ご利用実績(結婚式)

セント・ラファエロチャペル銀座(東京・銀座)

チャペル内③

セント・ラファエロチャペル銀座にてお式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

ご高齢で車椅子、お手洗いの心配、当日は家族が忙しくお世話ができない

当日の内容

12:00 お式場でお待ち合わせ 
      お着替えなどのお仕度
15:15 ご親族紹介、集合写真
15:45 挙式
16:30 ご披露宴開宴
18:45 ご披露宴おひらき

19:30 お帰りの車にお乗り頂きお見送り

スタッフ後記

お手伝いさせて頂いた新婦様のお祖母様は、
お孫様の結婚式に出席する事をずっと迷ってらっしゃいました。

新婦様のお母様からケアエスコートのお申込を頂いたのは夏。

「出席したい」「式だけ出られればいいわ・・」「ご迷惑になるからやっぱり欠席で」

お申込を頂いてからも、お祖母様のお気持ちは揺れているご様子。
新婦様のお母様もどうしたら良いか・・と、悩んでらっしゃいました。

 

お式の約1ヶ月前、
新婦様のお母様とお祖母様にお会いしにご自宅へ。

明るい声と笑顔で迎えて下さるお母様とは反対に、
静かに椅子に座られ小さな声で挨拶をして下さるお祖母様。

出席することは決めたけれど、表情は少し曇っているような。

 

お打合せでは、新婦様との想い出やお祖母様のお生まれ、
ご家族の事なども話題にしながら進めて行きました。

お身体のことやご体調、ご不自由なこと、何が一番ご不安か、
などお伺いしているうちに、体力や体調のご不安、お手洗いの心配などはもちろん、
ご家族や周りのゲストの方に助けてもらいながらのご出席を
とても気にされていることが分かりました。

「当日は私達が常にお側にいて、
 お手伝いさせて頂きますのでご安心くださいね」
「お困りごとやご希望はご遠慮なく仰ってくださいね」

お打合せ中、何度もお伝えした言葉。

お打合せが終わる頃には、
私達とお祖母様の距離も少し縮まって、
表情も柔らかく口数も増えたように感じられたけれど、
やさしくて気を遣って下さるお祖母様だから、本当のお気持ちは分からずで。

 

でも、後日頂いた新婦様のお母様のメールには、
「スタッフさんがわが家へお越し頂いて、母はすっかり安心した様子です。
 当日をとても楽しみにしています!」
と、お祖母様の嬉しいご様子を教えてくださいました。

私達が事前にお会いするのは、
お客様のお身体のご状態を確認したり、
当日の流れやご要望等お聞きすることはもちろんですが、
お顔をあわせて、お話をすることに意味があると思っているからです。

お会いして、お客様の声から、表情から、動きから、
初めて感じ取れるお気持ちがあるからです。

楽しみな気持ちはより楽しみに、
ご不安やご心配は少しでも軽くなるように。

時には、「大丈夫、出席できますよ」と、背中を押す最後の一手になれるように。

それがお会いする意味でもあるんだと、
新婦様のお母様のメールを見ながら、改めて実感しました。

 

お式当日、本当に嬉しそうな笑顔で新婦様のお姿を見つめるお祖母様が、
今でも私達の目に焼き付いています。

 

外観・門 

お式当日、私達がお式場入口でお待ちしていると、
新婦様のご両親とお祖母様の3名が乗った介護タクシーがご到着。
車から降りてくるお祖母様は、やっぱり少しだけご不安そう。

 

私達は笑顔でご挨拶し、美容室の予約時間までは、2Fのお控室でお話をして待ちました。

2Fエレベーター前廊下 

控室②

新婦様のお話になると、とても嬉しそうで、
時おり涙ぐまれてはハンカチで目元を拭われるお祖母様のお姿に、

「今日お祖母様がご出席出来て本当に良かった・・・・」と、
私達はすでに胸がいっぱいでした。

美容室へご案内する前に1Fの多目的お手洗いへ。

1F車椅子トイレ

最初の一歩の足が出にくいので、車椅子をお手洗いギリギリまでつけてご移動をお手伝いしました。

美容院でのヘアセット後は更衣室にてお着替え。

広い更衣室入り口

お着替えをしながら、
「そのヘアスタイル、とっても素敵ですよ!」「よくお似合いです!」と私たちがお声掛けすると、

「そう?ありがとう」と鏡を見ながら嬉しそう!

ご不安な表情はいつしかなくなり、明るい笑顔が見られました。

 

ご親族紹介、お写真ともお控室の隣にあるチャペルにて。

チャペル入り口(内側)

チャペル内

 

チャペルでは車椅子からお椅子へご移動。

私達スタッフは後ろで待機していましたが、全員起立する場面ではお祖母様も立とうとされるので、
そっと近くに駆け寄りお身体をお支えしました。

 

本当にお幸せそうな新婦様の笑顔は、お祖母様にとって、どれだけ嬉しいものだったか。

お式中何度となく目元を拭われるお祖母様の後ろ姿を見ていると、それがとても強く伝わってきました。

 

ご披露宴は、1Fの会場にて。

披露宴会場② 

披露宴会場①

車椅子のままテーブルのお席へご案内。

私達スタッフは少し離れた場所でお見守りしながら、
お皿やカトラリーを食べやすい位置に動かしたり、お薬を飲んで頂いたりなどのお手伝いや、
こまめにお声掛けし、より楽しんで頂けるような会話づくりを心がけました。

プロフィールビデオをご覧になりながら、新婦様の懐かしいお写真が写るたび、
お顔が綻ぶお祖母様を見ていると、私達もとてもあたたかい気持ちになりました。

 

1F送賓スペース②

ご披露宴のお開き後、新婦様から「おばあちゃんと写真が撮りたい」とのご希望が。

新郎新婦様の真中にお祖母様をご案内すると、
車椅子のお祖母様にあわせて新郎新婦様も腰をおろして下さいました。

「おばあちゃん、今日は来てくれてありがとう!」

少し恥ずかしそうなお祖母様でしたが、この日一番の、とても優しい笑顔が見られて、
新婦様もとても嬉しそうでした。

 

お帰りの車をお見送りする頃には、あたりもすっかり暗くきっと寒かったはずなのに、
幸せな余韻があったかくしてくれた帰り道でした。

 

後日新婦様のお母様から、

「ケアエスコートさんは、本来私が母にしてあげたかった事をして下さって、とても有難かったです。
申し訳ない気持ちでしたが、今日は甘えちゃえ、と思ってお任せしました。
おかげで母も喜んでいたし、私も安心して過ごせました!」

と嬉しいお言葉を頂戴しました。

お手伝いさせて頂くご本人に寄り添ったケアをするのはもちろん、
ご本人を想うご家族様のお気持ちもしっかり汲み取ることの大切さを、
改めて実感致しました。

ご結婚式は人生の中でも特別幸せな日だから、どなた様も何の心配もなく、
幸せなお気持ちだけ一杯に過ごして頂きたいです!


ご利用実績(結婚式)一覧
ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation