ご利用実績(結婚式)

ホテル ニューグランド(横浜)Ⅲ


ご状況・ご心配されていた点

ご新郎様のご祖母様で、車椅子にて披露宴参列のサポート。体力的に心配なので、披露宴のみご参加。疲れてしまう・・と、消極的なお気持ちになりがちなご祖母様と一緒に、お写真が撮れると嬉しいとのご希望でした。

当日の内容

9:30 ホテル客室へ訪問
    服薬・整容・着替え
10:30 集合写真
10:40 客室にてケア
11:50 披露宴会場へ移動
12:00 披露宴開宴
14:30 おひらき
14:40 客室にて着替え
15:30 終了

スタッフ後記

体力に自信のない、要介護度5の新郎様のご祖母様でした。はじめは、披露宴だけでも参列できれば・・とのご相談でした。

結婚式の前の日からホテルでお過ごしになり、結婚式当日もお泊りになるとの事で、ゆったりしたスケジュールを組まれていました。休憩できるお部屋があるのは、お客様にとっても、私たちにとっても、大変ありがたいことでした。人目を気にせず、横になっていただけるからです。

親族紹介や挙式は無理でも、写真は一緒に入ってもらいたい・・・という娘さんのご本音も、話を重ねていくうちにわかってきました。

「疲れちゃうから」・・という、ご祖母様のお気持ちを大切にしつつ、親族紹介か挙式か写真撮影か・・どれかに少し顔を出せるように、プランを幾通りか考えていました。

 

通常、2.3週間前に、お顔合わせを兼ねて、ご状態の確認のため、訪問するのですが、今回は、前の日に伺いました。お会いしてみると、お電話で伺っていたご様子より、お元気そうな印象を受けます。

もしかしたら、親族紹介なら、お連れできるかも・・という予感がしました。

 

結婚式当日です。

朝はいつもゆっくりお過ごしになるとの事でしたが、起きて待っていてくださいました。ちょうど朝食代わりのヨーグルトを召し上がったところでした。

お顔色も良く、ご気分も良さそうなので、早速お支度にとりかかります。

 

口紅なんて、何年振りだろう・・というお顔でした。

お髪も整えて、お支度が整ってきます。やっぱり女性ですから、おしゃれをするのは楽しそうなご様子です。ご気分も良さそうです。

「せっかく、キレイになさったので、お写真だけでも、行ってみましょうか?」と、伺ってみました。

なんと!!「じゃあ、行ってみましょうか。」とお返事が返ってきたのです。

娘さんの嬉しそうな表情が、私たちの目に飛び込んできます。そうこうしているうちに、親族紹介の集合時間が近づいていました。娘さんが、お部屋を後にしていきます。

 

前日の打合せでは、消極的なご祖母様を憂いて、無理そうだったら上着だけ着れれば、ということになっていました。

ところが、いざ、身支度をはじめてみると、ご祖母様ご自身から、「ズボンも代えたほうがいいわよね。」と。

寒がりなご祖母様。厚手の靴下は外せません。カイロは、低温やけどが気になるので、スカーフにくるんでひざ掛けの上に置いてみることにしました。ズボンをはき終え、時計を見ると、挙式がそろそろ終わる頃です。

私たちは、写真室へ向かいました。客室と同じ階に、写真室があったので、移動時間がかからず、とっても助かりました。

 

写真室の扉を入ると、ちょうど反対の扉から新郎様がご入室してきました。

ご祖母様にすぐに気づいて、「おばあちゃん、よかったね!」と声をかけてくださいました。

新郎様を見上げながら、嬉しそうに、涙ぐまれるご祖母様。

写真の列に入ります。大切な親族の集合写真。

写真撮影が終わりました。隣に並んでいた娘さんが、ご祖母様をあらためて、まじまじとご覧になっていました。

「おばあちゃん、きれいにしてもらって、見違えたわ!!」

 

この後、披露宴開始まで、60分ほどあります。部屋に戻ってご休憩していただきました。

カーテンをしめ、部屋を暗くしました。やっぱり特別な日なので、眼を閉じてはいらっしゃいましたが、ぐっすりは眠っていられませんよね。

 

再度、お髪を整えて、披露宴会場へ移動しました。

本館からタワー棟へ向かいます。ホテルの構造が複雑なので、各階の部屋の名前が目印になります。開宴10分前、披露宴会場のフロアに到着しました。

ご親族やゲストは、ウェルカムドリンクを、別の階で楽しまれています。ご祖母様が、披露宴会場に、1番乗りでした。

 

ホテルニューグランドには、6つの披露宴会場があります。その中の1つ、ここ、「ペリー来航の間」で、披露宴が行われます。タワー棟1階正面入口の横にある、エレベーターで3階になります。

私たちは、客室から向かったので、4階で、本館からタワー棟へうつり、タワー棟のエレベーターで3階へ降りてきました。3階でも、棟が違うと、披露宴会場とつながっていないことを知っていたので、迷わず行けました。

「ペリー来航の間」の壁には、ペリー来航に因んだ「ペリー提督・将校の横浜上陸図」が飾られています。

 

この日、ご祖母様は参列されませんでしたが、挙式は、披露宴会場のあるタワー棟の18階スカイチャペルで、行われていました。

 

挙式が終わると、教会に面しているパティオと呼ばれる中庭で、フラワーシャワー・集合写真が行われました。そして、披露宴開宴まで、ウェルカムドリンクを楽しまれた皆様が、3階の披露宴会場に集まってきました。

 

披露宴の開宴。

新郎新婦の入場です。一歩一歩高砂へ進んでいく二人を、見逃すまいと、ご祖母様は、そのきゃしゃな身体全身をゆすって、力いっぱい拍手をしていました。本当に嬉しそうです。

 

新郎新婦が着席すると、高砂の後ろのカーテンが、オープンしました。

ガラス張りの壁の向こうに、氷川丸があらわれました。この会場ならではの演出でした。和やかに披露宴が進行していきます。

 

ご祖母様に挨拶のため、近づいて見える方もいらっしゃり、そのご挨拶する姿が、凛として美しいではありませんか。消極的なご祖母様はどこかへ行ってしまいました。

 

そして休むことなく、2時間半の披露宴を、満喫されました。披露宴中、何度も感情があふれだしてきて、ハンカチが手放せません。 

送賓では、新郎新婦とご両家の親御さんを前にした途端、言葉を失ってしまい、感無量のお姿に、お相手の親御さんも涙してしまいました。

体力の心配はあったものの、お食事も完食され、ご家族との話に花が咲いているのを、みていたら、私たちも、なんとも温かく、しあわせな気分になっていました。

結婚式、家族が集まるって本当に素敵です!


ご利用実績(結婚式)一覧
ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation