはベッドや横になれるソファがあるかどうかの確認もしておきましょう。

会場内に休憩室がない場合は、車椅子のリクライニング式やティルトタイプの車椅子を手配。車椅子自体の角度を変えられる機能が付いているので、着物のまま座面の角度を変えることで、臀部や大腿部への体重負担を分散し、移乗をせずに身体を休めることができます。

お式の進行中、新郎後新婦が中座している時間帯など簡単に休憩できます。

 

・お手洗い(排泄)が心配な場合

パットやテープ式、リハビリパンツを利用されていても、漏れが気になる場合は

着付けの段階で肌着の次に フラットパットで対応する方法があります。

立つことが出来ない方の場合、フラットパット70×32(パットの中でも一番薄く立体的でなないもの)を臀部中心に腰全体から大腿部にかけて巻いてから、長襦袢を着ていただきました。

フラットパットとは

item_main03_01

サルバ 応援介護フラットタイプ

 

・多目的トイレとは

お着物でお化粧室を利用する場合は、全身鏡があると着崩れのチェックができますので大変助かります。さらに介護が必要な方は、トイレの個室自体のスペースが気になります。多目的トイレがあると一番安心安全です。

会場によっては、無い場合や、あっても離れた場所のこともあるので、事前に確認しておきましょう。

多目的トイレは、便器周りは車椅子でスムーズに方向転換ができるように、十分なスペースがあります。横の壁には手すりが付いています。また、トイレによっては、便座の部分に背もたれや肘掛けが付いている場合もあります。背もたれや肘掛けなどがあることで、楽に座ることができます。

 

雨の日対策

車椅子の場合、車で来るとしても、多少は車椅子で外を移動しなければならない場合も頭に入れておかなければなりません。

先日、雨天の結婚式の披露宴後、車椅子のお客様を車におのせするため、外に出ました。会場のスタッフさん2名で、二重に傘をかざしてくださり、何気ない心遣いに感動しました。

車椅子に乗った場合、全長(車椅子後輪からフットレストまで)83cmほどあります。70cmの傘か90cmの傘があると、車椅子に乗車している方のほぼ全身を覆うことができます。ショールなどすぐに引っかけられるものがあると、直に着物がぬれずにすむかもしれません。

足元も飛び跳ねが気になりますので、足袋ははき替えがあると良いですね。

簡易のレインコートがご自宅にあればお膝にかけるだけでだいぶ違いますので、お天気が心配な時は荷物に一つ入れておくと安心です。

 

まとめ

サポートや介護が必要な方が着物や留袖で結婚式に出席するときの注意点

・ホントの本当は、洋装で、それもツーピースがお勧め。

・着付けの美容室は、できれば、結婚式会場で。

・介護が必要な方の着付けは、サポートが必要。

・移動に時間がかかるので、時間は多めに計画しましょう。

・移動の動線もしっかりチェック。

・お食事用に念のためエプロンやハンカチなど用意しておくと安心です。

・トイレ用に、裾をあげるピンチがあると助かります。

・休憩室がない場合には、リクライニング車椅子の準備を。

・フラットパットを利用すると安心です。

・多目的トイレがあるか、場所はどこか、知っておきましょう。

・雨の日はそれなりの準備を。

ハレの日に何を着ていくか思い巡らすことは本当に楽しいことです。ただ、介護やサポートをされる方は、式場の設備や動線、結婚式当日のスケジュールなどの情報をできる限り集めておきましょう。そして、当日をイメージしながら、必要なものを準備しておきましょう。

とはいえ、当日はもとより、準備でも、新郎新婦やご家族はとても忙しいものです。”準備に困るる・・” ”どうすればよいのか分からない”というご家族のお話をよく伺います。もし、何かでお困りの時は、私たちスタッフが、いつでもご相談お受けしますので、どうぞお気軽にお問合せ下さい。


教えて!カイゴ (for wedding)一覧

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation