ご利用実績(結婚式)

ご利用実績(結婚式) 一部ご紹介

イル・ブッテロ(渋谷・広尾)

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e5%85%a5%e3%82%8a%e5%8f%a3-1

イル・ブッテロにて ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、医療用具使用
久々の長時間の外出がご不安、車椅子でのお手洗いの心配

当日の内容

10:00 ご入居先へ訪問、準備
10:30 ご出発
11:40 会場へ到着
12:10 ご親族紹介
12;30 ご披露宴
15:00 お開き
16:30 ご入居先へ

スタッフ後記

ご訪問時、お部屋のベッドに横になって、スタッフさまのケアを受けられていました。
「今日はお孫様のご披露宴ですね!おめでとうございます。」とご挨拶すると、
「あら、今日はそんなおめでたい日なの!?じゃあ、起きなきゃね!」
と身体を起こそうとして下さるので私たちも肩を引き上げるようにお手伝い。

ベッドに座って頂き、新郎様のお母様がご用意下さったお洋服にお着替え。
「素敵なお洋服ね~」ととても嬉しそうに、ご自分で腕を通したりボタンをはめてくださいました。

お着替え後、介助にて車椅子に座って頂き洗面台の鏡の前へ。
髪を整え、ご本人の好きな赤い口紅をお塗りしました。
「お化粧はしないけれど赤い口紅だけは必ず塗るの」と、素敵な笑顔を見せてくださいました。
白い肌に赤い色がとてもお似合いで、ご本人も「いいわあ~」とご満足。

医療器具の管が目立たないようにスカーフでくるみ、お部屋を出発。
事務所でお薬をお預かりしてから介護タクシーにてご出発。
雨が降っていたこともあり渋滞で車が思うように進まず、お祖母様も少し気にされていたので、
ご家族の話や昔仕事をされていた時のお話などお伺いし、楽しい時間づくりを心がけました。

レストラン入り口には段差、レストラン内に通じる通路は傾斜があり
車椅子がやっと通れるくらいの幅なので、もう1名のスタッフに周囲を確認してもらいながら、
置いてある椅子を少し移動させながら、ゆっくり車椅子を進めて行きます。

%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e6%a8%aa%e3%80%80%e5%8f%97%e4%bb%98%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b9-1

レストラン内は長テーブルが数卓配置されていて、お祖母様は奥のテーブルへ。
新郎様のご家族様があたたかく迎えて下さり、お祖母様もホッとされたご様子。

%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e5%86%85%e5%85%a8%e4%bd%93-1

赤い口紅を塗り直し、ご親族紹介のため、同じフロアにある室内テラスへご移動。
テラスに出るには3段の段差を降りなくてはならないので、私たちはいったん入り口を出て、
段差のない外側からテラスへ移動しました。
新郎様のお母様の横へ車椅子をお停めし、私たちは後ろの方で待機。
ご親族紹介ののち、再び同じ経路を通りレストランのお席へご案内しました。

 

テーブルとテーブルの間にほとんどスペースがないため、私たちはお邪魔にならないように少し下がって、
ご移動、お手洗いなど、お手伝いが必要な時は合図を送って頂き、常にお祖母様のご様子を確認していました。

お食事は、新郎様のお母様やご親戚の方にお手伝いして貰いながらご自分で召し上がってるご様子。
お食事中しながら、ずっとお話され、よく笑ってらっしゃいました。

ご披露宴の中盤、プランナー様が手を挙げて合図をされました。
「新郎新婦様とご家族で写真を撮るので、メインテーブルまで移動してください」との事です。
「お料理どうですか?」「ご体調大丈夫ですか?」などお声かけしながらメインテーブルへご移動。
優しく声をかけられた新郎様に、お祖母様もとても嬉しそうでした。

メインのお料理が終わると、デザートビュッフェがあるとの事で、再び室内テラスへのご移動。

ゲストの方々にお願いして、少し椅子を動かして通路をあけて頂きながら車椅子を押して行きます。
テラスで待っていると、イメージチェンジした新郎新婦様がご登場しケーキカットのシーン。

お祖母様の車椅子を見やすいように動かすと、車椅子から少し伸び上がるようにしてご覧になっていました。
ケーキの好みをお聞きし、3種類くらいのケーキをビュッフェ台からお取りし、お水と一緒にお祖母様へ。
ご家族様と楽しそうにお話しながら召し上がりました。
お開きの時間が近づき、新婦様が涙ながらにご両親へのお手紙を読まれると、
お祖母様もハンカチで目を抑えながら聞いてらっしゃいました。

お開きになり、そっとお声をかけると「素敵な披露宴だったわね」とまだ涙のあとが残りながらの笑顔。
新郎新婦様やご家族さまとご挨拶し、介護タクシーでご入居先へお送りします。
お帰りの車の中でも色々お話をしながら、
ふとした瞬間に何度も何度も「今日は楽しかった~、良かった~」としみじみおっしゃていました。

そのやさしく、お幸せそうな笑顔を拝見しながら、
お祖母様にとって、ずっと素敵な想い出として残ってくれたらいいなと願いました。

アートグレイス・ポートサイドヴィラ(横浜)

img_1299-1

アートグレイスポートサイドヴィラにて お式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

・車椅子、言葉が出しづらい、
 食事中にムセやすいので食事中は常に介助が必要

当日の内容

7:15   ご入居先へ訪問、準備・食事・服薬
8:10   ご出発
9:30   会場へ到着。集合写真
10:00 挙式
11:00 ご披露宴
13:30 お開き
15:30 ご入居先へ

スタッフ後記

結婚式前1~2週間ご体調が安定せず、当日のご体調も心配されましたが、
当日ご入居先へ伺うと、スタッフ様から「今日は熱もなく落ち着いていますよ」との事でひと安心しました。

お部屋ではまだベッドでお休みでしたが、お声掛けし、介助にてベッドから起きて頂き車椅子へ。
それでもまだ眠たそうでしたが、温かいタオルで顔を拭いてもらうとニッコリされました。
「本日はお孫様の結婚式ですね。おめでとうございます!」と私たちがご挨拶すると、
さらに嬉しそうにニッコリと素敵な笑顔を頂きました。

お着替え、メイクを終え、談話室でご朝食のお手伝い。
のど越しの良い物を、とご家族様からお願いされ、ご用意したプリンやヨーグルト、おかゆなどを、
飲み込んだのを確認しながら少しずつゆっくり召し上がって頂きます。
飲み物にはトロミをつけ、スプーンでお飲み頂きました。

お式場までは1時間以上かかるので、お疲れにならないよう手配した
リクライニング車椅子にお乗り換えしていただき、向かいました。

式場の地下駐車場からエレベーターでお控室へ。
リクライニング車椅子は通常の車椅子よりも幅、高さともにあるので、
エレベーター内で車椅子がぶつかったり、扉に挟まれたりしないように、
もう1名のスタッフに声掛けしてもらいながら、慎重に乗り降りを行います。
式場のスタッフ様もエレベーターの前に必ずいて手伝って下さったので、とても助かりました。

お控室にお連れすると、「良かった~、今日無事に来られて本当に良かった!」と
お祖母様に駆け寄り、涙ながらに仰った新婦様のお母様。
そのお姿に私たちも胸を打たれたのはもちろん、
自分たちの使命のようなものを改めて感じ、身が引き締まる想いがしました。

写真撮影後は挙式のため3階のチャペルへご移動。
新婦様側(祭壇向かって左)の通路の一番前に車椅子をお停めし、私たちは3列うしろの椅子で待機。
挙式中は、新婦様のご入場シーンは車椅子を後ろの扉側に向けたりなど、
見やすい位置に車椅子を調整するなどお手伝い。
新婦様のお姿をじっと見つめながら、
皆で拍手するシーンではお祖母様も手を合わせ、少し動かすしぐさ。
新婦様の幸せをお祝いするお祖母様の姿、新婦様にも見えていてください・・と心で願いました。

img_1303-1

img_1302-1

ご披露宴会場は、チャペル外のプール付きテラスを通った先にあり、
ご移動の際、雨も降っていたこともあって滑らないよう慎重に車椅子を進めました。
お席についてご披露宴開宴までは、座る体勢を整え、予めトロミをつけて持ってきたお飲み物を
少し飲んでいただきながら、お食事に備えました。
お料理が運ばれてくると、ご自分で召し上がろうとされますが、
飲み込みには十分な注意が必要なので、スープにはトロミをつけ、
柔らかくて食べやすそうな物を選び、さらにそれを細かく切って食べて頂くようにしました。

お色直しの再入場、ウェディングドレス姿とは一変、
爽やかな色のかわいらしいドレスに身を包んだ新婦様がご登場し、
思わず「かわいい!」と漏らす私に、「そうなの、かわいいの。」とお祖母様もニッコリ。
同じテーブルのご家族や私たちを、とっても温かい気持ちにさせてくれた一言でした。

ウェディングケーキ入刀後のデザートタイムにお手洗いへ。
車いす用のお手洗いは2階にしかないので、十分時間があるときを見計らってお連れしました。

ご披露宴もお開きになり、新郎新婦様にご挨拶。
新郎新婦様がお祖母様に話しかけると、とてもニコニコと笑ってこたえてらっしゃいました。

お帰りの車では、リクライニング車椅子の背を少し倒して出発。
いつの間にか眠ってしまわれたので、そっとブランケットをかけ帰路につきました。

後日、新婦様から、
「新郎と私で話しかけたとき、ニコニコと笑ってくれたのがとても印象的でした。
 それだけでも式によんだ意味があったのではないかと思います。」
とメールをいただきました。
お祖母様は、こちらも笑顔にさせてくれるくらい、本当に嬉しそうに笑うので、
その笑顔は、私たちの中にとても強く残っています。

ル・センティフォーリア天保山(大阪・築港)

img_1273-1

ル・センティフォーリア天保山(大阪)にて お式・ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、両下肢にむくみと痛みあり、歩くのが大変。
久々の外出なので体力的に心配。

当日の内容

9:30  ご入居先へご訪問と準備 
10:00  ご出発
10:50  お式場到着 
11:00  挙式。フラワーシャワー、写真撮影
12:00  ご披露宴
14:30  お開き
16:00  ご入居先へ

スタッフ後記

ご入居先へお伺いすると、「朝起きた時からずっとご機嫌ですよ~」とスタッフの方。 
お部屋に入るとベッドに腰かけて、笑顔で迎えて下さいました。
お着替え、メイク、お荷物の準備をし、介護タクシーにてご出発。

川沿いを走る介護タクシーは揺れるので、お祖母様の車椅子の脚を支え、
「大丈夫ですか?」と声掛けしながら向かいます。

「挙式は間に合ったらで良いですよ」と言われていました。
挙式直前に到着し、プランナー様や式場スタッフ様にお願いして、
チャペルに入れて頂くことが出来ました。
(直前にもかかわらず快くご対応下さった皆様には感謝いたします)
img_1264-1

そっとチャペル脇から入り、お祖母様を一番前のお席へご案内しました。
私達スタッフは後ろの席へ。
何かあればすぐ動けるように常にお祖母様の姿が見える位置で待機。
お祖母様の、じっと新婦様を見つめる後姿、拍手するたび揺れる背中が、
とても楽しそうに見えました。

お式後、お手洗いのお声かけ。
ご披露宴前に済ませることができてホッとされたご様子。
img_1281-1

ご披露宴でのお食事について。
ご入居先では、ご自分でお食事を召し上がるお祖母様です。
ところが、いつもと違うテーブルの高さ、普段はお使いにならない食器やカトラリーで
思うようにお食事がでないご様子なので、すぐに私達もお手伝いさせて頂きました。
img_1275-1

お箸や小さめのスプーン、フォークも事前に式場様にお願いしていたので、
私たちがナイフで小さく切ったお食事をお箸やスプーンの上に乗せて差し上げて、
召し上がって頂くようにしました。

とても気を遣われるお祖母様なので、気疲れされないように、
ご家族様とお話されているときなどは私達も少し離れた席で見守りました。
プロフィールビデオや新郎新婦様が再入場されるときは、
車椅子を見やすい位置にご移動したりなどのお手伝いをさせていただきました。
新婦さまもお祖母様を見つけると嬉しそうに手を振って下さいました。

ご披露宴の終盤、デザートビュッフェの際には、車椅子でビュッフェ台までご案内し、
たくさんあるデザートを一緒に選びました。

楽しみながらお祖母様が選ばれたデザートを一人のスタッフがお席まで運び、
私は車椅子を押しお祖母をお席へ。

「お腹いっぱい」とお料理は少し残されましたが、
デザートとウェディングケーキはゆっくり味わってらっしゃいました。

img_1277-1

気づけば冷房で手が冷たくなっていたので、
あたたかいおしぼりとお茶をお願いし、手を拭いて差し上げました。

ご披露宴お開き後、お迎えの介護タクシーが来るまでにお手洗いへ。
足に朝よりもむくみが見られたので、立ちあがる際よろめかならないよう、
しっかりお体を支えてお手伝い致しました。

img_1271-1

新婦さまやご家族様と談笑されてから介護タクシーにてご入居先へ向かいます。
時々ウトウトされていたので、あまりお声をかけずご様子を見ながらの帰路。

ご入居先へ到着。スタッフ様に迎えられ、ご自分のお部屋に入るとホッとされた表情。
お着替え後、ベッドに横になって頂くと、

「遠いところから今日は本当にありがとうね」とにっこり。

私達も心からのお礼をお伝えし、
冷房を弱めにつけ、明かりを少し落としご挨拶をして扉を閉めます。
スタッフ様にも本日のご様子をお伝えし、ご挨拶をしてから退出しました。

17:00を過ぎてもまだ暑い大阪の夕方でした。
私達のできる事で誰かを笑顔にできるなら、
少しでも力になりたいと、心から思いました。

素敵な1日と、そんな風に思わせて下さった皆様に、感謝の気持ちでいっぱいです。
 

オリエンタルホテル東京ベイ(千葉・浦安)

%e3%82%aa%e3%83%aa%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab

オリエンタルホテル東京ベイにて お式、ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子をご使用で、すべてに介助が必要。普段はベッドに横になっていることがほとんどなので、
外出すること自体がとても不安。

当日の内容

8:00   ご入居先へ訪問、準備
8:30   ご出発
10:30 会場へ到着
11:20 ご親族紹介
12:00 挙式(神前式)
12:30 集合写真
13:00 ご披露宴
15:30 お開き
18:00 ご入居先へ

スタッフ後記

ご入居先の食堂からスタッフ様に車椅子を押され出てこられたお父様は、とても硬い表情でした。
「もう緊張してるの?まだ早いよ~」とご家族が笑ってお気持ちをほぐされるようにされると、
「そう?」と思わずつられて、笑みがこぼれるお父様でした。

お昼にお飲みになるお薬をお預かりし、昨日と今朝の様子を伺いながらお父様のお部屋へ。
ジャケットを着ていただき、お髭や髪の毛を整え、お荷物の準備・確認。

長時間の外出のため、お身体の負担がないように、
介護タクシーと一緒にリクライニングタイプの車椅子をご用意していましたが、
「いつも使ってる車椅子がいい」とご希望されたので、普段お使いの車椅子でご出発。

ホテルのエントランスで介護タクシーを降り、ご親族お控室へ。
まだどなたもいらしていなかったので、お洋服を整え、
自然に傾いてしまう左側へバスタオルを挟んだり、
深く座り直して頂いたり、、など、体勢も整えて準備していきました。

お祝いの桜湯をまだ熱いまま口元に運ぼうとされるので、湯呑が少し冷めるのをお待ち頂き、
スタッフも湯呑に手を添えて召し上がって頂きました。
あっという間に召し上がってしまったので、式場のスタッフ様にもう1杯ご用意頂き、
ご家族様がいらしてからご一緒に召しあがって頂きました。

ご親族紹介のため、新郎新婦様がお控室へ。
紋付羽織袴を着た新郎様を見た途端、目を赤くして涙ぐむお父様。
動く右手で車椅子をこぎ、新郎様のお近くに行こうとされるので、私たちが車椅子を押し新郎様のもとへ。

「お父さん、無事着いてよかった!」と、とても嬉しそうな新郎様。
お父様は頷くだけで精一杯の様に見えました。

挙式は3階のためエレベーターでの移動。
会場に入り、staff様の指示のもと神殿向かって右側の列の一番後ろのお席へ。
もともとあった椅子を外し、車椅子のままお席へご案内。

私達スタッフはお父様の後ろで椅子に座って待機し、始まりを待ちました。
新郎新婦様がご入場されると、再びお父様の目に涙が。
私は椅子から離れ、お父様のお側へ行き、ハンカチをお渡しそっと席へ戻ります。

お式中、時々ご自分で車椅子を動かされるので、
「まだお式中なのでもう少しお待ちくださいね」と小声で声掛けし、
車椅子が動かないようにこっそり、そしてしっかり手で押さえていました。

挙式後ご披露宴までは別室にてご休憩。
ソファーを2つ並べてベッド代わりにし、少し横になって頂きました。

ご披露宴では、お食事は、ほぼご自分で召し上がれるものの、
ムセてしまう事があるので、
小さく切ったり、ゆっくり食べて頂く様にお声掛けしたり、飲み物をおすすめしたり、
お父様のお隣に付いてお手伝いしました。

お酒も大好きなお父様なので、飲みすぎないようさりげなく、
遠くにグラスを移動したりなどの対応もさせて頂きました。
お声掛けするもご休憩を取られることなく、お開きまで楽しそうにお過ごしでした。

お開き後、お控室に戻り、
ホテルの方が用意して下さった簡易ベッドに横になって頂き、衣類などの交換。
お父様だけの控室や簡易ベッド、ポットでお湯を用意して下さったプランナー様や
ホテルの方々にはとても感謝しています。

そのままお迎えの車が到着するまで、ベッドでお休み頂いてからご入居先へ戻りました。

一日を通して口数の少ないお父様でしたが、お帰りの車の中、
同乗して下さったご家族と今日の結婚式の事を楽しそうに話されていました。
時折笑い声が聞こえて、振り返らなくても笑顔なのが分かるくらいです。

前の席で私達スタッフ二人、お話を邪魔しないように静かに聞きながら、
「ご出席できて本当に良かった」と心からそう思いました。

ホテルオークラ東京(東京・港区)

hotel_okura_tokyo

ホテルオークラ東京にて ご披露宴のご出席サポート

ご状況・ご心配されていた点

車椅子、ご病気でご不安な点があるけれど、
当日お世話する人がいない、久々の長時間の外出で疲れないか心配

当日の内容

10:30  ご入居先へ訪問、準備 
11:00  ご出発
12:00  会場へ到着 
12:30  ご披露宴開宴
15:15  お開き
16:30  ご入居先へ

スタッフ後記

ご挨拶をしてお部屋に入り、お祖母様の見える位置まで近づき再びご挨拶致しました。
少し緊張されているご様子でしたので、お着替えやメイクの際は、
できるだけ明るくお声をかけながらお手伝いさせて頂きました。

ご出発の時には笑顔も見られ、移動中の介護タクシーの中では、
手鏡でお化粧させて頂いたお顔をご覧頂いたり、
ご家族のお話などお聞きしながら式場へ向かいます。

式場へご到着後、お控室に向かう前にお手洗いへ。
視力にご不安があるので、手すりの場所や立ち上がるタイミングなどを一つ一つお声掛けしながら、
ゆっくりお手伝いさせて頂きました。

ご披露宴会場のお席へお連れすると、ご家族・ご親族の皆さまもいらっしゃり、
お久しぶりの再会を手を握りながら喜んでらっしゃいました。

私はお祖母様の右横の椅子に座りご披露宴中はお食事のお手伝い。

お祖母様は塩分制限があるので、事前のお打合せ時プランナー様にお伝えすると、
皆さまと同じお料理メニューを、お祖母様には塩分控えめでご用意下さいました。
私たちは、お料理をお祖母様のよくごらんになれる位置に動かして、ご説明を致しました。

お色直しの再入場で新婦さまがお席まで来られた時は、
新婦様にお顔を寄せて「おめでとう、おめでとう」と喜ばれていたお姿が忘れられません。

新婦様から、お誕生日が近いお祖母様にお花をプレゼントされました。
お祖母様に、お花をお見せすると、「私の好きなお花だわ」ととてもお喜びでした。
新婦さまのお姿や、映像など、新婦さまのいらっしゃる方へ車椅子を向ける様に心がけ、
「今笑ってらっしゃいますよ」などご様子をお伝えすることを心がけました。

ご家族と事前に、もし、お疲れになったら途中で退出する事も予定していましたが、
お開きまで、ずっと楽しそうにされていました。

お開きの際には、ご家族、ご親族の皆さまにご挨拶をし、介護タクシーでご入居先へ。
朝の緊張とは違う、とても穏やかな表情をされていました。

ご帰宅後、お部屋でお着替え、お手洗いのお手伝い、お荷物の整理をしました。
プレゼントで頂いたお花は、お部屋に飾って頂けるようスタッフの方にお預けしました。

お祖母様のお近くにかがみ、ご挨拶すると、
私の方へお顔をむけて「ありがとう」と仰って下さいました。

後日、娘様から、

「先日は本当にお世話になりました。
母は披露宴のことは少ししか覚えていないかもしれませんが
参加できた満足感が残れば私としても嬉しいです。
素敵で大変なお仕事、これからも頑張ってくださいね。」

とメールを頂きました。

たとえ残るものが一瞬の場面だったとしても、
きっと幸せなお気持ちはずっと忘れず残っていくと私は思っています。

そして、私達も全力でお手伝いさせて頂かなければと改めて考えさせられました。

結婚式での介護やお悩みなど、何でもお気軽にご相談ください。
電話・メール1本で、経験豊富な結婚式の介護のプロがすべて解決いたします。

0120-777-533

お問い合わせフォーム

mautic is open source marketing automation